<   2017年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2017.12.15
 ケニー・Gのソプラノサックスによる『クラシック クリスマス アルバム』を聴きながらこのメッセージを書いています。窓からは真っ青な空を背景に、西新宿の高層ビル群が冬の日差しに照らされて輝いています。雪と格闘しておられる日本海側のみなさまには申し訳ない気持ちです。ラニーニャ現象による偏西風の蛇行が強い寒気の南下をもたらしているとのこと。大過なく新年を迎えられるよう願っております。

 12日の火曜日、練馬文化センターで開催されたBPN会主催の「サクセスフォーラム」に招待を受けて参加させていただきました。メインゲストは吉本興業で漫才の横山 やすしさんのマネジャーを務めた大谷 由里子さん。「横山 やすしに殴られた人は数知れないが、横山 やすしを殴ったのはこの人しかいない」と言われた伝説の存在で、現在は人材育成の志縁塾を主宰しておられます。

 吉本興業の元マネジャーだけあって、1時間の講演の間中会場は笑いの渦でした。でもその中にも、自分に置き換えて「なるほど、そうだよね!」と思えることがたくさんありました。たとえば、わたしたちにはどうしても人の可能性にふたをしてしまう傾向があることの例です。父親が息子にこう言います。「若い時には夢を持つことが大切だ。お前には夢があるのか?」息子は答えます。「うん、甲子園に行ってプロ野球選手になる!」 父親がすかさず言います。「何を夢みたいなことを言っているんだ!」こういうことってよくありますよね。

 「普段の生活の中で何かしらストレスを感じている方はいらっしゃいますか?」との問いかけに会場の大半の方が手を挙げました。次に、「『ストレスは全然ないんですよ』という方は?」と聞くと、手を挙げる方がちらほら。わたしも思わず手を挙げようとしたのですが、その瞬間、「そういう人こそみんなにとってストレスなんですよね!」と大谷さん。大爆笑でした。

 大谷さんが強調したかったのは、「人って素晴らしい!」ということではなかったかと感じています。大谷さんはその素晴らしさを引き出す方法を3つ提案してくださいました。まずは、普段の会話から‘must’(こうでなければならない)という言葉をなくすこと。第2に、違いを探すのではなく共通するものを探してそれを膨らませること。そして3番目に、自分が言われてうれしい言葉を口にすること。サミュエル・スマイルズの有名な詩の中に、「想いの種をまいて 行動を刈り取る」という言葉がありますが、大谷さんは逆に、行動を変えることによって想い(感情)を変えることを教えてくださいました。

 水曜日にはプロゴルファーでドリームプロジェクトのメンバーである一ノ瀬 優希選手があいさつに来てくださいました。若き賞金女王候補として期待されながら、3年前のシーズンに負ったけがのためになかなか思うような成績が残せてこなかった一ノ瀬選手ですが、今年9月から新たなコーチのもとで調子が上向いているとのこと。来シーズンのLPGAツアー参加資格も無事取得し、希望を持って新年を迎えられそうだとのことでした。そんな彼女の一言がとても印象に残っています。「大変でしたが、けがをしなかったら出逢えなかった人たちもいますし、自分の成長のためには必要だったんだと思います」

 「人って素晴らしい」と思いませんか。ステーブ・ジョブズはスタンフォード大学の卒業式で学生を前にこう語りました。「人生には頭をレンガで殴られる時があります。しかし信念を失わないこと。わたしがここまで続けてくることができたのは、自分がやってきたことを大切にしているからに他なりません」

 今週は、大谷 由里子さんと一ノ瀬 優希選手という分野の異なるお二人の方から大切な原則を学ばせていただきました。お二人とも、笑顔がとっても素敵でした。
e0258787_1431399.jpg
e0258787_1431591.jpg

by ohkimakoto | 2017-12-15 14:50 | 2017年分
講演スケジュール 2018年1月~2018年2月
2018年1月~2018年2月(PDAファイル形式で表示されます)
by ohkimakoto | 2017-12-15 14:38 | 【講演スケジュール】
2017.12.08
 今年もいよいよカウントダウンに入りましたね。クリスマスや新年の準備に何かと慌ただしい毎日をお過ごしのことと思います。インフルエンザの流行もニュースに取り上げられるようになりました。ご家族ご一緒に明るく健康で希望に満ちた新年をお迎えになられるよう願っております。

 3日の日曜日、関西在住のリーダーのみなさまの強いご希望により、「黄木 信 特別講演会」を京都駅前のTKPガーデンシティ京都で開催させていただきました。快晴で紅葉真っ盛りの京都。しかも日曜日とあって、京都駅は観光客で東京の通勤ラッシュ並みの混雑でした。そのような中で120名の方が集い、その中の70名がわたしの話を初めて聞いてくださる方々でした。あいにく大きな部屋を確保することができず、メインの会場と中継会場の2部屋に分けての講演でしたが、リーダーの方々の計らいで、メインの会場に用意された席はすべて新しい方々に座っていただきました。その方々をご招待いただいたIPCのみなさまは部屋の後方で、2時間立ちっ放しで見守ってくださいました。

 新しい方お一人おひとりのお顔を見つめながら話を進めていきました。姿勢を正して真剣に話を聞こうとされるその様子から、しっかりと目的を持って来られたことが読み取れました。おそらく事前にある程度の説明を受けて参加してくださったのだと思います。おかげでとてもいい会になりました。後日、「会に参加してくださった方が登録してくれました!」との連絡を複数いただきました。これを達成できたのは、ひとえに地元のIPCのみなさまのご努力によるものです。心より感謝いたします。

 わたしは「黄木 信 講演会」を、モリンダの社長としての仕事の中で最も大切なものと位置づけていますが、みなさまのご支援により、今年も日本各地でモリンダのメッセージを語り続けることができました。2時間の講演に参加していただくだけでモリンダの全容をその価値と共にご理解いただける機会です。2018年の主要都市での講演スケジュールもすでに確定しています。

 「黄木 信 講演会」はリズムです。毎年一定間隔で開催されます。ぜひ地元で開催される講演会のスケジュールを確認し、まずはご自身が参加できるようにカレンダーに予定を記入していただきたいと思います。次に、どの会にどなたを、あるいは新しい方を何人招待するかを決めて、それもカレンダーに記入します。そして、目標となる講演会までの期間、予定した方々が実際に参加してくださるようにコミュニケーションの密度を高めていくのです。これを講演会ごとに繰り返すことにより、みなさまのモリンダ活動にはリズムと先取りの習慣が生まれ、講演会が孤立した「点」ではなく「線」でつながったものになることでしょう。そうなれば期待は高まりますし、達成感は倍増します。グループ全員で協力しながら取り組めば、活動も楽しくなりますね。

 今週お会いしたあるリーダーの方がこうおっしゃってくださいました。「わたしたちのグループのリーダーと話し合ったのですが、来年からはまずは社長の講演会にお誘いすることを中心に活動することにしました。そして次の段階として、講演会に参加してくださった方々の中でどなたを事業説明会や製品説明会にご招待するかを決めていく。そうすればもっと効果的にモリンダの信頼性や可能性をお伝えできるのではないかと思います」

 このリズムをぜひ2018年のみなさまの活動に取り入れていただくように願っています。
by ohkimakoto | 2017-12-08 14:50 | 2017年分
2017.12.01
 いよいよ12月ですね。2017年の締めくくりの月がやって来ました。強烈な寒波により北海道を始め北日本では悪天候が続いています。今年最後のこの月がみなさまにとって1年のまとめとして実りある月となり、新たな年をわくわくした気持ちでお迎えになられるように願っております。

 さて、わたしはこの10年間、モリンダのブランド価値についてのわたしの想いを、いろいろな場で繰り返しお伝えしてきました。それこそがわたしに期待されている最も大切な役割であると確信しているからです。

 わたしがモリンダ ジャパンの社長(当時はモリンダ インクの日本支社長)を拝命して間もなく、一つの運命的な出逢いがありました。当時アメリカ本社で副社長をしていたデヴィッド・ウォーレンです。ハーバードビジネススクールを出た優秀な人物で、モリンダのヨーロッパ市場を担当の後、本社に異動して副社長に昇格しました。互いに『7つの習慣』に傾倒していたことから急速に親しくなり、彼が日本を訪問する時には必ずスタッフへのビジネストレーニングを担当してもらうようになりました。日本でのビジネス経験があり、世界の中で日本が置かれている状況を熟知した彼の口から出る言葉は、すべて腑に落ちるものでした。

 彼はとりわけ、日本の経営責任者であるわたしの役割に大きな関心を寄せ、こう進言してくれました。「黄木さんは日本のトップとして、しなければならない大切なことがあります。それに専念してください。それ以外の、他の人でもできることは一つ残らず委任してください」

 彼のこの言葉があって今のわたしがあります。わたしは彼の進言に従い、一つのことに集中してきました。それは、「みなさまの心に、そしてみなさまの周りにおられるまだモリンダをご存じない無数の方々の心に、モリンダのミッション(モリンダの存在意義)とビジョン(モリンダが目指す姿)とパッション(情熱)をお届けすること」です。幸いにもモリンダ ジャパンには優秀なスタッフがいますので、残りの業務はすべて委任することができています。

 社長就任以来10年の歳月が流れ、今、まだ道半ばではありますが、この取り組みの結果が少しずつ出始めていると自負しています。巷では、「モリンダは違う」というコメントをよく聞くようになりましたし、他のネットワークビジネスの経験者の方々から、「望んでいたけれども無理だろうなと思っていた理想の姿がモリンダにはありました」というお褒めの言葉をいただいています。確かに「伝統と科学を重んじ、人を大切にする」という企業文化は、みなさまのご賛同とご協力があって、モリンダの真の価値を示す概念として広く浸透してきました。特に「人を大切にする」という部分はモリンダの真骨頂です。

 わたしたちはみな不完全ですが、それを謙虚に自覚しながらも高邁な志を持って互いに助け合う時に、大きな成果を期待することができます。作家の曽野 綾子さんは日本という国家の特質をこう書いています。「日本は多分、世界一の水準を保った日常性に恵まれるようになったのだ。……それを社会はここまでやってのけた。私たちの正直で勤勉な先輩と、賢い同世代人のおかげである。日本の最大の資産はこういう上質の同胞である。」(「小さな親切、大きなお世話」産経新聞2017年11月26日付 )

  不正や欺瞞が横行するネットワークビジネス業界にあって、わたしはモリンダの中に「上質の同胞」がますます増えて、共に「上質」な社会を築いていけることをうれしく思っています。「人を大切にする」とは人の可能性を最大化することであり、その可能性の中心には、能力のみならず人としての豊かな精神性や倫理観が存在すると信じているからです。
by ohkimakoto | 2017-12-01 14:50 | 2017年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2017年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
2017.12.15
at 2017-12-15 14:50
講演スケジュール 2018年..
at 2017-12-15 14:38
2017.12.08
at 2017-12-08 14:50
2017.12.01
at 2017-12-01 14:50
2017.11.24
at 2017-11-24 14:50
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧