2017.09.15
 街行く人々の装いに秋の到来を感じます。お元気でしょうか。夏の疲れが出る頃です。ご自愛ください。

 さて、日本人初の9秒台、ついに出ましたね。東洋大学4年生の桐生 祥秀(よしひで)選手が9月9日(土)に行われた日本学生陸上競技対校選手権大会 男子100メートル決勝で、世界陸上男子100メートル日本代表だったライバルの多田 修平選手を抑え、9秒98でゴールしました。日本人初の9秒台に日本中が歓喜に包まれました。

 桐生選手と言えば、ロンドンで開かれた世界陸上の男子400メートルリレーで日本チームが銅メダルを獲得する原動力になったことは記憶に新しいですが、実はモチベーションがなかなか上がらない日が続いたそうです。理由はかんたん。個人種目の100メートルに出場できなかったからです。6月の日本選手権でまさかの4位となって世界陸上の100メートル出場権を逃すと、練習をまったくやらない日もあったとのこと。

 思い余って相談したのが京都の洛南高等学校陸上部時代の恩師、柴田 博之監督。実にシンプルな答えが返って来ました。「練習やるしかない」。そこで取り組んだのが50メートルのダッシュでした。普通は20本もやれば十分なのに、70本繰り返す日もあったようです。そして、ついに夢の9秒台が実現しました。

 柴田監督のこの「練習やるしかない」とのアドバイスは、陸上などのスポーツに限らずどんな分野にも当てはまると思いませんか。モリンダの活動について考えてみても、成功している人は日々同じことを繰り返しながら自分の可能性を最大化しようと努力しています。その過程で桐生選手と同じように、時には努力が結果に結びつかず、気落ちすることもあるでしょう。でも、人のせいにすることなく、陸上競技で言うところの「練習」、つまり「自分磨き」を続けています。時間がかかるかもしれません。でも決してぶれることなく、自分が正しいと信じることを実行し続けるのです。モリンダが目指すのは一生涯続く「健康」と「美(見た目の良さ)」と「経済的自由」なのですから。

そんなIPCのみなさまをわたしたちスタッフも全力で応援しています。桐生選手を特集した2017年9月11日(月)放送のNHK総合テレビ「ニュースウオッチ9」を興味深く見ました。ご覧になった方も多いのではないかと思います。今回の記録達成の裏にスタッフの後押しがあったことを紹介していました。

当日スターターを務めたのが福井陸上競技協会の福岡 渉さん。中学時代は100メートルの選手で、スターター歴10年のベテランです。地元の高校の職員をしています。選手に最高のコンディションで走ってもらいたいと考えた福岡さんが意識したのが、「風」でした。ちなみに、桐生選手が9秒台を出した決勝までの11レースはすべて追い風2メートルを超えたために、記録は公認されませんでした。
決勝レースの直前、設置されている吹き流しを眺めていた福岡さんは、一定のリズムで風が止まることに気付きます。「風が吹いて、止まって、また強く吹いた後、しばらく止む時間がある」。そこで、2度目に強く吹いた時「On your marks」をコール。風が止んだ瞬間に「Set」、そして号砲。結果は、決勝レースだけが公認ぎりぎりの1.8メートルでした。

モリンダ ジャパンのスタッフ一人ひとりも同じです。「IPCのみなさまの成功が会社の成功」をモットーに、IPCのみなさまが最高のコンディションで活動していただけるように、風を読み、号砲を鳴らすタイミングを計っているのです。桐生選手と同じように、わたしたちの活動も協同作業であることを知っているからです。
# by ohkimakoto | 2017-09-15 17:00 | 2017年分
2017.09.08
 9月に入り、東日本から北日本にかけては秋雨前線の影響で雨模様の日が多くなっています。お元気でお過ごしでしょうか。

さて、スポーツの秋とも言われますが、バレーボールのワールドグランドチャンピオンズカップ2017(通称グラチャン)の女子の大会が今、日本で開催されています。国際バレーボール連盟主催の国際大会で、 北中米(アメリカ)、南米(ブラジル)、ヨーロッパ(ロシア)、アジア(中国)の各大陸チャンピオン4チームと、開催国日本、そして国際バレーボール連盟推薦(韓国)の合計6チームが世界一を目指して競います。9月5日(火)から10日(日)の予定で、東京体育館と名古屋の日本ガイシホールを会場に始まりました。

今週の水曜日、うれしいことがありました。アジアチャンピオンとして、またリオデジャネイロオリンピックの金メダリストとしてこの大会に参加している中国チームの郎 平(ろう へい、英語読みではジェニー・ラン・ピン)総監督がモリンダ ビルを訪問してくださったのです。12時30分からブラジル戦が予定されているにもかかわらず10時過ぎに来訪、日本でしか手に入らないノニリーフティーを購入してくださいました。モリンダ ビル近くのホテルに滞在とのことで、少しの間社長室でお話を伺うことができました。

ご存じの方も多いと思いますが、現役時代の郎 平さんは「鉄のハンマー」との異名をとるほどの強力なスパイクを武器に活躍した世界を代表するエースアタッカーで、バレーボールの殿堂入りを果たしました。1986年に現役を退いてからは中国とアメリカの監督を歴任し、それぞれ世界でも指折りのチームに育て上げました。また、2013年からは総監督として再び中国女子チームを率い、昨年のリオデジャネイロオリンピックでは金メダルを獲得しています。

中国の天津出身の郎 平さんはモリンダのスポークスパーソンです。以前からモリンダ製品の愛用者で、ご家族もタヒチアンノニ ジュースが大好きだそうです。スポーティーな服装で社長室に来られた彼女は笑顔が絶えないとても気さくな方で、身長184センチのスリムな体形は現役時代をほうふつさせます。日本女子チームの印象を尋ねると、「若いチームだがクミ(中田 久美代表監督)はよく育てている。テクニックが素晴らしい。これからが楽しみ」とのコメントをいただきました。

指導者としての郎 平さんは現役時代の強烈な印象とは逆に、将来の可能性を重要視した選手選考を行うとともに、選ばれた若い選手たちには娘を育てる母親のように接しているそうです。コート内では腰の持病がありながらも自ら手本を示し、 コートを一歩出ると選手たち一人ひとりにお年玉をあげたりしてきたとのこと。 また、 若いチームにとって一番怖いのはプレッシャーに負けることだと考え、 負けた時のストレスはすべて自分が引き受け、 若い選手たちには気楽にプレーできるように最大限の配慮をしてきたようです。

郎 平さんのような世界の一流アスリートにスポークスパーソンとしてご支援をいただくことは光栄なことですし、モリンダのブランド価値の向上に直接つながります。しかし、わたしが今回の面談を通して郎 平さんから受けた最も強い印象は、一流を極めた人が醸し出す謙虚さと、試合に勝つことだけではなく、試合を通じて選手一人ひとりの可能性を最大限引き出そうとする「親心」でした。モリンダのリーダーにも通じるところがあるのではないでしょうか。
e0258787_14324142.jpg

# by ohkimakoto | 2017-09-08 17:00 | 2017年分
講演スケジュール 2017年10月~2017年11月
2017年10月~2017年11月(PDAファイル形式で表示されます)
# by ohkimakoto | 2017-09-07 16:56 | 【講演スケジュール】
2017.09.01
 いよいよ今日から9月。2017年も3分の2が過ぎました。朝夕の空気に季節の移り変わりを感じる中で、目標達成への追い込みに向けて活動にも拍車がかかっているのではないでしょうか。予報によれば残暑が続きそうです。モリンダ製品を今まで以上に活用して元気に笑顔で乗り切っていただければと思います。

 さて、先週に引き続き、サンフランシスコでの「2017 グローバル ビジネスサミット」からのレポートです。

 今回最も強く感じたのは、これまで10年間わたしがモリンダの強みとして続けてお伝えしてきた「伝統と科学を重んじ人を大切にする」というモリンダの文化がこのサミットで再確認されたということです。内容的には「プロダクトショーケース」として、モリンダが自信を持ってみなさまに提供する4つのブランドである「タヒチアンノニ」「トゥルーエイジ」「テマナ」「モリンダ ウェルネス」が、具体的な製品群とその科学的裏付け、そして使用された方々の体験談と共に紹介されました。それぞれがノニの数千年にわたる歴史とその有用性の科学的解明と応用により生み出された優れた製品であり、個別に独立した事業展開ができるほどの可能性を秘めたものです。しかしご存じのように、モリンダの使命は製品提供ではありません。製品提供はあくまでも手段です。

 今回のサミットで明らかにされた一つの重要なポイントは、モリンダの「存在意義」*1が、単なる「製品提供」から「課題解決」へと進化した形で示されたことです。それは、「人類共通の願いである『健康』と『美』と『経済的自由』の実現に寄与する」という言葉で表現することができます。人類が共通に抱いている願いに焦点を当てて、その解決のためにモリンダが持てるすべての手段を駆使して貢献することを簡潔に宣言したものになっています。実にシンプルで力強いメッセージだと思いませんか。

 その手段の中心をなすのが奇跡の植物ノニであることは言うまでもありません。タヒチアンノニ ジュース以外の製品やブランドによる事業展開がなされるたびに、「モリンダはいずれノニから離れるのでは」と心配される方がいらっしゃいます。とんでもないことです。モリンダはノニを初めて製品化したパイオニアの企業であり、ノニに関する知識やテクノロジーは研究開発からエレメントの活用まで含めて他社の追随を許しません。また、数千年にわたって受け継がれてきたノニの文化や歴史、体験談の数々を、わたしたちほど大切にしている企業はありません。

 と同時に、わたしたちが追求するのは、人々が「健康」と「美」と「経済的自由」を実現することによって幸せな人生を勝ち取ることです。そのための手段は、最新の科学やテクノロジーを用いて常に磨きをかけ、さらに多くの人々の異なったニーズに応えるものにしていかなければなりません。ブランド戦略はそのためにあります。モリンダがブランド マネジメントの企業であると言われるのはそのためです。

 「伝統と科学」の双方に重きを置きながら、それを支える企業も人も「信頼性」が命だと明言してやまないモリンダ。「人」はモリンダの中で最も大切なブランドと言えましょう。モリンダのメッセージは人を介して伝わることがほとんどですから、本物を伝えるわたしたち一人ひとりが本物にならなければなりません。心と想いと動機において誠実でなければ、本物は決して伝わらないからです。
 「伝統と科学を重んじ人を大切にする」、こんなモリンダを誇りに思っています。

*1「存在意義」とはフランス語の哲学用語「レゾンデートル」の訳で、そのものが存在する理由を表したもの。モリンダの事業は存在そのものに意義があるので、この言葉を用いている。
# by ohkimakoto | 2017-09-01 17:00 | 2017年分
講演スケジュール 2017年9月~2017年10月
2017年9月~2017年10月(PDAファイル形式で表示されます)
# by ohkimakoto | 2017-08-29 17:59 | 【講演スケジュール】



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2017年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
2017.09.15
at 2017-09-15 17:00
2017.09.08
at 2017-09-08 17:00
講演スケジュール 2017年..
at 2017-09-07 16:56
2017.09.01
at 2017-09-01 17:00
講演スケジュール 2017年..
at 2017-08-29 17:59
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧