<   2015年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
2015.10.30
 早いもので、2015年も残すところ2ヵ月となりました。北日本の山々から初冠雪の便りが聞かれます。お元気でしょうか。明日、10月31日はハロウィン。古代ケルト人の宗教的な祭りを起源とするこの行事も、今ではアメリカだけでなく日本でも定着した感があり、テレビのニュースなどにも大きなかぼちゃのランタンを飾ったり仮装を楽しんだりする人々の様子が紹介されています。ご家族やグループでの楽しい集まりを計画している方もおられるのではないでしょうか。
 前にも書きましたが、アメリカでは、このハロウィンをきっかけに年末に向けて時の流れのスピードが一気に速まります。ハロウィンが過ぎると1ヵ月を待たずにサンクスギビング(感謝祭)、そしてまた1ヵ月を待たずにクリスマスがやって来るからです。
 毎年、この「時の流れのスピード」を敏感に感じ取るのが、これらの三大行事のために最も忙しい思いをする主婦の方々であることは異論のないところでしょう。学生時代を過ごしたアメリカでは、友人のアメリカ人家族のお母さんがリーダーシップを取り、この期間を「holiday season(お祝いの季節)」として家族全員が楽しむことができるように忙しく準備をする姿を目の当たりにしてきました。家庭の中で受け継がれていく伝統や文化というものは女性によって、特に家族想いの主婦によって育まれていくようです。
 「風土」という言葉があります。『広辞苑』によれば、「風土」とは「その土地固有の気候・地味など、自然条件、土地柄」であって、住民の生活や文化に深く影響を与えるものとされています。もともと中国起源の言葉で、古くは万葉集にも登場します。
 ノニについて考えてみると、インドを発祥の地として太平洋の島々に数千年をかけて広まったと伝えられていますから、現在、ノニが生育している地域では、それぞれ独自の風土の影響を受けながら今に至っているのでしょう。中でもフレンチポリネシアの風土は、清澄な水と空気、肥沃な土壌、そして豊かに降り注ぐ太陽の恵みという、ノニにとって最高の環境をもたらしてきました。
 風土は、そこに住む人々に影響を与えながら、独特の文化へと発展していきます。貴重な植物として伝わったノニがフレンチポリネシア独特の風土の中で、特に家族を通して一つの食文化として育まれてきたことは紛れもない事実です。そして、その中心にはいつも、親族全員を気遣う、愛にあふれた母親の存在がありました。
 グローバルカンパニーであるモリンダのモットーは「世界のために何か良いことをさせていただく(Do something good for the world)」ことです。それを着実に実現するにはどうしたらいいでしょうか。わたしが考えるのは、それぞれの地域の風土を大切にし、その風土に溶け込みながら、ノニを、そしてモリンダを文化の域にまで高めていくことです。
 息の長い取り組みではありますが、ヌクヒバの山の上でジョン・ワズワースが受けた天命に共感し、使命とする者として、世界中の人々の幸せのために大切にしなければならないことであると強く感じています。
 風土は「風」と「土」です。揺るぎない志と崇高な理想を土台とした堅固な「土」に立つモリンダには、時流の最先端を吹く「風」を捉える力があります。今こそこの日本で、ノニを食文化に、AGEを健康指標に、モリンダをライフスタイルにしようではありませんか。
by ohkimakoto | 2015-10-30 10:35 | 2015年分
2015.10.23
 人生の中であまりお世話になりたくないことがいくつかあります。「またどうぞ」と言われたくないことです。今年もお世話になってしまいました。2年前に続き2度目です。自動車の板金屋さんです。
 当然のことながら車にできた傷は修理に予期せぬ出費を伴いますから、誰にとっても心の痛む出来事です。でもこの板金屋さん、決して大げさではなく、「また行ってもいいかな」と思ってしまいますから不思議です。少なくとも、「次もここにお願いしよう」と思うこと請け合いです。
 出逢いはインターネット。ディーラー以外の専門業者を探していた時に、この板金屋さんのホームページが目に留まりました。ホームページでの社長の経営方針を読んで、信念を持って業務に当たっている誠実そうな会社との印象を受けたので、早速スタッフに行ってもらったのですが、帰って来るなりこう言うのです。「黄木さん、金額はもちろんですが、あそこはいいですよ。年配の人と若い人が一緒になって楽しそうに仕事をしていましたし、3時になるとおばあちゃんがお茶とお菓子を出してみんなを呼ぶんです。昔のことを思い出しました」。実はこのスタッフ、業種は違いますが、父親が小さな工場を営んでいたことがあり、そんな父親を誇りに思っていた子どもの頃がよみがえってきたとのことでした。
 約束の納車の日。先方から明るいうちに来てくれとの要請がありました。理由を尋ねると、自分たちの仕事をお天道さまの光の下でしっかりと見届けてもらいたいとのこと。そこでスタッフが少し早めに行って仕上がった車を見ると、指定した傷は当然ですが、これぐらいなら直さなくてもいいと考えていたその他の小さな傷まできれいに修理されていました。おまけにしっかり磨きこまれていて、まるで新車のようでした。
 今回も同じでした。石跳ねでできた傷や小さな引っかき傷まで、こちらからは何も言っていないのに、すべてきれいに直してあります。もちろん値段は見積もり通りです。感謝の気持ちを伝えたくて電話を入れると、ちょうど社長がその場にいて、少し話ができました。家業を継いだのが1997年。まだ大学生だったそうです。その時強く思ったのが、板金塗装修理業は「サービス業」であるべきだということでした。良かれ悪しかれ昔からの職人気質が色濃く残っている業界で、その独特の風土を作り変えることが自分たちの役割だと考えたのです。
 それから18年。社長はその志を実現すべく先頭に立って現場でがんばってきました。また、ホームページやブログを通して自らの志を発信してきました。もちろん、他社では行わないサービスを無償で行うわけですから、それだけコストが割高になります。でも、社長は電話口でこう言い切りました。「決して信念を曲げることなく、このまま続けたいと思います。必ずお客さまに伝わるはずですから」
 断言します。この板金屋さんは必ず成功します。と言うか、成功しています。今の社長が引き継いだ時はわずか2人だったスタッフが、今では10人以上。車検や整備のための工場を別に設けるまでになっています。今でも変わることのないモットーは「お客さまが驚くようなサービスを提供させていただく」ことだそうです。
 最後に社長がこう言いました。「『またどうぞ』とは言いにくいのですが、何かありましたらいつでもどうぞ」。「はい、もちろんです」。一度もお会いしていないのですが、何だか心が通じているようでした。
(必要な方には連絡先を個人的にお知らせいたします)
by ohkimakoto | 2015-10-23 00:00 | 2015年分
2015年10月 月例ミーティング 社長 黄木 信 メッセージ

モリンダ ジャパン主催の2015年10月に行われた月例ミーティングで使われたモリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージです。


by ohkimakoto | 2015-10-19 15:02 | 【動画メッセージ】
2015.10.16
 毎年恒例の札幌宿泊セミナーが北海道 の北広島クラッセホテルを会場に開催されました。今年で7回目になります。話題の中心は、札幌にお住まいで着実にグループを伸ばしておられる伊東 良子(りょうこ)さんでした。ニックネームは「じょんこさん」。最近、エリアディベロッパー(AD)1と2の資格を完全達成された方です。初めは登録したものの製品を購入するお金が続かず、数年間タヒチアンノニ ジュースを飲むことができませんでした。しかし3年前、1人の方の登録をきっかけに気持ちが入り、「どうせ目指すならマルケサスだ!」と、覚悟のしるしとして髪の毛も剃り落としてモリンダ活動に専心するようになりました。会社が提供するものは積極的にチャレンジするという方針で、ADプログラムが発表された時には、「これぞわたしたちのために会社が作ってくれたプログラムだ」と確信、全力で取り組んできたそうです。  
 伊東さんたちのグループをこの欄でご紹介するのにはいくつかの理由があります。まず、新しい方々のグループであり、若い女性の方が中心であること。しかも普通のお母さんたちだということです。また、AD資格を取得した後でも継続的な収入が実現できなければ意味がないと考え、自分たちの活動力でADを達成することを決意しました。資格取得達成月の最終日にはグループのメンバーが自らセールスオフィスに集合し、ご自身のグループのお客さまに電話をかけ続け、やっとの思いで資格取得を達成したのは注文締め切り時刻の2分前でした。残りの2分間はチームのみんなと涙を流し、喜び合ったそうです。
 宿泊セミナーでの伊東さんの言葉をメモしましたので、ご紹介します。モリンダを愛し、グループを愛しておられる方の生きた言葉です。参考にしていただければ幸いです。
 「ジョン社長と黄木社長に向かって毎日『今日はこれだけ働いてきました』と心の中で報告しています。それに、その日に「ありがとう」って思えたことを『ありがとう日記』に書いています」
 「グループのみんなの意識を上げることを一生懸命やってきました。1点集中で、『なぜ』を合わせるんです」
 「商品やビジネスの話はもちろんしますが、それよりもみんなが日常のことを何でも話せる安心で安全な場所を作りました。楽しくなってきました。嘘をつかなくてもいいし、かっこつけなくていいからです」
 「フォローアップが大切です。黙っていてはダメです。何でも思ったことは言わなければ」
 「ADを達成した後でもやることは変わりません。同じことを続けるだけです」
 「ある程度やると次の段階が見えてきます。このタイミングで次の段階にどう進ませるかが大事ですね」
 「それぞれのメンバーに得意分野があり、それが自然にグループの中のお役目になっています」
 「知識だけだと意識が上がりません。実践しないと」
 「一歩踏み出すのが怖い人もいます。その時は『一歩踏み出しても死ぬことはないよ』って言うんです」
 「不安で伝えたら不安で返ってきます。ワクワクで伝えたらワクワクで返ってきます」
 最後にわたしがこう質問をしました。「グループで『これは絶対やらないようにしようね』って言ったことって何かありますか?」伊東さんの口から間髪を入れずに答えが返ってきました。それは「嘘をつかないことです」と。
 伊東さんから直接モリンダが伝わった4人のジェードの方々がステージに立ち、年内にパールに昇格して伊東さんをダブルダイヤモンドパールに昇格させることを宣言してくださいました。簡単ではありませんが、このグループならできそうな気がします。
by ohkimakoto | 2015-10-16 00:00 | 2015年分
11/13大阪 スピーカー:ジョン・ワズワース追加分 講演スケジュール 2015年11月~2015年12月
2015年11月~2015年12月(PDAファイル形式で表示されます)
by ohkimakoto | 2015-10-14 15:38
2015.10.09
 連日の日本人科学者のノーベル賞受賞のニュースに、日本中が喜びに包まれています。どの業績も、長年にわたってうまずたゆまず継続してきた研究の成果としてもたらされた発見です。途中であきらめたり信念を曲げたりしていたら、今回の受賞には至らなかったことでしょう。医学生理学賞を受賞した大村 智さんが、研究者が身につけるべき属性として、人としての誠実さやひたむきさの重要性を挙げておられたのが印象的でした。
 ノーベル賞とはまったく異なる話題ですが、同じ週に歌舞伎に関する興味あるニュースが流れました。四代目市川 猿之助さんが、コミックで世界的な人気を誇る「ONE PIECE(ワンピース)」を歌舞伎にアレンジし、「スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)『ワンピース』」として10月7日に公演をスタートさせました。それだけでも斬新な取り組みなのですが、実は猿之助さん、足りないものがあると考えました。人気音楽グループ「ゆず」のコンサートを見てこう思ったそうです。「この観客との一体感は歌舞伎には決して見られない」。そこで「ワンピース」の舞台では、今までになかった新たな手法を取り入れました。観客を巻き込むのです。「全体の完成度は90パーセント。残りの10パーセントはお客さんを含めて完成する」とのこと。猿之助さんの心にあるのは、若い世代に歌舞伎に触れてもらい、次第に遠のきつつある客足を少しでも取り戻すことだそうです。
 そしてもう一つ。10月7日付けの読売新聞大阪地域版に「『校長・教頭』M-1挑戦」という記事が出ていました。たまたま大阪への飛行機の中で見つけました。大学時代に落語研究会を創設した者としては見逃せない記事です(笑)。思わず心の中で拍手しました。現役の校長先生と教頭先生がプロの漫才の登竜門であるM-1に挑戦したのです。2人が勤務するのは堺市北区にある大阪府立金岡高校。今年4月から漫才の創り方を通じて発想力を鍛える「笑育(わらいく)」の授業を取り入れているそうです。M-1グランプリ2015にコンビ名「校長・教頭」で挑戦したのは和栗 隆史校長(54歳)と綾井 俊行教頭(52歳)。多忙な毎日の中で夕方5時を過ぎてから練習を繰り返し、同校から一緒に出場した生徒同士の組と共に1回戦を見事突破。全3,472組のうちの900組に残りました。残念ながら2回戦で敗れはしたものの、審査に当たった吉本興業関係者の評判は上々だったようです。
 みなさまは、まったく分野の異なるこの3つの出来事から何をお感じになるでしょうか。わたしは、この欄でも何度か取り上げさせていただいているテーマですが、それぞれにふつふつと湧き上がるような強烈な「志」を感じるのです。
 気の遠くなるような研究の積み重ねの中で発見へのプロセスに至るまで科学者を突き動かしてきたのは、人類のために貢献したいという志でしょうし、猿之助さんの志は「伝統の世界を代表する者の一人として、歌舞伎を若い世代も含めてもっとたくさんの人々に知ってもらいたい」というものでした。また「校長・教頭」のお二人の心にあったのは、子どもたちが人と人とのつながりの大切さを笑いを通して理解し、表現力やコミュニケーション能力を高められるように少しでも力になりたいとの想いでした。
 わたしたちが日々携わる活動に強烈な志があることを喜びたいと思います。健康と経済を通して一人でも多くの方々に幸せになっていただくことにより、「世界のために何かいいことをさせていただく(Do something good for the world)」のです。
by ohkimakoto | 2015-10-09 00:00 | 2015年分
講演スケジュール 2015年11月~2015年12月
2015年11月~2015年12月(PDAファイル形式で表示されます)
by ohkimakoto | 2015-10-08 17:49 | 【講演スケジュール】
2015.10.02
 今週、おかげさまで健康で、しかもみなさまと同じ志を持ちながら68歳の誕生日を迎えることができました。SNSを通じてお祝いのメッセージをお送りいただいたみなさまには、本欄をお借りしてお礼を申し上げます。人生の終盤に差し掛かる中で、自分がこれまで大切にしてきた価値観のままに貢献できる事業に全力で携われる喜びを、何と表現したらいいでしょうか。
 モリンダと出逢ったのは51歳の秋のことでした。揺るぎない志と驚くべき製品の力に支えられるとともに、モリンダの創設者や初代日本支社長のブライアント・ワズワース、そしてたくさんの素敵なIPCのみなさまとの出逢いがあり、今日を迎えています。振り返れば、心にわきあがってくるのは感謝の想いだけです。そして素晴らしいのは、その想いが年を経るごとに強くなってきているということです。
 今週も新しいみなさまと面会をさせていただきましたが、各々が社会で活躍され、信頼を勝ち得、豊かな人脈を持っていらっしゃる立派な方々です。ここにいらっしゃるまでにはそれぞれの出逢いとそれぞれのきっかけがあり、そして、製品や会社、人を通してモリンダを体験していただきました。その結果として、ご自身の人生の一部としてモリンダを加えようと決意してくださっているのです。うれしい限りです。
 そのような中で、われわれが属するネットワークビジネス業界そのものは信頼を取り戻すには至っていません。それどころか、ネットワークビジネスを名乗る企業が生まれては消えを繰り返し、そのたびに犠牲者を生み出している状況です。
 なぜ「かんたんに生まれては消える」のでしょうか。それは、「かんたんに作れる」からです。一般の流通とは異なり設備投資が極端に少なく、ほとんどのプロセスが外注で済んでしまいますから、この利点に乗じて、資産を増やそうとする投資家や資本家、企業がネットワークビジネスを起業します。問題は、経済優先の事業展開であるために、もうからないと分かると、あるいはブームが過ぎたと判断すると撤退してしまう点、そして、決して画期的とは言えない製品を見せかけだけで広めようとするため、その意図が見抜かれ、初めは注目されても消費者離れが起きてしまう点にあります。
 そのような時にいつも取り残されるのは、その会社や紹介者を信じて勧誘活動を行い、お金をつぎ込んだ会員や消費者です。中間マージンを取り去った消費者参加型の画期的な流通形態であるにも関わらず、いつも犠牲となるのは会員や消費者であり、残るのは借金や在庫の山、崩壊した人間関係です。
 モリンダはこうした類のネットワークビジネス企業とは対極の位置にあります。わたしたちには哲学があります。すべての人の想いを結集するための崇高な志があります。そして、伝統と最先端の科学に裏打ちされた優れた製品と、正直で誠実なビジネスであるにも関わらず、わずか20年弱の間に数多くの方々に継続的な収入をもたらしてきた優れたシステムがあります。しかも、時間や場所、経験を問わず、どなたでもそれぞれの目標に応じて取り組んでいただけるシステムです。      
 健康と経済という現代社会がもっとも必要としている2つのニーズ。モリンダはこの2つを同時に、しかも堅実な形で満たすことができるのです。今こそ世界中の人々に、モリンダという稀有な企業の存在を声高らかに宣言する時ではないでしょうか。もう準備は整いました。今日から前進しましょう。「今日は残りの人生の最初の日」です!
by ohkimakoto | 2015-10-02 10:14 | 2015年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2017年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
講演スケジュール 2017年..
at 2017-07-14 18:10
2017.07.14
at 2017-07-14 17:00
2017.07.07
at 2017-07-07 17:00
2017.06.30
at 2017-06-30 17:00
8/30札幌修正版 講演スケ..
at 2017-06-28 13:28
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧