2017.03.03
 今日はひな祭り。わたしの育った山形の家にも古びた一対のひな人形が残っていて、毎年今頃になると祖母が押入れの箱の中から取り出して茶の間に飾っていました。わたしはてっきり姉のために母親が手に入れたものと思っていましたが、それにしてはとても古いものだったので、もしかしたら昔から我が家にあったものかもしれません。雪国に住む人々にとって、ひな祭りは長い冬の終わりを告げる風物詩です。この頃を境に水が緩み、春が訪れます。

 あるIPCの方が梅の枝を描いたはがきに小林 一茶の句を書いて送ってくださいました。

 「わが春も 上々吉よ 梅の花」

(「梅の花が咲いている。わたしの暮らしにもまずまずの春が訪れるだろう」の意)

 メッセージを一茶の句に託そうとされたその方のお心がとてもうれしく、元気をいただきました。

 さて、3万6千人のランナーが参加した2月26日の東京マラソン。みなさまからのご声援のお蔭をもちまして、夫婦で制限時間内に完走することができました。心より感謝いたします。これで妻は4年連続、わたしも3年連続のフルマラソン完走となります。周囲を走るランナーの多くが息子や娘の年代の人たちです。この歳になって6時間走り続ける体力と気力に恵まれたことは本当に幸せなことだと思っています。もちろんモリンダ製品、特に給水ポイントごとに飲むプロテインプラスは大きな助けになりましたし、事前にスポーツトレーナーの方々から受けた専門的なアドバイスも大きな力を発揮しました。また、当日履いたシューズは、モリンダ ジャパンのエグゼクティブチームがプレゼントしてくれたものです。さらにありがたいことに、最も苦しい38キロ地点で、高校時代の同級生で今もウルトラマラソンをやっている親友が、奥さまと一緒にサポートをしてくれました。うれしい限りです。

 今年は妻もわたしも多忙を極めていて、体作りやトレーニングをする時間がなかなか取れず、不本意な中での参加でした。そういう意味ではとても心残りです。そこで、タイムはまったく気にしていないものの最後まで楽しんで走れる理想のマラソンを実現できるように、2018年以降も続けてチャレンジすることといたしました。またご心配をおかけすることになりますが、これがわたしたち夫婦のモリンダライフですので、どうぞよろしくお願いいたします。

 マラソンでも山登りでもそうですが、ゴールへの道は一歩一歩の積み重ねです。最初は気の遠くなるような取り組みに思えますが、小さな一歩が確実にゴールにつながります。モリンダも同じですね。

 わたしの願いは、モリンダ ファミリーのすべての方々に、「健康」と「見た目の良さ」と「経済的自由」というゴールに到達していただくことです。そのためのツールをモリンダは用意しています。まずはブランドです。モリンダは20年を超える歴史の中で、伝統と科学と人を通してその価値を着実に高めてきました。次に製品です。タヒチアンノニ ジュースでスタートしたモリンダは、継続的な研究の結果として複数の製品ブランドを確立し、人々のさまざまなニーズに応えようとしています。そして報酬プランです。CV(コミッション相当額)53パーセントの実質還元率は、IPCのみなさまを本気でパートナーと考えるモリンダの姿勢の表れです。

 スタートがどこであろうと、スピードがどうあろうと、歩み続ければ必ずゴールに到達できます。まずはご自身の「健康」と「見た目の良さ」と「経済的自由」のゴールを設定しましょう。そして、お仲間のみなさまと励まし合いながら、今の地点からゴールまでの道のりを一歩一歩進もうではありませんか。
e0258787_1046493.jpg

e0258787_10471161.jpg
e0258787_10472683.jpg
e0258787_10474152.jpg

# by ohkimakoto | 2017-03-03 17:00 | 2017年分
2017.02.24

 モリンダが日本に紹介されてから早いもので18年になります。わたしは恵まれてプレオープンの時から通訳兼コンサルタントとして、また2007年からは日本支社長としてモリンダと歩みをともにしてきました。そして昨年は本社であるモリンダインクの副社長という役割もいただき、モリンダの発展をグローバルな視点から見守る責任も与えられました。

 振り返ってみますと、この18年間は世間のネットワークビジネスに対する負のイメージとの戦いだったとしみじみ思います。日本という伝統にあふれる、人の心やつながりを大切にする思いやりの文化の中で、ネットワークビジネスの流通形態が悪用され、その結果として多くの人々が被害に遭い、ネットワークビジネス業界全体が社会から否定的な評価を受けることになりました。そうした負のイメージとの戦いです。

 10年前にモリンダを引き受けることになったわたしの決意は、「モリンダは違う」という事実を世の中の人々に理解していただくことにより、わたしたちの事業を一般企業と肩を並べる水準にまで引き上げることでした。そのためには、モリンダが持つ固有の価値を内外に発信する必要があると考えました。「伝統と科学を重んじ人を大切にする」という企業文化の発信です。

 モリンダは企業として、ひたむきなまでに伝統を守ると同時に、最先端の科学や技術を導入することに力を入れてきました。その結果として、わたしたちのノニの故郷であるフレンチポリネシア(タヒチ)との経済・文化・人の交流は、一企業が行うそれをはるかに超えたビジネスモデルとなっており、今後ますます発展を遂げていくことでしょう。

 わたしには夢があります。モリンダの事業にパートナーとして参画してくださっているノニ収穫者の家族の子どもたちの中から、モリンダが存在しなければ受けることができなかった高等教育を受けて国の独立のために働く人々が出てくることです。以前カリブ海のクルーズに参加した時に、タヒチ政府の運輸大臣夫妻と同じテーブルで食事をする機会がありました。その時の運輸大臣の言葉を忘れることができません。「わたしはある日本の方の援助を受けて大学を卒業することができました。毎月、お金を送ってくださったのです。この方のお蔭で大学を卒業し、今、国のために働いています。どう感謝していいか分かりません」

 黒真珠と観光の島であったタヒチが、モリンダの事業を通して最高品質のノニを世界中の人々にお届けする島になりました。ノニが農業輸出品目のトップに躍り出るとタヒチの経済はうるおい、モリンダのためにビジネスパートナーとして働いてくださる人々の生活は豊かになっていきました。そして、それまで教育の機会がなかった子どもたちにも高校や大学に行く機会が与えられるようになったのです。

 文化は英語でculture(カルチャー)と言い、「養い育てる」という意味があります。モリンダは20年以上にわたって「伝統と科学を重んじ人を大切にする」文化を築きながら、類いまれな価値を養い育ててきました。これからの20年は、モリンダのこの文化が、志を共有してくださる方々の心の中に、他では決して得られない価値を育んでいくことになるでしょう。その主役はみなさま、そしてわたしたちです。 


# by ohkimakoto | 2017-02-24 17:00 | 2017年分
2017.02.17
 フェイシャルケアを中心としたトータルケアの国産高級ブランド、テマナがLTO(期間・数量 限定販売)にご参加いただいたみなさまのもとに届いていることと思います。使い心地はいかがでしょうか。先日行われた東京の月例ミーティングで、一人のIPCの方から声をかけられました。「社長、分かります?」

 この「分かります?」という言葉がモリンダではこれからたくさん聞かれるようになるのではないでしょうか。ご自分で使用感を確かめながらユニークな方法で製品の良さを広めようとしてくださっている方々が大勢いらっしゃいます。みなさまのモリンダ愛に心から感謝いたします。

 健康と経済はわたしたちの幸せの基盤ですが、みなさまご存じのように健康は体の内と外に分かれますね。モリンダは内なる健康に寄与する、他に類を見ない伝統の植物に出逢うことができました。それを最新の科学の力を借りて製品化することにより、多くの人々に若々しくはつらつとした生活をお届けしてきました。

 そしてこのたび、同じ植物から外からの健康、つまり見た目の良さに寄与する成分を特定したモリンダが、満を持してお届けしようとしているのがテマナです。世代を超えて人々の願いに応える製品、またブランドチェンジという余分な出費を生じない方法でお試しいただける製品として、お気軽にご紹介いただけるのではないでしょうか。

 見た目の良さは自信につながり、ポジティブではつらつとした人生をもたらします。人生に対する考え方や姿勢は人々の行動を変えます。スコットランドの作家サミュエル・スマイルズの有名な詩にこうあります。

「想いの種をまいて 行動を刈り取り

行動の種をまいて 習慣を刈り取る

習慣の種をまいて 人格を刈り取り

人格の種をまいて 人生を刈り取る」

 先週はうれしいことがいくつか続きました。一つは、ダイヤモンドパールエリートのスミス奈津美さんたちが中心になってモリンダ ビルディングで定期的に開催してくださっている「子育てママのティーパーティー」の様子を写真で知らせていただいたことです(写真参照)。この活動はこの4月で5年になりますが、小さなお子さまをお持ちのママさんたちが気軽に交流を深め、モリンダについて学べる格好の場として定着してきました。育児でお忙しい中励まし合いながら、内から外からの自分磨きに楽しく取り組んでくださっています。みなさまのご努力に感謝するとともに、これからもたくさんの方々に心地良い居場所を提供してくださることを願っています。

 もう一つは、12日の日曜日にモリンダが個人スポンサーとして製品を提供しているフットサル界のレジェンド、甲斐 修侍選手(ペスカドーラ町田、44歳)の現役引退という歴史的な日に立ち会えたことです。ペスカドーラ町田にとってもプレーオフ進出がかかった大事な試合でした。結果は見事5対2でペスカドーラ町田の勝利。甲斐選手の引退に花を添える形となりました。試合後にお会いした甲斐選手からは、「モリンダさんのおかげでこんなに長くプレーができました」とおっしゃっていただきました(写真参照)。今後はペスカドーラ町田の代表として、またフットサル界のレジェンドとしての新たな活躍が期待されますが、そこには彼の現役生活を支えたモリンダ製品の存在がいつまでも語られることでしょう。

 20年を超える時の流れの試金石を乗り越えながらこれからも世界に貢献し続けるモリンダ。その一員であることを誇りに思います。
e0258787_17321769.jpg
e0258787_17331337.jpg
# by ohkimakoto | 2017-02-17 17:00 | 2017年分
講演スケジュール 2017年3月~2017年4月
2017年3月~2017年4月(PDAファイル形式で表示されます)
# by ohkimakoto | 2017-02-17 15:29 | 【講演スケジュール】
2017.02.10
 立春も過ぎ、各地から梅の便りが聞かれるようになってきました。北国のみなさまにとってはまだまだ辛抱の日々が続きます。お元気でお過ごしでしょうか。

 先日山形で独り暮らしをしている母のもとを訪れました。以前にもご紹介しましたが、この4月で100歳を迎える母は、姉やわたしたちからの度重なる同居の申し出を断り続け、介護保険制度を利用しながらわたしが生まれた家で独り暮らしを続けています。いたって健康で、特にノニ酵素が気に入っているようです。美容院へも毎月通い、紅も毎日差しているとか。週3回訪れるヘルパーさんに買い物や掃除は援助してもらってはいるものの、かんたんな調理と洗濯などは自分でやっています。「100歳には見えないよね」と言われることに喜びを感じているようです。

 2017年は、団塊の世代のピークに当たる昭和22年生まれが70代に突入する年です。わたしもそのうちの一人です。いよいよ超高齢化社会が現実になろうとしていますね。国は少子高齢化対策や消費税の増税など、何年も前から対策を打ってきてはいますが、合計特殊出生率(1人の女性が一生の間に産む子どもの平均数)も、2015年はわずかながら伸びが見られたものの、少子高齢化の大きなうねりをコントロールするには至っていないように思えます。

 モリンダは20年にわたる事業活動の中で、ノニという伝統の植物とその科学的な裏付けの双方を重んじることによりこの問題の核心に迫る努力を重ねてきました。初めはタヒチアンノニ ジュースという圧倒的なブランド力を持つ製品の助けを得て、モリンダは大きな成長を遂げました。しかし、最新の科学への再投資を続けてきた結果分かったことは、モリンダのもともとの存在理由はタヒチアンノニ ジュースという製品を提供することにとどまらず、製品を活用することにより人々の持つ共通の願いを実現することにあったという事実です。

 考えてみますと、ノニが南太平洋の人々に数千年もの間受け継がれてきたのは、世代を超えてノニが人々の生活(健康)に役立てられてきたからにほかなりません。ノニに特別な力がなければ、これほど長い間珍重されることはなかったはずです。モリンダはその力の源が何かを科学的に明らかにすることにより、いつまでも若々しく生き生きとした生活をするためのさらなる製品の開発へと進化を遂げてきたのです。

 現代に目を転じてみると、わたしたちの共通の願いの一つがいつまでも若々しく生き生きとした生活を送ることであることには異論のないところでしょう。誰もが「健康」と「見た目の良さ」と「経済的自由」を手に入れることにより、充実した生活を実現したいと願っています。モリンダは、人生のなるべく早い段階からこの共通の願いに取り組むことこそが人々がいつまでも若々しく生き生きとした生活を送る最善の方法であり、超高齢化社会への有効な手立てであると確信しています。

 モリンダについてお話をしていただく時は、できればモリンダのこの存在理由の部分を忘れずにお伝えいただけないでしょうか。これこそがモリンダの推進力であり、多くのみなさまに共感していただけるモリンダの強さの源なのですから。
# by ohkimakoto | 2017-02-10 17:00 | 2017年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2017年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
2017.06.23
at 2017-06-23 17:00
2017.6.16
at 2017-06-16 17:00
講演スケジュール 2017年..
at 2017-06-09 18:13
2017.06.09
at 2017-06-09 17:00
2017.06.02
at 2017-06-02 17:45
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧