2015.12.11
 夕暮れの街並みを彩るクリスマスイルミネーションが心を和ませます。気付いてみたらもうこの季節になりました。1年の締めくくりの慌ただしい年の瀬ですが、いかがお過ごしでしょうか。
 この「幸せの仕掛人」のメッセージ配信ですが、みなさまの多大なご支援により2007年5月25日の第1回配信以来8年半の歳月が流れました。つたない文で心苦しくはあるものの、モリンダへのわたしの想いをぜひとも直接お伝えしたいとの強い願いから週1回の頻度での発信を続けさせていただき、現在に至っています。毎週金曜日の配信を楽しみにしてくださっている日本全国のIPCのみなさまにこの場を借りまして心より感謝を申し上げます。
 「志が強ければ道は開ける」とは、世界に誇るわが日本の経営者の1人である松下 幸之助翁の言葉ですが、おもしろいもので、「モリンダへのわたしの想いを毎週欠かさずにメッセージとして発信する」とのわたしの小さな志も、目に見えない力の後押しを受けているように思えてなりません。1度だけ、普通なら休刊となってしかるべき事態が生じました。2013年3月1日号です。2日前の2月27日に胆石膵炎で緊急入院。強烈な痛みのためにとても物を書けるような状態ではありませんでした。ところがなぜか、普段は水曜日か木曜日に仕上げるはずの原稿を、その週に限って25日の月曜日に仕上げてしまっていたのです。不思議なものですね。小さな、取るに足りないことかもしれませんが、こうした小さなことの積み重ねが、自分が取り組んでいることへの確信につながることは事実です。これからも休むことなく、みなさまのご支援を糧にしながら、モリンダへの想いを共有させていただきたいと願っております。
 「継続は力なり」とよく言われます。たとえ小さなことでも、時間をかけて積み重ねていくことによって大きな力になります。少し前にご紹介した沖縄の砂川 正美さんの「黄金の5か条」はまさにそれに当てはまるものでした。「甲子園に行きたい」と願う4人のお子さんに砂川さんが与えた5つの課題のうちの3つは、2歳の子どもでもできることでした。あいさつをすること、履物をそろえること、「ありがとう」を言うことです。大事なのは、内容もさることながら、これらの小さな努力を毎日、何度も何度も積み重ねることです。積み重ねが力になって人格が鍛えられ、能力を含めた可能性を解き放つための土台が形成されるからです。
 『7つの習慣』のスティーブン・R・コヴィー博士は、人の成長は直線的な階段のようなものではなく、「スパイラル(渦巻き)」であると教えました。人生という旅路の中でわたしたちは、同じことを繰り返しながら成長していきます。しかし、コヴィー博士から学ぶことができるのは、決して同じ場所からの繰り返しではないということです。想い通りにならなくてもその結果を謙虚に受け入れ、気を取り直して再び挑戦をしようとした時に気付くのは、少しばかり成長している自分の姿ではないでしょうか。目標に向かって努力を重ねたという貴重な経験が、人格に磨きをかけてくれているからです。
 今、わたしの心を捉えてやまないのは、「健康」と「経済」と「仲間」という「幸せの3要素」を獲得していただく方法がモリンダにあることを、1人でも多くの方に理解していただきたいということです。この想いは2007年の支社長就任以来まったく変わりません。来年もこの想いを繰り返し発信し続けるつもりです。でも、来年は今年よりもパワーアップしていることでしょう。何しろ8年間の地道な積み重ねがあるのですから。
by ohkimakoto | 2015-12-11 13:10 | 2015年分
<< 講演スケジュール 2016年1... 2015.12.04 >>



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2017年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
2017.08.18
at 2017-08-18 17:00
2017.08.11
at 2017-08-11 17:00
講演スケジュール 2017年..
at 2017-08-08 10:07
2017.08.04
at 2017-08-04 17:00
2017.07.28
at 2017-07-28 17:00
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧