ディスラプションの意味
 わたしたちの会社は本社がアメリカです。公用語が英語ですから、会社の出版物の中にどうしても英語の言葉が多く出てきて、特にご年配の方々にはご迷惑をおかけすることになります。

 その1 つが、ジェフ・ワズデン副社長が来日したときに用いた「ディスラプション」という言葉です。とても重要な概念を表現した言葉なのですが、適切な日本語が見当たりません。それで、「ディスラプション」という英語をそのままカタカナで使っています。ここで改めてジェフが意図した「ディスラプション」の意味をおさらいしておきます。

 「ディスラプション」のわたしなりの定義は、「新たな価値を創造することによりブランドの価値を上げ、顧客の選択を変化させること」です。

 タヒチアンノニは、有用植物であるノニの果実をジュースという形で市場に紹介した最初の会社です。その後、模倣する会社が多数出現し、スーパーフルーツ業界と称されるようになりました。しかし、ノニ以外のほとんどの製品は、食用果実に含まれるポリフェノールを有用成分として用いるものです。 

 しかし、タヒチアンノニは有用植物であるノニの果実の中に他とは異なった成分を発見します。イリドイドです。

 イリドイドはポリフェノールとは異なり、熱による変化、時間による変化がありません。しかもタヒチアンノニは、複数の種類のイリドイドを抽出し、定量化することに成功しました。現在この技術を有しているのは、タヒチアンノニだけです。

 イリドイドの発見と活用により、わたしたちはバイオアクティブ(安全で、安定しており、自然由来で、科学的に根拠のある、標準化された植物成分)の会社となりました。わたしたちはノニを中心とするこのバイオアクティブを活用して、食品業界と製薬業界の中間に強力な価値を創造しました。単なる健康食品販売企業ではなく、ライフスタイルの改善に寄与するプラットフォーム企業へと変身したのです。 

 この当然の結果として、ディスラプションが起こることでしょう。つまり、わたしたちが創造したこのバイオアクティブという新たな価値は、人々に、イリドイドをはじめとする特定の植物栄養素が人間の体が本来持つチカラを導き出すことに気付かせ、それ以外の選択肢の優先順位を下げるように働くのです。

 自信を持ちましょう。わたしたちには究極の解決策があるのですから。タヒチアンノニこそ、健康と経済的自立と素晴らしい仲間を提供する本物の会社です。これからの展開を楽しみにしてください。
by ohkimakoto | 2011-12-16 00:00 | モリンダ社を知る
<< 可能性と弱さを兼ね備えた存在 真実のストーリーは真実の想いで伝わる >>



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2017年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
2017.09.15
at 2017-09-15 17:00
2017.09.08
at 2017-09-08 17:00
講演スケジュール 2017年..
at 2017-09-07 16:56
2017.09.01
at 2017-09-01 17:00
講演スケジュール 2017年..
at 2017-08-29 17:59
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧