<   2016年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
2016.07.29
 ようやく関東も梅雨が明け、これから夏日が続きますね。うっとうしい時期から解放されると思うと、うれしくなります。お元気でしょうか。熱中症には十分ご注意ください。
 
 さて、梅雨明けからお盆前までのこの短い期間は天候も安定し、夏山には絶好のシーズン。20年ぐらい前までは山梨県の白州町の山腹にある知人の山小屋を拠点に、高校生のボーイスカウトの子どもたちと毎年アルプスの縦走を続けていました。森林限界を過ぎると、夜間は寝袋がないと眠ることができないほど気温が下がりますが、日中は紫外線が強く、バンダナとサングラスの跡が残る滑稽な日焼け顔で帰宅したことを覚えています。雪渓から流れ出る水の冷たさは忘れることができません。
 
 アルプス縦走で子どもたちに教えたかったことの1つは、「自然に対して謙虚であること」です。人は科学技術の力を駆使して生活をより便利で豊かなものにしてきました。しかし、車の自動運転技術やドローンによる物品の自動配達技術などが可能になりつつある今でも、自然の力をコントロールすることは困難です。
 
 アルプスの3,000メートル級の高山では天候も変わりやすく、ちょっとした気の緩みや判断の遅れが取り返しのつかない事故につながります。特にわたしたちの場合は初心者である高校生を伴っての縦走だったので、安全には細心の注意を払いました。長年にわたってリーダー役を務めてくれたのはアルプスでのガイド経験のあるベテランで、彼の指示は絶対でした。また、その判断は慎重過ぎるほど慎重でした。中にはそうした彼の判断に不平を言う子どもたちもいましたが、忍耐強く時間をかけて、自然と共存するには自然に対して謙虚にならなければならないことを教えてくれました。彼のおかげで我が家の3人の息子たちも自然を友として生活する楽しさを体得することができたと思って感謝しています。
 
 わたしがモリンダに心ひかれた1つの理由が、この自然との結びつきの強さでした。わたしたちが20年前に世に出したタヒチアンノニ ジュースは人工的に作ったものではありませんでした。数千年の歴史の中で大自然に育まれたノニという野生の果実を伝統の製法に基づいて提供したもので、製品化のプロセスには何一つ人工的なものは使われていません。独特の臭いと味を調整するための風味付けにもすべて植物由来の原料が使われました。
 
 モリンダはノニの木からボトルまでをすべて自社で管理するシステムを開発し、製品を提供してきましたが、その中で重要だったのが、タヒチ産のノニを用いることでした。それは、豊かな自然環境と地質学的な特異性を持つ土壌に恵まれていたことでした。澄んだ空気と清澄な水、海底火山が隆起した肥沃な土壌、そして豊かな太陽の光という手つかずの自然が、ノニを育んできたのです。
 
 創設以来モリンダが巨額の資本を投入して取り組んできたノニに関する科学的な研究は、この自然の力の素晴らしさを証明し、自然との共存をさらに進めようとする取り組みにほかなりません。今こそこの知識と経験の蓄積を、自然と共存すべき人類のために役立てることができればと思います。
by ohkimakoto | 2016-07-29 10:09 | 2016年分
2016.07.22
 いよいよ夏休みに入りました。移動に空港を利用することが多いわたしですが、この時期になると家族連れを多く見かけるようになります。特に週末や祝日は、スーツを着ているわたしたちが場違いな感じを抱くぐらいです。

 さて、今週の木曜日、わたしにとって特別な行事がありました。以前にも本欄でご紹介しましたが、子どもたちがお世話になっていたピアノ教室の年に一度のコンサートが行われました。最初に長女がお世話になったのが留学先のアメリカから帰国した1980年ですから、もう36年のお付き合いになるでしょうか。5人の子どものうちヴァイオリンを選択した三男を除いて4人がこの教室に通ってピアノを習いました。

 なぜわたしにとって特別な行事かと言いますと、長女が通い始めて数年後から現在まで、先代の先生が亡くなられてからお嬢さんが教室を再開するまでのお休み期間を除いて30年以上、毎年この時期に開催されるコンサートの司会をわたしが担当してきたからです。最初は保護者が分担する役割の一つとして担当していたのですが、子どもが全員卒業してもわたしは卒業させてもらえず、今年は受け継いだお嬢さんの教室が10周年の記念の年を迎えるまでになりました。

 年に1回のコンサート。子どもたちとは1年ぶりの再会です。でも、それがとても素晴らしい。子どもの1年間の成長には目を見張るものがあります。今年は4歳から大学院生まで40組が参加し、それぞれに日ごろの成果を披露してくれました。昨年は小さな曲を途中で止まりながら何とか最後までやっと弾いた子どもが、今回ははるかに難しい曲を、曲想まで付けながら立派に弾きこなすのです。もちろんこれには、本人の努力もさることながら、先生や、忙しい中で叱咤激励しながら練習を監督する親御さんの存在があったのでしょう。

 続けることには意味があります。先日、業界誌の記者が訪れ、定期取材を受けました。支社長就任以来9年間の付き合いです。質問の内容は、その時々の事業環境によって多少の変化はあるものの、基本的には同じことを尋ねられます。わたしの答えは9年間まったく変わっていません。「いつも同じ答えでつまらないでしょう?」と言うと、記者がこう答えました。「それこそがモリンダさんの強みですよね」

 モリンダ ジャパンの研究開発部門に勤務する上家 明美(うわや あけみ)という社員をご紹介します。勤続10年を超えるベテラン社員です。このたびその彼女が、医学博士号を取得しました。朝6時に出勤して業務をきちんとこなし、午後から大学で研究やコースワークを行うという生活を6年半続けました。並大抵のことではなかったと思いますが、モリンダにこうした志を持ちそれを貫いてきた社員がいること、そして、モリンダという企業がそうしたことを可能にしている事実を誇りに思います。上家は取得した医学博士号を活かし、今後もモリンダで研究開発に貢献したいと考えています。

 今年はモリンダ創立20周年。モリンダはこれまでたくさんの、たくさんの方々によって支えられてきました。中でも、これまで長い間、タヒチアンノニ ジュースを始めとするモリンダ製品をご愛用いただき、その体験を語り続けてきてくださっているみなさまに、心から感謝いたします。みなさまのことを誇りに思います。みなさまの存在があったからこそ、今のモリンダがあるのです。

 「継続は力」です。モリンダは新たな20年に向かって、そして100年、200年と続く企業となるべく、これからもみなさまに愛される存在であり続けたいと願っています。 
by ohkimakoto | 2016-07-22 11:33 | 2016年分
講演スケジュール 2016年8月~2016年9月
2016年8月~2016年9月(PDAファイル形式で表示されます)
by ohkimakoto | 2016-07-15 18:19 | 【講演スケジュール】
2016.07.15
 我が家の道路を挟んで向かい側に鎌倉往還の古道の跡があって、地元の有志が保存活動を行っています。手作りの案内板を立て、斜面には紫陽花などの植栽を施したり遊歩道を整備したりして、今では市が「鎌倉道(かまくらみち)」と掘られた石碑を建立するまでになりました。
 
 「いざ、鎌倉」という言葉をお聞きになったことがあると思います。鎌倉幕府は、特にその中枢を担っていた坂東(関東)の武士たちを有事の際に迅速に鎌倉に集めるために道を整備しました。鎌倉へのルートはさまざまあってそれを「鎌倉往還」あるいは「鎌倉道」と呼んでいます。そのうちの一つである「上の道」が我が家のそばを通っているのです。今から800年も前の話ではありますが、整備された道を眺めていると武士たちが鎌倉に急ぐ様子が心に浮かんできます。
 
 時の流れはわたしたちにいろいろなことを教えてくれます。司馬 遼太郎は日本人としての心情のルーツが鎌倉時代の武士にあるとの説を唱えています。明治維新を取り上げた司馬は、近代化への大転換とも言うべきあの一大事業を成し遂げることができたのは、「武士」によって構成された維新の志士たちの高い志があったからと結論づけます。確かに明治維新は奇跡でした。日本全国での小学校の設立、郵便制度の確立、鉄道網の開設など、驚くほど手間のかかることを驚くほどのスピードで達成していきました。諸外国からの圧力に対抗するために、日本人一人ひとりが総力を結集 したのです。
 
 司馬によれば、この高い志を育んできたのが、鎌倉時代の坂東武士の私利私欲を恥とする「名こそ惜しけれ(名を汚すような恥ずかしいことはするな)」の精神で、彼らは何事にも節義を重んじ、死に対しても潔くありました。まさにこの精神が、後に武士が消滅しても鎌倉以来の「700年の遺産」として、明治国家による近代化を実現する原動力となったのです。
 
 司馬は、この「名こそ惜しけれ」の精神が、戦後の焼け野原からの復興や民主主義の確立を経て、現代の日本人の中にも脈々と受け継がれていると主張します。東日本大震災で家族や家を失った人々が、想像を絶する悲しみの中にあっても務めて前向きに振る舞う姿や、一昨年のワールドカップサッカーのブラジル大会の初戦で日本チームがコートジボワールに敗れた後で、日本のサポーターがスタンドでゴミ拾いをした姿などが思い浮かびます。
 
 今改めて、自分自身もこの「名こそ惜しけれ」の精神を受け継ぐ日本人であることに誇りを感じています。そして、同じこの精神に誇りを抱く方々と共に、この特別な日本という国でお一人でも多く本当の意味での幸せを実現できるようにお手伝いをさせていただきたいと願っています。
 
 「Everyone, Everywhere, Every Day(誰でも、どこでも、いつでも)」との壮大なビジョンを掲げてスタートしたわたしたちの事業は、今や健康(見た目も含む)と経済というすべての人のニーズを満たす手段を継続的に、しかもネットワークビジネスでありながらも「名こそ惜しけれ」の精神を事業の運営に反映させていく稀有な企業として、業界の最先端を進んでいます。わたしはこの精神性こそがモリンダの真骨頂であり、良識ある日本人の心情に共感をもたらすものであると確信しています。このようなモリンダでみなさまと一緒に働けることを誇りに思っています。
by ohkimakoto | 2016-07-15 00:00 | 2016年分
2016.07.08
 毎日の天気予報で「猛暑」の文字が並ぶ季節になりました。お元気でお過ごしでしょうか。タヒチアンノニ ジュースやトゥルーエイジ マキシドイドなど、ミネラルを含んだ賢い水分補強により夏を乗り切りましょう。味噌汁も良いらしいですよ。

 さて、モリンダ社設立2年後の11月、わたしは日本市場のプレオープンの通訳を依頼されました。モリンダとの初めての出逢いでした。印象に残ったのは、来日した創設者全員が自分自身の体験談を話していたことです。それまで関わってきた会社の役員は、「今度の製品はこんな成分が入っているからすごいですよ。試してみてください」と言うだけで、自分が試してみてこうだったという話は一度も聞いたことがありませんでした。それに、「どうすればもうかるのか」という話が中心でした。

 あの日、創設者の隣で通訳をしながら心が震えたのを昨日のことのように思い出します。完璧に調弦ができたヴァイオリン2台の片方を弾くともう片方が共鳴するように、創設者の想いがわたしの想いと重なるのを感じました。

 なぜそのような共鳴が起きたのでしょうか。それは、創設者の人生観とタヒチの人々の想いも込められたモリンダという事業への志がわたしの想いや価値観に響いたのでしょう。文明社会から隠されてきたノニの恵みを世界中の人々の幸せのために紹介しようという志と、まずはそれを自分たちから実践しようとする誠実で謙虚な姿勢に心を打たれました。

 そして9年後の2007年、日本支社長として直接モリンダの事業に携わるようになりました。それまでのわたしの経験はすべて、モリンダへの貢献のための備えであったと思えてなりません。

 モリンダのこれまでの20年も同じことが言えるのではないかと考えています。これまでは、ノニという奇跡の植物を伝統的な製法のもとで文明社会に紹介すると同時に、最先端の科学や技術を駆使してノニを徹底的に解明し、その可能性をさらに拡大してきた年月でした。その間に起こったすべてのことが、この先の20年のための備えであったと思えてならないのです。ですから、モリンダはこれからが本番なのです。

 日本を始め先進諸国は、いよいよもって少子高齢化への抜本的な対策が求められる時代を迎えていますが、モリンダには答えがあります。出生率を上げてやがては生産年齢人口を増やすという従来の手法ではありません。健康と経済を同時に提供することによって高齢者の中から自立する人を増やすのです。しかも、AGE(終末糖化産物)の測定機器を導入することによって自らのAGE値を知ることで若いうちからライフスタイルを変え、高騰の一途をたどる医療費の削減に寄与しようとしているのです。

 モリンダは世界を変えます。まずは自分から変わりましょう。ノニを体に取り入れ、AGEを管理し、若々しくはつらつとしたモリンダライフを満喫する姿をみなさんに示しましょう。かつて創設者がしたように、みなさまのストーリーを語りましょう。

 さて、20年が経ち準備期間が過ぎた今、わたしはもう一歩階段を昇りたいと思います。「ネットワークだから」と気後れするのはもうやめましょう。モリンダの「志」と「製品」と「仕組み」をもってすれば、信頼という20年にわたって築いてきた土台の上に立って世の中を変えることができるのです。

 わたしたち一人ひとりの小さな一歩がやがては人を動かし、世の中を変えていきます。みなさまご自身の大切な一生を託すだけの高邁な志がモリンダにはあることをうれしく、また誇りに思います。
by ohkimakoto | 2016-07-08 00:00 | 2016年分
2016.07.01
 今日7月1日はモリンダ設立20周年記念の日に当たります。この特別な日にみなさまにメッセージをお送りできることをうれしく思うとともに、みなさまのモリンダへのご支援に心より感謝申し上げます。2016年も今日から後半に入ります。早いものですね。梅雨開けとともに強烈な日差しが訪れます。わたしの大好きな夏の始まりです。

 ここ2週間にわたって行ってきた全国のリーダーのみなさまとのミーティングをすべて終了しました。都合でどうしても参加できなかった方もおられましたが、初期の頃から大切にしてきたモリンダという事業の「志」を、モリンダ ジャパンをけん引してくださっているみなさまと再確認させていただく有意義な機会となりました。いよいよ今月からは「モリンダ 20周年記念プロモーション」が始まります。内容については明日もしくは来週開催される月例ミーティングでご確認ください。これまでの20年にわたるみなさまのご愛顧への感謝と今後の事業拡大に向けてモリンダが2016年限定で行うプロモーションです。ご活用いただければ幸いです。

 さて、わたしはこれまで何度もモリンダに関わることを「誇り」に思うとみなさまに述べてきました。これはわたしがとても大切にしてきたこと、そしてこれからも大切にしていくことです。このブログを読んでくださっている多くのみなさまも、この想いがあるために続けてモリンダと行動をともにしてこられたのではないでしょうか。モリンダを「誇り」に思う気持ちは、モリンダという事業とそれを担う人々と初めて出逢った1998年以来、内外でのいろいろなイベントやプログラムに関わることによって次第に醸成されていきました。

 わたしの想いを「誇り」にまで高めてくれたものは何だったのだろうかと考えます。まずモリンダには、「文明社会から知られることなく数千年の間育まれてきた天からの恵みを人々の幸せのためにもたらす」という高邁な志がありました。通訳として初対面である創設者たちの傍らに立ちながらその志が本物であることを強く感じたのを昨日のことのように覚えています。その志が20年を迎えた今のモリンダにも脈々と息づいていることを誇りに思います。

 2番目は、タヒチアン ノニジュースに対する揺るぎない確信と愛着です。創設者たちが日本を訪れて初めて語ったのは、みずからのタヒチアン ノニジュースの体験談でした。それ以来今日まで、モリンダでは至る所で、タヒチアン ノニジュースを始めとするモリンダ製品によって文字通り人生が変わったことへの驚きと感謝のストーリーが語られています。そのようなモリンダを誇りに思います。

 3番目は、これまで20年間、一度も遅れることなくIPCのみなさまにコミッションをお支払いしてきたことです。ダイナミックコンプレッションにより不払い金をなくしたCV(コミッション対象ボリューム)53パーセントの還元率を誇る報酬プランは、たくさんの方々に本物の継続的な経済的自由をもたらしてきました。これもわたしたちの誇りです。

 最後に、モリンダを20年にわたって支えてきてくださった日本全国の、そして世界中のIPCのみなさまや愛用者の方々を心より誇りに思うとともに、心より感謝を申し上げます。みなさまの存在がなければ、「世界のために何か良いことをしよう」(Do something good for the world)との設立当初からの想いは決して達成できなかったことでしょう。

 モリンダはこれまで以上に、あらゆる面でみなさまが誇れるモリンダであり続けたいと思っています。そして、たくさんの方々にとって人生を託せる信頼と感謝と思いやりの場であり続けたいと願っています。
by ohkimakoto | 2016-07-01 00:00 | 2016年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31