2017.04.28
 大型連休直前の金曜日をいかがお過ごしでしょうか。ちょうど今日はプレミアムフライデーですから、いつもとは違った時間の過ごし方を楽しんでいる方もおられるのではないでしょうか。新緑を背景に今を盛りと彩りを添えるツツジやハナミズキに心も弾みます。

 さて、最近のことですが、九州にお住まいのあるIPCの方から思いがけないプレゼントをいただきました。下駄作りの職人だったお父さまが最近亡くなられたのですが、そのお父さまが作り置きされたお品の中からわたしたち夫婦のために見繕ってくださったのです。恐縮するとともに、下駄を履いていた頃のことが思い出されて、懐かしい気持ちになりました。

 今では普段の生活の中で、和服を着る機会がない限り下駄を履くことはなくなりました。しかし昔は、下駄は日常の履物でした。子どもの頃、野山を駆け回るのも、野球に興じるのも下駄履きでした。時々鼻緒が切れて、布を裂いて紐を作り、すげ替えたものです。この下駄履きの習慣はかなり続いたと記憶しています。大学受験のために1年間通った地元の予備校の床が板張りで、事務のおじさんから「おーい、下駄やめろー」と注意されていた学生が何人もいましたから。

 子どもの頃の憧れは「デカンショ」と呼ばれる高下駄を履くことでした。デカンショという名の由来は諸説ありますが、兵庫県篠山市に古くから伝わる民謡であるデカンショ節を全国の学生が哲学者のデカルト、カント、ショーペンハウエルと掛けて歌うようになり、やがてその学生が履いていた高下駄のことをデカンショと呼ぶようになったというのが有力なようです。わたしの場合は小学校の高学年から履き始めたと記憶しています。なかなか慣れずに足首をひねることが何度もありました。でも、気分は最高でした。背が急に伸び始めた時でもあり、それに加えてデカンショを履くのですから、見える風景は別世界でした。

 「下駄を履かせる」という慣用句があるのをご存じですか。下駄の文化が衰退していく中でこの言葉もあまり理解されなくなってきているかもしれませんが、「数量や成績を水増しして良く見せる」という意味です。あまりいい脈絡では使われない言葉ですね。でも、まさに発展途上であった当時のわたしにとって、デカンショはいい意味でのステップアップのシンボルでした。

 その後の人生の中で、わたしは何度もデカンショを履く機会を得てきました。もちろん実際に履いたわけではありません。自分の能力や技量を超えたことにチャレンジする機会を与えられてきたということです。思い起こしてみるとどの時も、初めはデカンショを履いた時と同じように、道の窪みに足を取られて転んだり、バランスを崩して足をひねったり、はたまた歯の間に石が挟まって思うように歩けなかったりと、これで本当にやって行けるのだろうかと悩んだものです。しかし不思議なもので、時間が経つにつれて慣れてきて、デカンショが似合うようになってきました。決してデカンショが履きやすいものに変わったわけではありません。デカンショを履くわたしの能力や技量が、履き続けることによって少しずつ増していったのです。

 わたしはこれからも数々の新しいデカンショにチャレンジしたいと思っています。それがどんなデカンショであれ、履けば新しい世界が見えてきて、やがてはその世界が自分のものになるのですから。デカンショ、ご一緒にいかがですか。
# by ohkimakoto | 2017-04-28 17:00 | 2017年分
2017.04.21
 東京を皮切りに日本全国を縦断した桜前線もいよいよ東北から北海道に移ろうとしています。芽吹きの季節ですね。お元気でお過ごしでしょうか。

 今週は、山形に住む母の白寿の祝いで帰省しました。東北道を北上しながらあたりの風景に目をやると、山々が萌黄色に染まり始めているのがよく分かります。夏とは明らかに異なる薄緑色の、ところどころに桜色が入り混じる風景からは、季節の移り変わりを敏感に感じ取る木々の営みが見て取れます。山形はちょうど桜が満開でした。実家の裏手の川沿いの道は桜並木で、道の両側から横に伸びた枝が空を覆う様子は、文字通り桜のトンネルでした。

 さて、わたしがモリンダ ジャパンの舵取りを正式に拝命してから今月15日でちょうど10年の歳月が流れたことになります。通訳で顔なじみになってはいたものの、ネットワークビジネスの経験がまったくない人物の、しかも日本人の登用に不安を抱かれた方も多かったのではないかと想像しております。

そのような中で大きな支えとなったのは、みなさまのモリンダに対する確信と情熱でした。なぜなら、わたしも同じ確信と情熱を抱きながら、すべてを後に残してモリンダに加わることを決意したからです。正直申し上げて、初めの頃は解決しなければならない課題も多々ありました。でも、励ましてくださったのはIPCのリーダーのみなさまでした。「わたしたちも力を合わせてがんばりますから、一緒にがんばりましょう」との力強い言葉に、同じ日本人であるわたしを支えようとのみなさまの温かいお心が痛いほど伝わってきました。

あれから10年。おかげさまで現在もわたしはこうしてみなさまとともに最前線でモリンダのために働かせていただいております。至らないことは多々ありますが、モリンダへの確信と情熱は変わらないどころか増すばかりです。これからの生涯、体力が続く限り全力で、モリンダの素晴らしさをたくさんの方々にお伝えしていきたいと思っています。わたしにとって、また妻にとっても、それがわたしたちの最大の幸せであると感じているからです。

わたしの心は今、これまでのモリンダへの感謝の想いで満たされています。まずは、ノニを天からの贈り物と信じて、大切な人々の幸せのために数千年にわたって受け継いできてくれた南太平洋の人々。また、そのノニを製品化して世界中の人々の幸せのために届けようと事業化に着手したモリンダの創設者たち。そして、これまでの20年間のモリンダの成長を陰で忠実に支え続けてくれた多くのスタッフ。

しかし最大の感謝は、敬愛するみなさまお一人おひとりへの感謝です。モリンダへの確信と情熱を胸に製品を愛用し、日々モリンダの素晴らしさを伝えてくださるみなさまがいらっしゃらなかったら、今のモリンダは存在しなかったことでしょう。それはこれからも同じです。今のモリンダがあるのはこうしたすべての方々の貢献があったからです。決してたった一人の人の業績ではありませんし、誰一人欠けてもモリンダは存在しないのです。わたしもスタッフの一人としてこの偉大な事業に参画できていることを栄誉に思っています。

モリンダはこうした方々への感謝の想いをしっかりと心に刻みながら、万人の課題である「健康」と「見た目の良さ」と「経済的自由」へのさらなる優れた解決策を求めて進化の道を歩んでいきます。そして、感謝からスタートするこの姿勢が、モリンダの価値を高めると確信しています。
# by ohkimakoto | 2017-04-21 17:00 | 2017年分
2017.04.14
 先週、長女が家族全員で嫁ぎ先のアメリカから帰省しました。10日余りの滞在でしたが、春爛漫の日本を満喫して帰りました。

 帰国の日、長女がどうしても行きたいということで妻と一緒に訪れた場所がありました。子どもたちがまだ小さかった頃に住んでいた団地とその当時通っていた小学校です。あれから30余年の歳月が流れました。そうした時間の隔たりをよそに団地と学校のたたずまいは昔と同じで、訪れた娘は小学校から中学校にかけての懐かしい出来事を思い出したようでした。

 しかし、団地や学校の昔と変わらない光景の中で、強烈に時の流れの確実さを感じさせるものがありました。それは、団地の脇を流れる川に覆いかぶさるように両岸から枝を広げる桜並木です。わたしたちが住んでいた頃はまだ丈の低い若木で、あまり存在感がありませんでした。それが大きく成長して川面を覆うように枝を広げ、今では町田市の桜の名所に数えられるまでになりました。満開を迎えて大勢の人々が集まり、川沿いのフェンスから身を乗り出しながら見事な枝ぶりを愛でています。

 今週、フィギュアスケートの浅田 真央 選手が引退を表明しました。メディアは急遽特別番組を組むなどしてこのニュースを大々的に報道し、翌日の記者会見には今までにない数の報道陣が集まったようです。まさに国民的アイドルの引退記者会見でした。わたしたち夫婦もフィギュアスケート ファンで、浅田選手がどんなことを語るのか関心がありました。5歳から26歳までの21年間のスケート人生をどんな気持ちで送ったのか、そして、これからの浅田選手の新たな夢は何なのか。

 期待どおりでした。そこには何も飾らない、そのままの姿の浅田選手がいました。報道陣の質問に丁寧に、真剣に、自分の想いを何一つ飾ることなく語る言葉の一つひとつからは、浅田選手の純粋で誠実な人柄が感じられ、思わず涙がこぼれました。記者会見の場も温かな雰囲気に包まれ、これまでの努力と業績への感謝と新たな旅立ちが実りあるものとなるようにとの願いにあふれたものになったようです。確かに浅田選手は、母親やコーチとともに5歳の頃から大切にしてきたスケート選手としての桜の木を見事な大木にまで育て上げました。そして今、その桜の木は、日本はおろか世界中のフィギュアスケート ファンや選手たちの心の中に満開の花を咲かせているのです。ファンの1人として、これまでの彼女の21年間の努力に感謝するとともに、これからの20年がまた素晴らしいものとなるように願っています。

モリンダも同じように21年間、伝統と科学を重んじ、人を大切にしながら世界中の人々の幸せのために貢献しようと日々誠実に努力してきました。事実、モリンダのタヒチアンノニ ジュースは、数多くのコピー製品が出回る中で、21年を経過した今日でもノニを用いた飲料の中で最も多く愛用されています。そのモリンダがいよいよ来月、新たなブランドファミリーを正式導入します。他社には決して模倣できないノニ種子エキス配合のトータルケアブランド「テマナ」です。すでに先行販売を通じてお試しくださっている方々からは数え切れないほどの反響が各セールスオフィスやカスタマーサービスに寄せられています。常に最先端の科学とテクノロジーを真摯に追求し、製品開発のために再投資を行ってきたモリンダの、新たな20年の夢の幕開けです。ご期待ください。
# by ohkimakoto | 2017-04-14 17:00 | 2017年分
講演スケジュール 2017年5月~2017年6月
2017年5月~2017年6月(PDAファイル形式で表示されます)
# by ohkimakoto | 2017-04-11 17:41 | 【講演スケジュール】
2017.04.07
 関東はいよいよ春爛漫の季節を迎えています。桜前線も北上のスピードを上げていますね。新年度が始まり、わくわくした気持ちで新たな目標に取り組んでおられる方も多いのではないでしょうか。テマナ ノニ ブライトニングのサンプルプログラムも始まりました。ここからがモリンダの新たな20年に向けてのスタートですね。

 さて、モリンダの社長の仕事を引き受ける前の12年間、わたしは人財育成のコンサルティングの仕事をしていました。企業から依頼を受けて社員と会い、彼らが成長して企業の業績向上のためにさらに貢献できるように、いろいろなトレーニングを行っていました。日々異なった企業に出向いて異なった企業文化に接し、その文化の影響下で働くしかも初対面の人々が相手ですから、そのような人々とのたった1日や2日の接触でやる気を起こしてもらうのは並大抵なことではありませんでした。

 そうした中で、うれしいこともたくさんありました。研修で提示されるビジネス原則を謙虚な態度で熱心に学び、それを仕事や私生活に積極的に応用して結果を出してくれる方が大勢いたことです。人事の担当者から報告をいただくたびに自分が取り組んできたことが間違っていなかったことを確信し、「またがんばろう」という気持ちになったものです。

 先日の2017 ジャパン ビジネスサミットで、モリンダ ユニバーシティーの構想が最高マーケティング責任者のケリー・オルセンから発表されました。それを聞いて最もわくわくしているのはわたし自身ではないかと思います。モリンダ ジャパンの経営を任されてから10年間、「伝統」と「科学」に加えてわたしが最も力を入れてきた「人を大切にする」という部分がグローバル プログラムとして正式に導入されることとなったのですから。しかもケリー・オルセンは、「今後のモリンダを考える時、モリンダ ユニバーシティーほど重要なものはない」とまで語っています。

 詳細は後日発表されますが、まずは毎年2回(6月と10月)開催の、集合型のトレーニングプログラムからスタートします。アジア地域のIPCのみなさまが一堂に会するこのトレーニングは大きく基礎トレーニングと上級トレーニングに分かれていて、それぞれに参加条件が設けられます。上級トレーニングに参加するには基礎トレーニングを終えていることが必須条件です。費用はすべてモリンダの負担となりますから、モリンダが提示する戦略を学んでビジネスに取り入れることを希望する方々にぜひご活用いただきたいと思っております。

 モリンダのミッションは、誰もが願う「健康」と「見た目の良さ」と「経済的自由」を実現するお手伝いをすることです。今や「伝統」と「科学」に裏打ちされたモリンダ製品のブランド価値は、愛用される多くの方々が証明してくださっています。モリンダ ユニバーシティーが目指すのは、IPCのみなさまに製品からビジネスまでモリンダのミッションや戦略のすべてを深く理解していただくとともに、まずはご自身の生活に取り入れることによって結果を出し、モリンダ ブランドの代弁者(アドボケート)になっていただくことです。中でも、「経済的自由」の達成は最も重視している部分です。モリンダ ユニバーシティーを通してこの課題を達成する方が一人でも増えれば、モリンダというブランドはますます強力なものになることでしょう。今からとても楽しみです。 
# by ohkimakoto | 2017-04-07 17:00 | 2017年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2017年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
2017.06.23
at 2017-06-23 17:00
2017.6.16
at 2017-06-16 17:00
講演スケジュール 2017年..
at 2017-06-09 18:13
2017.06.09
at 2017-06-09 17:00
2017.06.02
at 2017-06-02 17:45
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧