2017.11.10
 このごあいさつでみなさまに週ごとのメッセージをお送りし始めてから、早いもので10年半の歳月が経とうとしています。最初は携帯電話への自動配信の容量の問題でメッセージも短めでしたが、やがてテクノロジーの進化により、ある程度の長さのものを配信できるようになりました。このようにしてわたしのモリンダへの想いを直接みなさまにお届けできることは大きな喜びです。

 さて、前回のメッセージでもお話ししましたが、10月のセールスイベント「フレンズ&ファミリー」をご活用いただいた結果、10月中に新規でご登録いただいた方の数は驚異的な伸びを見せました。みなさまのグループでも新しい方々が持ち込んでくださる新鮮な空気が活動を活性化しているのではないでしょうか。新しくモリンダにご加入いただいた方が定期購入製品に加えて毎月プレゼントされる数々のモリンダ製品を実際にお試しくださって、1年後にはモリンダ ファンになってくださることを願っています。と同時に、会社見学や「黄木 信 講演会」、モリンダやIPCのグループが開催する事業説明会や製品説明会、ディスカバリーパーティー、宿泊セミナーなどにも積極的にご招待ください。モリンダの全体像を早い段階で知っていただきたいからです。

 まずはコミュニケーションですね。モリンダに加わってくださったことの価値をみなさまから直接感じていただけるように、欠かさずお声かけをしましょう。新しいお仲間の一人として大切に思っていること、またモリンダのプログラムを活用しながら「健康」と「美(見た目の良さ)」と「経済的自由」を一緒に達成していきたいことをお伝えください。

 もうお分かりですね。10月に行われたセールスイベント「フレンズ&ファミリー」は10月1ヵ月だけの活動ではないのです。AD(エリア ディベロッパー)プログラムやLTO(期間・数量 限定販売)を始めとする2013年から始まったモリンダの新しい取り組みのどれを取っても、同じ仕組みになっています。すべてが一時的な収入のためではなく継続的な組織構築のために用意されていることを理解したうえで取り組んでいただければ、人々からの信頼を崩すことなく、モリンダが提供するプログラムから最大の価値を得ていただくことができるのです。年に2回開催されるモリンダ ユニバーシティーでモリンダの取り組みのすべてを残らず学んでいただきたいのは、そのためです。参加するために何を準備すればいいか、担当のセールススタッフにお尋ねいただければと思います。

 和歌山の宿泊セミナーで、神が舞い降りたと伝えられる大斎原(おおゆのはら)を訪れました。近年はパワースポットとして多くの人が訪れています。熊野川・音無川・岩田川の合流点にある中洲で、熊野本宮大社があったところです。かつては約1万1千坪の境内に5棟12社の社殿、楼門、神楽殿や能舞台などがあって、現在の数倍の規模だったそうです。しかし、明治22年(1889年)8月の大水害で社殿の多くが流出。水害を免れた4社を現在の熊野本宮大社がある場所に移したそうです。

 和歌山のIPCのみなさまのおかげで今回、この世界遺産を訪れる機会を得ました。大斎原で往時をしのびながら、世界平和へのモリンダの貢献とモリンダ ファミリーのみなさまの成功を祈念させていただきました。その様子を地元のIPCの方が写真に収めてくださいましたのでご覧ください。世界のためにお役に立ちたいとのみなさますべての想いが天にも届いていることがうかがえるスナップになりました。
e0258787_130213.jpg
e0258787_1301841.jpg

by ohkimakoto | 2017-11-10 14:50 | 2017年分
<< 講演スケジュール 2017年1... 2017.11.03 >>



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30