心の琴線に触れる
 「黄木さんはよく泣きますね」と言われます。歳を重ねるにつれ、その傾向が強くなってきました。

 そして、TNI の仕事を始めてからは特に、その頻度を増しています。通訳の時に感極まって醜態をお見せすることもしばしばです。ジョン・ワズワースの体験やタヒチの人々のことが話題になると、自分でもどうしようもありません。

 男として恥ずかしいことですし、何とかコントロールしたいと思うのですが、どうにもなりません。

 「心の琴線に触れる」といいますが、人が本来持つ素晴らしさや可能性を目の当たりにしたときの心の震えを、先人はそう表現したのでしょう。

 そのようなビジネスにみなさまと一緒に携わらせていただけることを誇りに思います。
# by ohkimakoto | 2007-06-08 00:00 | モリンダ社を知る
像は大理石の中にある
 イタリアのフィレンツェにあるアカデミアという美術館に長女の家族と行きました。ミケランジェロのダビデ像を見るためです。でも、最も感動した作品は別にありました。同じミケランジェロの未完成の小さな彫刻作品です。

 驚いたことに、まるで浮き出ているかのように、1 つの面だけ完璧にできていて、残りの面にはノミが入っていません。

 「あなたはどうしてこんなに素晴らしい像を刻むことができるのですか」と問われたミケランジェロはこう言っています。

 「わたしは像を刻んでいるのではありません。像は大理石の中にすでにあるのです。わたしは、像の周りを覆っている余分な大理石を削り落としているだけなのです」

 わたしたちもプライドや見栄など余分なものをそぎ落としたとき、その人が最も輝く真の姿が見えてきます。

 そこには何にも負けない強さがあります。わたしはそう思います。
# by ohkimakoto | 2007-06-01 00:00 | 人格を高める
温故知新
 わたしは「温故知新」という言葉が好きです。

 「故ふるきを温たずねて新しきを知る」と読みます。過去の歴史や経験には学ぶべきことが多いので、ないがしろにすることなく学びの糧にしていこうという意味です。

 TNI は1996 年に創設された新しい会社ですが、そのルーツは古く、ポリネシアの人々の何千年という歴史にまでさかのぼります。

 その長い歴史を土台にしてノニを初めて世に送り出したわたしたちの使命は、TNI の心であるこのルーツを大切にし、人々にお伝えしていくことです。

 歴史は、学び、感謝し、未来への糧にするためにあります。まずはノニの恵みへの感謝の心を持ちましょう。

 そしてその感謝の心を、みなさまが大切に思っておられる方々に伝えてください。この活動の繰り返しが未来への糧になるのですから。
# by ohkimakoto | 2007-05-25 00:00 | モリンダ社を知る



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2017年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
2017.08.18
at 2017-08-18 17:00
2017.08.11
at 2017-08-11 17:00
講演スケジュール 2017年..
at 2017-08-08 10:07
2017.08.04
at 2017-08-04 17:00
2017.07.28
at 2017-07-28 17:00
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧