2015.04.24
 間もなく大型連休。新緑にツツジの赤が映える季節です。モリンダの製品を続けてご愛用いただいているみなさま、また寸暇を惜しんでモリンダのメッセージをお伝えくださっているみなさまに心より感謝を申し上げます。こうしたみなさまの日頃のご尽力により、大勢の方々に「人生が変わった」との言葉をいただいています。ありがたいことです。

 日本全国でほぼ毎週のペースで開催している「黄木 信 講演会」にたくさんの方々をお誘いいただいていることにもお礼を申し上げます。新しい方々にわたしから直接モリンダのメッセージをお伝えできる機会は貴重です。今後ともご活用いただくことにより、モリンダの価値をご理解くださる方が増えることを願っています。

 さて今週、『月刊ネットワークビジネス』さまからのインタビューを受けました。「ネットワークビジネス企業トップ20の社長から意見を聞く」という企画で、以下の10項目への回答を求められました。

①貴社のネットワークビジネスは世の中にどんな貢献をもたらしてきたか。
②貴社の製品ポリシーと報酬プランの特徴は。
③事業を継続できた秘訣。
④ネットワークビジネスの最大の魅力は。
⑤主宰会社のトップとして、ネットワークビジネスをやっていて良かったことは。
⑥市場を拡大・成長させるにはどうすればよいか。
⑦新たにビジネス活動をする会員を増やすための方策は。
⑧ネットワークビジネスの認知向上はどの程度進んだか。または、健全化したことは。
⑨社会的評価を得るために取り組むべきことは。
⑩2020年の貴社はどのような会社になっているか。また業界はどうなっているか。

 うれしかったです。この10項目の質問の1つひとつに答えることによって、モリンダの優位性を明確に説明することができたからです。業界誌がこうしたネットワークビジネス業界存続の本質に関わる事柄に関心を抱くようになってきていることを歓迎するとともに、あらためてわたしたちが携わっているモリンダが本物の事業であることを誇りに思いました。

 モリンダの優位性の土台は事業設立の原点にあります。「数千年の間文明社会から隠されてきたノニの恵みを世界中のたくさんの人々の幸せのために届ける」ことを通じて「世界のために何かいいことをさせていただく(Do something good for the world)」のがモリンダの原点です。そしてその結果として、この事業に関わるすべての人がモリンダの中に「居場所を見つける(Find your place)」ことができる。つまり、それぞれの目的に応じたモリンダ ライフをエンジョイすることができるのです。

 創設者として多額な資金を提供することによりヌクヒバでのノニの群生の発見後わずか2年でのモリンダ社設立を可能にしたケリー・エイシーとキム・エイシーの兄弟は、モリンダに出逢う前に数多くの事業への資本参加の誘いを受けていました。しかし、心を動かされるものはありませんでした。「自分たちが今後生涯をかけて携わる事業は単なる金儲けではなく、『世界のために何かいいことをさせていただく』ものでなければならない」との信念があったからです。

 世界70以上の国々に製品をお届けしている現在でも、この事業設立の原点は脈々と生き続けています。いやむしろ、利益優先の業界の中にあって輝きを増していると言っても過言ではありません。経済を否定しているわけではありません。経済的な自立は幸せの一部です。でも、わたしたちには経済よりも優先する原点があることを誇りに思います。なぜなら、「原点を大切にすることにより経済は後からついてくる」ことを知っているからです。
by ohkimakoto | 2015-04-24 00:00 | 2015年分
<< 2015.05.01 2015.04.17 >>



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30