タグ:ケアリー・エイシー ( 4 ) タグの人気記事
2017.05.19
 歴史と文化と自然がいっぱいに詰まったブダペストからニュルンベルグまでのリバークルーズの旅も今日が最終日。ご参加いただいているリーダーの方々の感動の体験がもうすでにみなさまのもとにも伝えられていることと思います。

 今回のクルーズには、モリンダ ホールディングス インク CEO(最高経営責任者)でありモリンダ インク社長のケアリー・エイシー夫妻が参加しました。エイシーCEOはオープニングのミーティングで第2次世界大戦時のドイツの大型不沈戦艦ビスマルクの逸話を引用しました。ビスマルクはドイツの科学力や知識の集大成として1940年8月に任務に就いた無敵戦艦でした。それが、翌1941年5月27日に沈没します。ドイツ海軍にとっては大きな衝撃でした。

 エイシーCEOはこの史実を紹介しながら、沈没の原因となった出来事をこう語りました。

「イギリスの第二小隊指揮官機が放った魚雷がビスマルクの舵の付近に命中したのです。操舵不能の状態に陥ったビスマルクは、その場で旋回運動を続けるだけで、思った方向に進むことができなくなりました。それまでどんな攻撃をも跳ね返してきたビスマルクも、舵を失うことによって次第に魚雷や大砲の攻撃をまともに受けるようになり、戦闘開始後約2時間が経過した10時39分、ついに沈没しました。

 この歴史的事実から学ぶことができるのは、舵、すなわち進むべき方向を明確に定めるものの存在の重要性です。例え ビスマルクのような戦艦でも、舵が破損したら持てる力を発揮することはできないのです。その舵が、モリンダにはあることをうれしく思います」

 想いを込めてそう語るケアリー・エイシーの話を聞きながら、1998年に初めて彼の話を通訳した時のことを思い出しました。「あの時のケアリー・エイシーが今、再びここに立った!」

あの時から20余年、モリンダは強力な舵によって正しい航路を進んできました。その舵とは、「伝統」と「科学」を重んじ「人」を大切にする企業文化を基に、万人が求める「健康」と「見た目の良さ」と「経済的自由」の実現に誠実に寄与しようとする志です。ケアリー・エイシーの言葉を通してその志が再び語られたのです。

月曜日にデュルンシュタインという人口わずか900人あまりの小さな村を訪れました。丘の上に建つクエリンガー城には800年以上前の十字軍の時代のロマンが逸話として語り継がれています。十字軍の遠征からの帰路、冬の間は荒れて危険なジブラルタル海峡を避けて陸路を取らなければならなかったイギリスのリチャード1世が、敵対関係にあったオーストリア公レオポルド5世に捕らえられ、クエリンガー城に幽閉されます。その囚われの王を奇跡的に発見したのが王の家臣であった騎士のブロンデルでした。王を探すために吟遊詩人に身をやつしたブロンデルは、デュルンシュタインの村で王が好きだった歌の第1節を歌います。すると城の中から第2節を歌う王の声が聞こえてきたのです。

22日はいよいよテマナ ノニ ブライトニングの正式販売開始です。わたしもモリンダの舵を取るケアリー・エイシーやケリー・オルセンとともに、そして同じ志を持つIPCのみなさまと力を合わせながら同じ歌を口ずさみ、輝かしい未来に目を向けたいと願っています。そして、このモリンダ号をこれからも決して脇にそれることなくまっすぐに前進させるために、誠実に、自分にできることをすべて行いたいと思っています。世界中にモリンダ旋風が起こるのを今から楽しみにしています。
by ohkimakoto | 2017-05-19 17:00 | 2017年分
2016.03.25
 全国で桜の開花が報じられていますが、今週後半は寒の戻りで、お花見ができるまでには少々時間が必要なようです。でもわたしは、どちらかと言えば満開前の赤いつぼみがたくさんついた頃の桜が好きです。

 子どもの頃を過ごした生家の近所に桜の名所があって、つぼみが膨らみ始めると神社の参道沿いに電線が張られ、夜桜見物用の無数の雪洞(ぼんぼり)が立てられます。そして花がほころび始めると、道に沿って夜店が並び、花見客を待ち受けます。

 毎年繰り返されるこうした光景が今でも懐かしく思い出されます。四季の折々の変化に導かれるようにリズムを刻む生活。自然に恵まれた日本という国の真の豊かさを実感する瞬間です。

 さて、「2016 ジャパン ビジネスサミット」から1週間が過ぎました。参加されたIPCのみなさまからサミットの様子や学ばれたことをお聞きになっておられる頃ではないでしょうか。今回、モリンダ インクの社長の立場で久しぶりに来日したケアリー・エイシーからわたし宛てにメールが届きましたので、その一部をみなさまにご紹介いたします。

 「わたしの心は日本という国の偉大な方々への愛と尊敬の念で満ちあふれています。スタッフを含むすべてのみなさまにくれぐれもよろしくお伝えください。日本のみなさまはわたしの心の支えです。みなさまのおかげで今回のイベントもスムーズに開催することができましたし、たくさんのみなさまと握手をし、言葉を交わし、写真を撮ることができました。幸せでした。

 会の終わりに天井からゆっくりと舞い降りてきた小さなウィングハートのメッセージカード。あれは圧巻でしたね。これまで見てきた数多くのエンディングの中でも最高に素敵なものでした。無数のカードが円を描きながら、音もなくゆっくりと、ゆっくりと舞い降りてきました。その様子を舞台袖で眺めていたわたしの心には、空に浮かぶものに憧れを抱いていた少年時代がよみがえってきました」

 今回のサミットでの2度のメッセージからもそうですが、このような言葉からもケアリー・エイシー社長の人となりが伝わってきますね。経営者としての確かな能力は疑いのないところですが、同時に少年のような純粋な心を兼ね備えた、モリンダの事業をけん引するにふさわしい人物であることを改めて感じています。このような彼であったからこそ、ジョン・ワズワースとスティーブン・ストーリーからノニの話を聞いた時に、これこそが4年間待ち続けた自分が取り組むべき価値のある事業だと確信できたのでしょう。論理的な妥当性だけでなく、強く心に感じる何かがあったに違いありません。

 日本の文化ではこのような聡明さと温かな心を「智」と「情」という言葉で表現します。わたしはモリンダの特長として科学と伝統の併存を強調させていただいていますが、最先端の科学技術を製品やシステムに取り入れようとする姿勢は「智」をもたらし、数千年に及ぶノニの歴史やフレンチポリネシアの文化、また人々との絆に代表される伝統はわたしたちの取り組む事業に「情」をもたらします。

 「智」と「情」の併存はあらゆる人々を引き寄せる「志」の必須条件です。これが見事に整ったモリンダという企業でみなさまと一緒に日々活動できることに幸せを感じています。モリンダのメッセージを「智」と「情」の両方でお伝えできればと思います。
by ohkimakoto | 2016-03-25 00:00 | 2016年分
2016.03.18
 去る3月15、16の両日、モリンダ ホールディングス インクCEO(最高経営責任者) 兼 モリンダ インク社長のケアリー・エイシー、モリンダ インクCMO(最高マーケティング責任者)のケリー・オルセン、そしてモリンダ インク セールス担当副社長のショーン・ホイットニーを迎えての「2016 ジャパン ビジネスサミット」が、舞浜のアンフィシアターで開催されました。

 わたしが楽しみにしていたことの一つは、新たにモリンダ インクの社長を兼任することとなったケアリー・エイシーとの再会でした。彼と初めて会ったのは1998年11月のプレオープンのミーティングで、その時は新たに市場に参入したモリンダというネットワークビジネス企業を率いるリーダーとして来日していました。幼少期をオクラホマで過ごした彼は、近所の男の子たちを率いて悪さをするかなりの腕白少年だったようです。スポーツは万能。野球、バスケットボール、アメリカンフットボールを得意としていました。

 ケアリー・エイシーの初めての通訳は、わたしの予想を覆す感動的なものとなりました。それまでに関わった他社の役員のそれとはまったく異なり、自身を含む複数の人々のノニに関するストーリーが日本で最初のスピーチでした。中でもジョン・ワズワースとスティーブン・ストーリーからノニの話を初めて聞いた時の「心臓をわしづかみされるような感動を覚えた」ストーリーは、出席した大勢の人々の心に強烈な印象を残しました。

 彼と兄のキム・エイシーは資本提供をする事業を探していました。誘いはたくさんありました。でも、彼らが探していたのは、「世界のために何かいいことをさせていただく(Do something good for the world)」といった価値のある事業でした。約4年の空白の歳月を経て、彼らはノニとの運命の出逢いを果たします。

 久しぶりに会ったケアリー・エイシーは昔とまったく変わりませんでした。日本支社がオープンした頃のスピーチでわたしが通訳をしたことをよく覚えてくれていました。2人でたくさんのことを話しました。モリンダの事業に関することはもちろん、互いの家族のことやアメリカの政治のことまで。その語らいの一つひとつから、彼のモリンダへの愛と、モリンダに関わるすべての人々への感謝の想いを感じ取ることができました。

 ステージで彼の最後のスピーチの通訳をしながら、わたしは込み上げてくる想いをこらえることができませんでした。そうです。わたしたちは今、気の遠くなるような年月を通して築き上げられてきたノニという奇跡の果実の伝統とそれを裏付ける最先端の科学、そして「ノニの恵みを世界中のすべての人々の幸せのために届ける」という強烈な使命感に突き動かされながら、この事業に携わっているのです。そこには一点の曇りもありません。

 そして今回のビジネスサミットでは、その使命を最も効果的に達成する方法が具体的に示されました。ネットワークビジネスに携わる人が共通して抱える課題を克服する画期的な方法です。まずはわたしたちスタッフがみなさまと同じ条件で試してみて、一定の成果を得ることができました。ですから、自信を持っておすすめすることができます。ぜひともすべてのみなさまに試していただければと思います。

 モリンダのような企業でみなさまと共に働けることを誇りに思います。みなさまの成功がモリンダの成功です。お一人でも多くのみなさまが豊かなモリンダライフを実現していただくことを願っています。
by ohkimakoto | 2016-03-18 13:27 | 2016年分
2016.01.22
 寒波が列島全体に大きな影響を及ぼしています。みなさまの地域ではいかがでしょうか。グローバル・リーダーシップ・サミットから帰国した日の朝が大雪で、関東では交通機関に大きな乱れが出ました。空港から出るとさすがに風が冷たく、ラグナビーチのあの柔らかな日差しが懐かしく思い出されました。
 参加された14組のみなさまは新たな決意を胸にもうすでに活動を開始していただいていることでしょう。機会を捉えてお一人おひとりからぜひお話を伺っていただければと思います。何を学び、何を感じ、何を決意されたのか。特に2016年のモリンダに何を期待しておられるのかです。
 3月には舞浜のアンフィシアターを会場にジャパン ビジネスサミットが開催されます。たくさんのみなさまとまたお会いできるのを楽しみにしております。今朝ほど素晴らしいニュースが飛び込んできました。このサミットへのケリー・オルセン最高マーケティング責任者、ショーン・ホイットニー グローバルセールス担当副社長の参加は決まっているのですが、新たにモリンダ ホールディングスCEO兼モリンダ インク社長のケアリー・エイシーが参加を検討しているということです。(今回から表記を「ケアリー」にしています。この方がより英語の“r”の発音に近いので、ケリー・オルセンの“l”の発音と区別することができます。印刷物なども順次「ケアリー」に変更していきますのでご理解をお願いいたします)
 日本訪問が実現すれば、ケアリーはサミットに参加された全員と握手をし、あいさつを交わし、感謝の気持ちを伝えることでしょう。そして、たくさんのみなさまと一緒に写真に収まることでしょう。また、製品やプログラムに関してはケリー・オルセンやショーン・ホイットニー、地元のスタッフに任せて、モリンダという企業が何を大切にしているかを、今後のビジョンとともに話すことでしょう。ケアリー・エイシーとはそういう人物です。
 ケアリーと初めて会った時のことを思い出します。わたしは通訳でした。事前に原稿が提供されることはありません。ステージに立って、初めて聞く話に耳を傾けながら頭の中で日本語に組み立てていくのです。しかし、不思議とうまくいきました。話の展開が予測できるだけでなく、それに伴って醸し出されていく想いが共感できるのです。これはモリンダのファウンダー全員に共通して言えることです。価値観が同じなのでしょう。ケアリーを始めとする5人のファウンダーとのそうしたかけがえのない心の交流があって、わたしはモリンダが特別な企業であることを体感するようになっていきました。
 あれから17年の歳月が流れ、その間、数々の人々、プログラム、製品、戦略、イベント、キャンペーンがわたしたちの人生を彩ってきました。特に、才能豊かな尊敬すべき人々との交流は、わたしの人生を豊かなものにしてくれました。
 そのような中で決して変わることのなかったもの、モリンダの根底を支え続けてきた基盤となるものを挙げるとすれば、それは「世界のために何かいいことをさせていただく(Do something good for the world)」という志です。2012年から展開されているTrūAge戦略も、この志の上に築かれているのです。
 ぜひ今回のジャパン ビジネスサミットで、モリンダへの想いとビジョンと志を、そしてその堅固な基盤の上に築かれた今後20年間のモリンダの戦略を聞いていただき、今後のご自身のモリンダ ライフへの指針としていただければと思います。
by ohkimakoto | 2016-01-22 10:19 | 2016年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2017年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
2017.06.23
at 2017-06-23 17:00
2017.6.16
at 2017-06-16 17:00
講演スケジュール 2017年..
at 2017-06-09 18:13
2017.06.09
at 2017-06-09 17:00
2017.06.02
at 2017-06-02 17:45
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧