<   2015年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
10/31 米子講演会追加分 講演スケジュール 2015年10月~2015年11月
2015年10月~2015年11月(PDAファイル形式で表示されます)
by ohkimakoto | 2015-09-29 09:44 | 【講演スケジュール】
2015.09.25
 「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、一頃の暑さは影をひそめ、彼岸花の燃えるような赤が季節の変わり目を告げています。お元気でしょうか。
 台風18号に伴う大雨の被害を受けた方々の中にはまだまだ不自由な生活を強いられている方が大勢いらっしゃいます。被災されたIPCのみなさまには、製品の配送などで不都合が起きないように尽力してまいりますので、モリンダを信じてお過ごしくださるようお願いいたします。また、非常事態にあっても気持ちを切らさずに生活するには、まずは健康であることが一番です。被災された方がいらっしゃるグループのみなさまにおかれましては、力を合わせて製品のご援助などのご支援をお願いできれば幸いです。
 先週は、高校卒業50周年記念同窓会のために里帰りしました。クラスのほとんどが卒業後全国各地の企業に就職したため、43名中39名は卒業以来50年間まったく会ったことがありません。誰なのか判別するのが難しいだろうと懸念していたのですが、行きつけの床屋さんがいい方法を教えてくれました。「人は年を取ると髪の毛や顔全体の形は変わるものの、目の周りはあまり変わらない。だから、手で四角の窓を作って目を中心に眺めるといい」と。確かに床屋さんの言う通りでした。19名の出席でしたが、全員名前を言い当てることができました(笑)。
 うれしかったのは、出席した一人ひとりがこれまで歩んできたそれぞれの人生に誇りを持ち、今の生活をエンジョイしているということでした。ほとんどが年金生活に入っていましたが、ボランティアや孫育てなど、第2の人生を力強く歩んでいました。わたしも50年にわたる感謝の気持ちを述べるとともに、わたしのモリンダという事業への志とモリンダ ライフについて話すことができました。関東在住の何人かが今度モリンダ ビルディングに来てくれることになっています。
 モリンダには燃えるような志があります。「『Earth’s Best』(地上で最高のもの)※を通して『世界のために何か良いことをさせていただく』(Do something good for the world)」ことです。日本が世界に誇る経営の神様、松下 幸之助翁の言葉を借りれば、志には明確な「お役目」が伴うそうです。その志に関わるすべての人々に、志を実現するためのそれぞれの役割が与えられているということです。これは、5人の創設者が果たしてきている役割を考えてみればよく分かることです。現在では、特に本社社長であるジョン・ワズワースと最高マーケティング責任者であるケリー・オルセンが役割を明確に分担し、モリンダの志を遂げるためのそれぞれの「お役目」に全力で取り組んでいます。
 彼岸花は天に向かってまっすぐに伸びた茎の先端に真っ赤な花をつけます。葉は、1週間ほどして花が落ちた後、冬に向かって茂り始め、球根に栄養を蓄えます。この彼岸花のような燃える志を持つモリンダにあって、わたしたち一人ひとりがそれぞれに託された「お役目」を果たすことにより、一人でも多くの人々が幸せな生活を送ることができるように貢献できればと願っています。

※……最高の原材料と最新の科学を融合して世界中の人々に本当に役立つ方法を探求し、提供し続けること。モリンダ社の哲学。
by ohkimakoto | 2015-09-25 12:23 | 2015年分
2015.09.18
 相次ぐ台風による大雨の影響で河川が氾濫し、被害が広がっているようです。被災されたみなさまへは心よりお見舞いを申し上げるとともに、迅速な復旧を祈るばかりです。

 さて、今回のビジョンリトリートはわたしにとってたいへん感慨深いものでした。それは、本社社長のジョン・ワズワースと最高マーケティング責任者 ケリー・オルセン双方の話の中に、わたしが就任以来みなさまにお伝えしてきた他社にはないモリンダのユニークさが強力に盛り込まれていたからです。

 ジョンさんが強調したのは、モリンダの持つ類まれな「文化」についてでした。1993年のノニとの出逢いから始まったモリンダの事業は、紀元前から幾多の世代を越えて伝承されてきた奇跡の植物ノニとそのストーリーに支えられ、また、そのストーリーに自らのストーリーを重ねて伝えてくださる人々の協力のもと、タヒチをふるさととして全世界へと広がっていきました。今ではタヒチを含む世界70以上の国で、モリンダに関わることによって充実した人生を送っていらっしゃる方々が数多くおられます。ジョンさんの言葉を借りれば、それはあたかも「タヒチをふるさととする大きな家族」のようです。まさに「世界のために何か良いことをさせていただく(Do something good for the world)」というモリンダの志が、一つの文化となって広がっているのです。
 
 ジョンさんがよく使う言葉の中で、非常に重みがあるのですがなかなか日本語にしにくい表現があります。”I’m grateful for who you are”です。文字通りに訳すと”みなさまがどのような人物であるかに感謝します”ですが、要は、みなさまの日頃の想いと行動、つまり「生き方」そのものに感謝をするということになるでしょうか。ジョンさんにとっては、ヌクヒバでのノニとの出逢い以来、数々の困難を乗り越えて今があるわけで、そうしたモリンダの経緯を心から信じて世界中のノニを待つたくさんの人々の幸せのために行動してくださる方々に対しては、言い尽くせない感謝の想いがこみあげてくるのだろうと思います。そのジョンさんの熱い想いを何とか日本語で的確に表現したい。いつもそう願っています。

 第2セッションで登場したケリーさんのメッセージは圧巻でした。まず、ステージ上のホワイトボードに漢字で「美徳」と書きました。そして、モリンダが他のネットワークビジネス企業と最も異なる点は、常に「美徳」を追及してきたことだと語りました。「美徳」の元の英語は”virtue”で、”内面的な強さからもたらされる力”を表します。

 モリンダは伝統と科学を重んじるとともに、「人を大切にする」企業です。それは、人が可能性を持った偉大な存在であることを信じ、誰もがその可能性を解き放つことができるようにお手伝いをする企業という意味です。その点から言って、ケリーさんが取り上げた「美徳」ほど適切な言葉はないでしょう。

 氷山を思い出してください。海の上に出ていて目に見える部分は全体のわずか20パーセント。残りの80パーセントは海の中です。内面的な強さである「美徳」も氷山と同じように必ずしも人の目に触れることはありませんが、地道な積み重ねによって大きな力を生み出します。「信頼」という力です。

 「世界のために何か良いことをさせていただく」という共通の志を持った地球規模のモリンダ ファミリーと、その家族の一人ひとりが実践する「美徳」を土台としたモリンダライフ。もっともっとたくさんの方々に加わっていただきたいですね。
 
by ohkimakoto | 2015-09-18 13:22 | 2015年分
2015年9月 月例ミーティング 社長 黄木 信 メッセージ

モリンダ ジャパン主催の2015年9月に行われた月例ミーティングで使われたモリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージです。


by ohkimakoto | 2015-09-16 17:58 | 【動画メッセージ】
2015.09.11
 今、ハワイのマウイ島にあるグランド ワイレア リゾートアンドスパの部屋でこのメッセージを書いています。バルコニーに出ると、今を盛りと咲き誇るプルメリアの純白の花びらが南国独特の馥郁(ふくいく)とした香りを漂わせ、遊歩道越しに見えるプールからは、子どもたちの歓声が聞こえます。バルコニーのデッキチェアに身をゆだねると、まるで時の流れが止まったかのようです。何と贅沢(ぜいたく)なひとときでしょうか。
 さて、今回のビジョンリトリートで3ヵ月ぶりにお会いしたIPCのカップルがいらっしゃいます。東京都在住の村上(旧姓・宇佐美)理奈子さん・憲太郎さんです。理奈子さんは2012年にブラックパールクラブメンバーになられた後に憲太郎さんとご結婚。モリンダが提供している映像資料『モリンダ ライフ』でも宇佐美さんご一家が紹介されていますから、理奈子さんをご存じの方も多いのではないでしょうか。日本で初めて、お母さまの宇佐美 桂子さんとともに親子2代でブラックパールクラブメンバーになられた方です。
 理奈子さんの人生はモリンダで180度変わりました。本当なら青春を謳歌するはずの頃に、慢性の病気のために長い間外に出られない生活を余儀なくされた理奈子さん。1日中ずっとパジャマで過ごす生活が何年も続いたそうです。人生に希望を失くしかけた中でのモリンダとの出逢いでした。
 モリンダはお母さまである桂子さんから伝わりました。最初は、モリンダ活動に熱心に取り組む姿に「だまされているに違いない」と思っていたそうです。そこで、「お母さんを救い出すにはモリンダが偽りであることを自分で暴くしかない」と、説明会に出るようになりました。しかし、疑わしいところは何も見つかりません。それどころか、話を聞くうちにモリンダという会社の持つ価値観や思想に共鳴するようになり、やがてお母さまの下でIPC登録をします。
 生活が次第に変化していくのを感じました。以前は何事にも前向きになれなかった理奈子さんでしたが、家族を始め同じグループの方々や自分を信頼してモリンダに加わってくださる方々との時間が、心身ともに自分を癒してくれていることを実感するようになりました。すると、新たな夢が浮かんできます。その夢はモリンダのメッセージをたくさんの方々に伝えることにより、お一人おひとりに幸せになっていただくこと。そして、自分も一緒に幸せになることです。
 理奈子さんの夢がまた一つ、現実となりました。モリンダの活動を通して人生の最良のパートナーに出逢い、お仲間のみなさまからの祝福を受けて、3ヵ月という長期間の世界一周ハネムーンを実行に移したのです。
 モリンダの素晴らしさは、誰もが望む健康と経済的な豊かさを同時に実現する点にあります。理奈子さんはモリンダでのほんの数年という短い時間の中で、身を持ってこのことを示してくださいました。
 しかし、もう一つ忘れてならないのは、こうして夢を叶えるリーダーを、ご家族はもちろんですが、グループの方々が尊敬し、応援し、心から支えてくださっている点です。理奈子さんの次の夢は、そうしたグループの方々がそれぞれの夢をかなえるお手伝いをすることです。もういろいろなアイディアが出てきているそうです。
 理奈子さんご夫婦とグループのみなさまに大きな拍手を送ります。そして彼らのように、グループが一丸となってモリンダを通して夢が実現することを示してくださる方々にたくさんお会いできますことを心より願っています。
by ohkimakoto | 2015-09-11 13:50 | 2015年分
講演スケジュール 2015年10月~2015年11月
2015年10月~2015年11月(PDAファイル形式で表示されます)
by ohkimakoto | 2015-09-10 14:15 | 【講演スケジュール】
2015.09.04
 「ビジョンリトリート」が来週に迫りました。日本からは100組のIPCのみなさまが、ジョン・ワズワース社長夫妻、ケリー・オルセン最高マーケティング責任者夫妻、ならびに世界中から集まるトップリーダーとともにハワイのマウイ島にある5つ星ホテル「グランド ワイレア リゾート アンドスパ」での5日間を過ごします。

 ビジョンリトリートは文字通り「日頃から心に描いてきた夢(ビジョン)」の実現を目的に、一定の業績を残してくださった方々のためにモリンダが提供する「日常から離れたエキゾチックな旅(リトリート)」です。2000年から行われていたコンシュアージュクラブゴールドリトリートを受け継ぐ形で、2005年から毎年開催されてきました。

初めはハワイの主要4島(オアフ島、カウアイ島、ハワイ島、マウイ島)を順に毎年訪れる旅として定着していました。ハワイでの旅は、それぞれ異なった特徴を見せる4つの島の豊かな自然に囲まれながら、リーダーのみなさまやスタッフと親しく交わる機会を得ました。その後、他の地域にも範囲を広げるようになり、これまで訪れた都市は来年開催が予定されているモナコを始め、スイスのモントルー、バハマのアトランティスリゾート、タイのプーケット、イタリアのローマ、アジアクルーズなどです。

 中でもモナコは圧巻でした。映画祭が行われるカンヌや「リヴィエラの女王」とも呼ばれるニースも含め、世界的な保養地を満喫することができました。また、特にスイスのビジョンリトリートは、山好きのわたしにはたまらない旅になりました。スイスアルプスの拠点であるツェルマットから登山電車で45分の、写真で何度も何度も見たゴルナーグラート展望台に立ちました。残念ながらマッターホルンは雲の中でしたが、4,000m級の山々や氷河が360度の眺望の中に展開する光景は、日本では決して見ることのできない迫力です。ジュネーブの町からは、抜けるような青空の中で万年雪に輝くモンブランの姿を望むことができました。幸せでした。

 参加された方々にとっては、その一つひとつが特別な、いつまでも心に残る思い出となっていることでしょう。毎年参加させていただいているわたしにとっても、このイベントの中での一つひとつの出来事が人生を彩る大切な経験となっています。

 モリンダは、健康と経済を同時に実現することにより得られる豊かなモリンダライフを提唱しています。その結実の1つが「ビジョンリトリート」です。「モリンダに加わっていなかったら、大好きな仲間と一緒に世界を旅することなんてなかったでしょう」とおっしゃる方がいかに多いことか。この想いは、立場は違いますがわたしも同じです。モリンダがあったからこそ、同じ志を持つみなさまと普段では味わえない経験をともにすることができるのです。

 来年は再びモナコです。世界中のセレブが保養のために訪れるコートダジュール(日本語では紺碧海岸)。あの上質でエキゾチックな雰囲気を、たくさんの日本のIPCのみなさまと感じることができればうれしいです。日本では決して味わうことのできないかけがえのない思い出の数々が、みなさまを待っています。
by ohkimakoto | 2015-09-04 10:56 | 2015年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2017年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
2017.09.15
at 2017-09-15 17:00
2017.09.08
at 2017-09-08 17:00
講演スケジュール 2017年..
at 2017-09-07 16:56
2017.09.01
at 2017-09-01 17:00
講演スケジュール 2017年..
at 2017-08-29 17:59
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧