<   2015年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
2015.07.31
 7月も今日で終わりですね。猛暑の毎日が続いています。お元気でしょうか。東京のホテル グランパシフィック LE DAIBAに2千名の方々をお迎えして2日間にわたって開催された「2015年 ジャパン ビジネスサミット」が、みなさまのご協力により感動のうちに終了しました。スタッフを代表して心より感謝申し上げます。
 こうしたイベントを行うたびに思い出すのは、「イベントが成功したかどうかは、会場を去る人の顔を見れば分かる」という言葉です。お一人おひとりと握手を交わしながら、握り返してくださる手の力強さと「がんばりますからね!」との言葉に、少しはみなさまのお役に立つことができたのではないかと自負しているところです。
 しかし、わたしはもう少し先を見ています。今回のサミットを通してみなさまにご紹介させていただいたのは、モリンダの壮大なビジョンと、そのビジョンの実現に携わってくださる方に確実に成果を出していただくことのできるモリンダ独自の「仕組み」です。ネットワークビジネス業界では、ほんの一握りのカリスマ的なリーダーが、作られた外見的な魅力と巧みなトークを駆使して多くの人を引き付け、収入を独占していくという構図が散見されます。しかしモリンダは、伝統と科学に裏打ちされた本物の製品を提供する誠実な企業として、組織における信頼関係や人としての心と想い、動機の大切さを重視するとともに、それを具現化するためのユニークな報酬プランを採用し、異なった企業文化を醸し出してきました。外見やスキルよりも内面の豊かさが強調されるにしたがって、いわゆる「ぎらぎら」している人が次第に淘汰(とうた)され、逆に「きらきら」している人が増えてきました。喜ばしいことです。
 わたしが今回のサミットの成果を測る物差しとして見ているのは、どれだけ多くのごく普通の方にモリンダの提供する「仕組み」を利用して望む結果を出していただけるか、です。特に、なかなか勇気をもってお声掛けをすることができないでいる方や人脈の少ない方にどのような変化が起きるのかを注目したいと考えています。
 TrūAgeスキャナーによる測定とタヒチ ドリームバケーション カードでの登録、そしてAGEを管理する体験。まずはこのシンプルな3つのステップで始めましょう。準備は整いました。わたしたちの取り組みは万人の関心事である健康的に年を重ねていくことをサポートするものです。誰しも年を重ねていくにしたがって、健康と見た目、経済に不安が生まれます。わたしたちの仕組みは、この3つに対してAGE(終末糖化産物)という最先端の科学を基礎にして解決の手立てを提供します。これはわたしたちが独自に築いたノニ産業やスーパーフルーツ産業をも包含した、あらゆる年齢層を巻き込む一大産業となることでしょう。
 久しぶりにジョン・ワズワース社長とじっくり時間をかけて話をする機会がありました。彼の誠実さと謙虚さには心を打たれます。5人の創設者が20年を経た今でも一緒に心を一つにして働いている理由は、ジョンのあのヌクヒバでの体験が真実だったからにほかなりません。このような会社で尊敬するIPCのみなさまと志を一つにできることを誇りに思います。
by ohkimakoto | 2015-07-31 16:02 | 2015年分
2015.07.24
 「2015年 ジャパン ビジネスサミット」がいよいよ来週に迫りました。参加されるお一人おひとりが確信と感動を得ていただけるイベントにすべく、スタッフ一同全力で準備に取り組んでおります。どうぞご期待ください。
 
 そのような中で、今週の火曜日、30年以上続けている年に一度の活動がありました。以前にもご紹介しましたが、子どもたちがお世話になったピアノ教室のコンサートの司会です。今年は5歳から社会人まで幅広い年齢層の約40組がプロの演奏会も開かれる会場で年に一度のソロ演奏にチャレンジしました。

 先代の先生から生徒の保護者の1人として頼まれたことがきっかけでした。それがそのまま続いて、どういうわけか我が家の子どもたちが卒業してからも続けることになりました。その先生が急逝し、一時は教室が閉鎖されましたが、お嬢さんと1人のお弟子さんが協力して教室を再開。わたしも若い2人のために司会を続けることにしました。
 
 年に一度の活動ですが、わたしにとってはリフレッシュできるとてもいい機会です。毎年この季節がやってくると何だかワクワクします。特に子どもたちが1年経ってどんな成長を見せているかが楽しみなのです。演奏する曲やスキルの向上はもちろん、人としての成長の姿も見ることができます。そんなことを楽しみにしながら30年以上の歳月が流れました。わたしにとってこの活動は、人生という時の流れの中で毎年刻んできた1つの大切なリズムと言えるかもしれません。

 時の流れは神からの贈り物であると思えてなりません。過去を振り返ることにより自分自身や他の人々の経験から多くを学ぶことができますし、そのような中での自分自身の成長を確認することもできます。年に1度のピアノコンサートはまさにそのような機会です。また、時の流れの先にある未来に想いをはせることにより希望が生まれることも事実です。期待する未来の姿を想像することにより、今の苦しさに耐え、それを乗り越えるエネルギーを得ることができるのです。ある老人介護施設では、利用者一人ひとりに近い将来の具体的な夢を描いてもらうことによって機能回復の成果を上げているそうです。

 江戸時代、日本橋を基点として各街道に整備された一里塚。旅人にとってはなくてはならない道標でした。一里塚は3つのことを教えてくれます。「これまでどれだけの道のりを歩いてきたのか」、「自分が今どこにいるのか」、そして「これからどれだけ歩けば目的地に着くのか」です。来週開催されるジャパン ビジネスサミットは、モリンダにとって、そしてみなさまにとって大切な一里塚といえるのではないでしょうか。これまでの歩みを振り返りながら現在のモリンダの姿を確認するとともに、今後どのような未来が待っているのかをみなさまと一緒に体験する機会だからです。中でも今回のサミットで特に強調したいのは、次のサミットまでの半年間の道のりをみなさまに具体的に示すことにより、どなたにもかんたんにモリンダ ライフを体験していただけるようにすることです。

 今後半年ごとに繰り返されるビジネスサミット。しかしそれは、同じ場所に戻る単純な繰り返しではありません。らせんを描きながら上に向かって限りなく伸びていく繰り返しなのです。
by ohkimakoto | 2015-07-24 10:28 | 2015年分
2015.07.17
 本来ならば梅雨明けが待たれる時節ですが、季節外れの台風が列島各地に異常な気温の上昇や大雨をもたらしています。お元気でしょうか。

 さて、「2015年 ジャパン ビジネスサミット」が迫ってきました。スタッフ一同とてもワクワクした気持ちでいます。日本全国からみなさまを東京にお迎えし、社長のジョン・ワズワース、最高マーケティング責任者のケリー・オルセン、セールス&マーケティング担当副社長のショーン・ホイットニー、そして日本スタッフがみなさまにモリンダの最新情報を提供いたします。あるリーダーの方の言葉が心に響きます。「確信と感動がなければ物事は伝わらない」。サミットがみなさまにとって「確信」と「感動」の場になるよう全力で準備しています。どうぞご期待ください。

 もう1つ、サミットでみなさまに体感していただきたいのは、みなさまが携わっているモリンダ事業の素晴らしさとその可能性です。自信を持ってください。モリンダはもはや巷で揶揄(やゆ)される怪しい会社ではありません。1996年の創業以来、伝統に育まれ科学に裏打ちされたユニークな製品と斬新で公平性に満ちた報酬の仕組みは多くの人々の生活に喜びと希望と幸せをもたらしてきました。わたしは「黄木 信 講演会」で日本全国を訪れますが、わたしの手を取り、「モリンダがなかったら今のわたしはありません」と涙ながらにおっしゃる方が必ずと言っていいほどいらっしゃいます。このように、健康と経済の両面でみなさまに喜んでいただける事業に携われることは、幸せ以外の何物でもありません。

 わたしたちが提供する事業の仕組みは、時間や場所、経験を問わず、どなたにでも公平に継続的な収入の機会を提供するものです。高齢化が進む日本の社会で重要なことの1つは老後の経済的な自立ですが、年々伸びる平均寿命とは裏腹に、伸びた年数を支える経済的な裏付けが十分にない方が多いのも事実です。年金では生活できずにアルバイトを始めても、年を重ねるごとに体力や知力が衰え、仕事を継続できないのです。そこで根本的な解決策として注目されるのが、労働収入ではない別の形での継続的な収入の道を提供することです。

 モリンダにはこの継続的な収入を提供する健全で堅実な仕組みがあることを、自信をもって伝えていただければと思います。1996年にモリンダが世に問い、以降まったく変更を加えていない独自の報酬プランは、これまでの約20年間、モリンダ製品の流通を起こしそれを維持してくださっているIPCのみなさまに継続的な収入をもたらすとともに、モリンダの世界的な発展を支えてきました。モリンダが採用しているファストスタートボーナス、ユニレベル、グローバルボーナスプールを中心とした報酬プランは、モリンダのメッセージを息長く誠実に伝えていただく方々に健全な形で継続的な収入をもたらしています。

 今こそ健康と若々しさをサポートするモリンダ製品の良さに加えて、わたしたちの事業がもたらす経済的な可能性を、率直に自信をもって語りましょう。このメッセージを必要としている方がみなさまの周りにたくさんおられるからです。
by ohkimakoto | 2015-07-17 00:00 | 2015年分
2015年7月 月例ミーティング 社長 黄木 信 メッセージ

モリンダ ジャパン主催の2015年7月に行われた月例ミーティングで使われたモリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージです。


by ohkimakoto | 2015-07-16 17:57 | 【動画メッセージ】
2015.07.10
 FIFA女子ワールドカップ カナダ 2015大会でのなでしこジャパンの活躍がまだ脳裏から離れません。バンクーバーでのアメリカとの決勝戦は残念な結果に終わりましたが、試合を重ねるごとにチームの結束を強め、特色を活かしていったなでしこの姿には、日本全国の人々が大きな力を得ることができたのではないでしょうか。体格的にははるかに劣っていても、それを技術とチームワークと熱い気持ちで補い、決勝まで勝ち進みました。選手のみなさんはもちろん、佐々木 則夫監督や関係者の方々に心からねぎらいの言葉を送りたいと思います。
 同時に、4年前の屈辱から立ち上がり、弱点を矯正し、長所にさらに磨きをかけ、対戦相手も十分に研究して優勝を勝ち取ったアメリカチームには、大きな拍手を送りたいと思います。ジル・エリス監督のコメントが心に残ります。「わたしたちは4年前、自分たちには足りないところがあることを日本から学びました。それを改善するために、4年間必死にがんばってきました。その結果が出たと思います」。今度は日本チームがこのエリス監督の言葉を謙虚に受け止め、4年後に向けて再スタートを切ることと確信しています。
 ジョン・ワズワース社長が最近、「水平的進化」と「垂直的進化」について強調していることを、かつて本欄でご紹介しました。「水平的進化」とは日々の努力がもたらす小さな改善のこと。それに対して「垂直的進化」とは、その小さな改善の積み重ねによってもたらされる突然の飛躍的変化のことです。違いは、「水平的進化」を起こすには意識的な努力を絶え間なく継続することが必要ですが、「垂直的進化」は「水平的進化」が飽和状態になった時に自然にやって来るもので、直接的に「垂直的進化」を起こすことは不可能だという点にあります。
 大学受験の頃のことを思い出します。わたしは文科系の学部に進学したいと思っていました。理由は、数学が苦手だったからです。そこで現役では当時日本全国で受験科目に数学のない唯一の公立大学を受験したのですが、だめでした。経済的に私立は無理でしたから、1年間数学を一から勉強し直して国立大学を受験することにしました。アルバイトをしながら地元の予備校に通いました。毎日のように懸命に問題集に取り組んだのですが、数学の成績は一向に上がりませんでした。
 そんなある日、1つのアイデアが浮かびました。B5版の白紙の上の部分に設問を書き写し、その下に受験の時と同じように途中経過も含めて解答を書いていくというものです。それを予習として授業の前に終わらせておき、授業では講師の解答と照らし合わせて訂正していきました。どうなったでしょう。それまで模擬試験で、100点満点で2~30点しか取れなかった数学の成績が一気に70点台に上がり、やがて英語や国語よりも確実に点数が取れるようになったのです。
 ちょうど50年前の小さな体験ですが、思い出すと今でもうれしくなります。不思議なことに、あの時は数学の問題集が急にやさしくなったように感じられました。もちろん同じ問題集ですから難易度が変わることはありません。日々の努力による「水平的進化」の積み重ねが「垂直的進化」を生み、学力のレベルアップを体験できたのでしょう。
 モリンダの活動は「水平的進化」の積み重ねですね。大切なことは、いつの日かまるで景色が変わるような「垂直的進化」が訪れることを楽しみに、今取り組んでいることを「続ける」ことではないでしょうか。
by ohkimakoto | 2015-07-10 00:00 | 2015年分
講演スケジュール 2015年8月~2015年9月
2015年8月~2015年9月(PDAファイル形式で表示されます)
by ohkimakoto | 2015-07-09 18:54 | 【講演スケジュール】
2015.07.03

 梅雨の晴れ間に顔をのぞかせる日差しのまぶしさが、木々の緑を濃くしています。お元気でお過ごしでしょうか。2015年もいよいよ折り返し点を過ぎましたね。

 さて、モリンダという企業の価値が「伝統」と「科学」の融合にあることは異論のないところでしょう。まずは伝統。モリンダ設立のきっかけとなったノニとの出逢いやそれまでのノニそのものの歴史をたどると、幾多の世代を超えて受け継がれてきたものの価値の大きさを感じずにはいられません。創設以来モリンダが急速に成長した理由の1つは、時の流れを超えて受け継がれてきた自然の恵みの価値が、他では見られない伝統としてみなさまに伝わったからに他なりません。

 モリンダのもう1つの価値は、最新の科学の導入にあります。提供する製品がユニークで価値の高いものであることを科学的なデータにより示していくことが必要であると考えたのです。独自の、あるいは大学を始めとする研究機関との共同の基礎研究や科学研究に積極的に取り組んできた結果、内外から「モリンダが提供するものには科学的裏付けがある」との評価がなされるようになってきました。

 中でもノニの価値を飛躍的に高めることになったのが、イリドイドの発見です。ノニの主要有用成分がポリフェノールではなくイリドイドであること、しかも数少ないイリドイド含有植物の中で、ノニには現在判明しているだけでも23種類ものイリドイドが含まれていることが分かっています。この発見により、ノニがなぜ世代を超えて人々の健康維持のために受け継がれてきたのかが明らかになってきたのです。

 そしてモリンダの科学は今、新たな健康指標として注目を集めつつあるAGE(終末糖化産物)との出逢いにより新たな局面を迎えることになりました。「製品」から「人」へと進化を遂げたのです。

 まずは、一般の人でも使える非侵襲型の測定機器を提供することによりAGEの測定推進活動に率先して取り組んできました。目的は、健康の大切さに気付いていただける「人」、そしてモリンダの価値について偏見なく話を聞いていただける「人」を増やすことです。

 このようにしてモリンダは、伝統と科学の融合により確実な進化を遂げ、今や人類最大の課題である「いつまでもはつらつと元気に過ごすための手立て」を提供する存在となっています。この課題を解決することができれば、社会への貢献は計り知れないものになるでしょう。健康で経済的にも自立できる「人」を大幅に増やすことができるからです。

 今月末に行われる「2015 ジャパン ビジネスサミット」では、モリンダのこれまでの歴史を振り返りながら、これからのモリンダの取り組みと、この挑戦に参加してくださるみなさまに得ていただく輝かしいモリンダライフをご紹介してまいります。モリンダは進化します。進化とは、過去のすべての体験を積み上げながら新たな世界を築いていくことに他なりません。この大きな動きの中で、みなさまご自身も新たな進化を遂げていただければと願っています。


by ohkimakoto | 2015-07-03 00:00 | 2015年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2017年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
講演スケジュール 2017年..
at 2017-07-14 18:10
2017.07.14
at 2017-07-14 17:00
2017.07.07
at 2017-07-07 17:00
2017.06.30
at 2017-06-30 17:00
8/30札幌修正版 講演スケ..
at 2017-06-28 13:28
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧