タグ:ジャパン ビジネスサミット ( 3 ) タグの人気記事
2017.03.24
東京では火曜日は冬に逆戻りしたような冷たい雨に見舞われたものの、靖国神社のソメイヨシノの標本木の開花が5輪に達し、正式に桜の開花が宣言されました。春は確実に近づいています。

 2017 ジャパン ビジネスサミットが盛況のうちに閉幕しました。ご参加いただいたみなさまには心より感謝申し上げます。エンディングでの祝砲の後で天井から舞い降りたテープにはこう書かせていただきました。「可能性を解き放つ!」

 モリンダの可能性の核心をなすのは、誰もが願う「健康」と「見た目の良さ」と「経済的自由」の実現を支援するというモリンダの存在意義です。これは、日本を始めとする先進諸国が共通して抱える少子高齢化への有効な打開策となり、社会貢献につながります。歳を重ねても継続的な収入に裏打ちされた健康で若々しくはつらつとした生活を送る人々が少しでも増えれば、支える人と支えられる人とのバランスの改善が期待できるからです。

 モリンダが20年以上にわたって行ってきたことを一言で言えば、ブランドの確立でした。継続的な繁栄を願う企業にとってブランドがどれほど大切かは今さら言うまでもありません。世代を超えて人々の幸せな生活に寄与しようとしているモリンダが、ノニの伝統を大切にすると同時に更なる研究開発のために最先端の科学への再投資を行ってきたのは、まさにブランドの確立のためでした。その結果わたしたちが得ているのは、一朝一夕では決して勝ち取ることのできない、揺るぎない信用と信頼です。

 そして、サミットでも触れましたが、モリンダにはもう一つ大切なブランドがあります。そうです。この事業に携わるわたしたち一人ひとりが築く「人」としてのブランドです。人財育成のコンサルティングの世界からこの業界に身を転じたわたしの最大の関心事は、関わってくださる方々のブランド価値を高めるお手伝いをさせていただくことでした。なぜなら、お一人おひとりが築くブランドの集大成がモリンダの企業としての価値に大きく寄与すると確信していたからです。そして、伝統と科学とは異なり、「人」としてのブランドの構築はみなさまとの共同作業によって初めて実現できることです。この想いは今も変わりません。

 では、どうしたら人としてのブランドを築けるのでしょうか。『7つの習慣』のスティーブン・R・コヴィー博士は、「能力と人格の双方に働きかけて自分磨きをすることにより信頼性を高める」ことだと教えてくれています。

 一つのヒントとしてわたしの友人を紹介しましょう。30年前からお世話になっているヘアーサロンのマスターです。男性客を美容院に奪われて経営が苦しいヘアーサロンが多い中で、予約制の彼の店は毎晩10時頃まで明かりがついています。もちろん正規の料金です。彼のユニークな点は、日々の研究による抜群の技術力と、どのような客とでもまともに話ができてしまう知識量の豊富さ、そしてどんなに忙しくても毎日1時間以上かけて徹底的に行う掃除です。ですからわたしのように何十年も通い続ける客、引っ越してもわざわざ電車に乗ってやって来る客が多くいます。数年前の話ですが、勉強熱心な彼に懇願されて、カットをしてもらいながら時間管理のレクチャーをしたこともありました。

 このマスターのヘアーサロンはこれからも繁栄を継続していくことでしょう。なぜならコヴィー博士が言うように、「能力」と「人格」に働きかけることによって自分を磨き、個人のブランドを築いてきたからです。彼に対して絶対的な信頼を寄せているわたしのような常連客は、今まさにわたしがしているように、頼まれなくても宣伝してしまいます。

 わたしたちも個人としてのブランドを築きたいと思います。決して大それたことを考える必要はありません。ヘアーサロンのマスターのように、例え小さなことでも、信頼を得るために大切だと思うことを日々誠実に続けるだけです。「自分が変わり、人が変わり、世界が変わる」のですから。 
by ohkimakoto | 2017-03-24 17:00 | 2017年分
2017.03.17

 みなさまにこのメッセージをお届けするのは、2017 ジャパン ビジネスサミットの最終日です。間もなく関東では桜の季節。出席されたみなさまは、今後の、特に今年から来年にかけてのモリンダの製品戦略やビジネス戦略を目の当たりにして、意欲に燃えておられる頃ではないでしょうか。

 数千年の伝統に育まれた奇跡の果実ノニを世界で初めて製品化したモリンダ。そしてモリンダは、その後20年以上にわたり、ノニを始めとする有用植物の基礎研究や成分研究、さらには内外の研究機関との共同の試験を重ねることにより、単なる製品提供の企業から人々が共通に持つ願いをかなえるための支援をする企業へと進化を重ねてきました。

 またモリンダは、ノニの主要成分であるイリドイドの発見やその後の新たな健康指標としてのAGE(終末糖化産物)の啓発と測定推進活動を通して、そのブランドを従来のネットワークビジネスの枠を超えて大きく向上させることに成功しました。昨年8月には、日本経済新聞の朝刊(817日付)にモリンダとタヒチアンノニカフェが同志社大学との産学連携の一例として紹介されるまでになっています。そして今やモリンダは、「タヒチアンノニ」、「トゥルーエイジ」、「テマナ」、「モリンダウェルネス」というブランドを柱として、「健康」と「見た目の良さ」と「経済的自由」という共通の願いを満たすべく前進を続けています。

 しかし、こうしたモリンダの20年を越える歴史に想いを馳せる中で、わたしにはもう一つ、大切にしたいと思うものがあります。それは、モリンダが無から有を生み出したという歴史的な事実です。

 モリンダは無から有を生み出した企業です。モリンダが誇る旗艦製品タヒチアンノニジュースは、無から生み出されました。それまで、ノニを製品化した人や企業はなかったからです。

 無から有を生み出すには大きなエネルギーが必要です。タヒチアンノニジュースの製品化も例外ではありませんでした。ノニの研究の第一人者で生涯を通じてモリンダを全力でサポートしたラルフ・ハイニキー博士、モリンダ設立のために資本提供をし、アメリカ本社の社長としてサポートをし続けているケアリー・エイシー、斬新な報酬プランを構築したケリー・オルセン、ノニの探求のために経済的な支援をしたスティーブン・ストーリー、味の調合で主要な役割を果たしたローラ・ロバートソン(現モリンダ研究員)、タヒチ側の支援体制を構築したエドゥアルド・トゥアイラウ。モリンダがノニを発見してから製品として世に出すまでには、異なった才能を持つたくさんの人々の協力が必要でした。こうした一人ひとりの貢献なくして、モリンダは無から有を生み出すことはできなかったのです。

 モリンダがタヒチアンノニジュースを世に出した後、数多くの模倣製品が出続けています。「新たに開発された科学的手法で」また「別の植物を加えることによって」価値が高まったと称する製品も多く見られます。事実モリンダも、イリドイドを定量化して抽出する独自の特許技術を用いることにより、トゥルーエイジマキシドイドやトゥルーエイジ エクストラオリーブなどイリドイド強化製品を提供してきました。しかし、これらはあくまでも成分構成を科学的に変更した改良版にすぎません。数千年の伝統と現代の科学、それに愛する人々への想いが一つになって無から生み出された価値は、科学だけで解決されたものを凌駕するとわたしは確信しています。わたしたちはモリンダがタヒチアンノニジュースを旗艦製品として保持していることを誇りに思います。今こそ、無から生み出されたタヒチアンノニ ジュースの価値を再認識すべき時ではないでしょうか。モリンダは天からの贈り物であるノニの管理を託された唯一の企業なのですから。



by ohkimakoto | 2017-03-17 17:00 | 2017年分
2016.03.18
 去る3月15、16の両日、モリンダ ホールディングス インクCEO(最高経営責任者) 兼 モリンダ インク社長のケアリー・エイシー、モリンダ インクCMO(最高マーケティング責任者)のケリー・オルセン、そしてモリンダ インク セールス担当副社長のショーン・ホイットニーを迎えての「2016 ジャパン ビジネスサミット」が、舞浜のアンフィシアターで開催されました。

 わたしが楽しみにしていたことの一つは、新たにモリンダ インクの社長を兼任することとなったケアリー・エイシーとの再会でした。彼と初めて会ったのは1998年11月のプレオープンのミーティングで、その時は新たに市場に参入したモリンダというネットワークビジネス企業を率いるリーダーとして来日していました。幼少期をオクラホマで過ごした彼は、近所の男の子たちを率いて悪さをするかなりの腕白少年だったようです。スポーツは万能。野球、バスケットボール、アメリカンフットボールを得意としていました。

 ケアリー・エイシーの初めての通訳は、わたしの予想を覆す感動的なものとなりました。それまでに関わった他社の役員のそれとはまったく異なり、自身を含む複数の人々のノニに関するストーリーが日本で最初のスピーチでした。中でもジョン・ワズワースとスティーブン・ストーリーからノニの話を初めて聞いた時の「心臓をわしづかみされるような感動を覚えた」ストーリーは、出席した大勢の人々の心に強烈な印象を残しました。

 彼と兄のキム・エイシーは資本提供をする事業を探していました。誘いはたくさんありました。でも、彼らが探していたのは、「世界のために何かいいことをさせていただく(Do something good for the world)」といった価値のある事業でした。約4年の空白の歳月を経て、彼らはノニとの運命の出逢いを果たします。

 久しぶりに会ったケアリー・エイシーは昔とまったく変わりませんでした。日本支社がオープンした頃のスピーチでわたしが通訳をしたことをよく覚えてくれていました。2人でたくさんのことを話しました。モリンダの事業に関することはもちろん、互いの家族のことやアメリカの政治のことまで。その語らいの一つひとつから、彼のモリンダへの愛と、モリンダに関わるすべての人々への感謝の想いを感じ取ることができました。

 ステージで彼の最後のスピーチの通訳をしながら、わたしは込み上げてくる想いをこらえることができませんでした。そうです。わたしたちは今、気の遠くなるような年月を通して築き上げられてきたノニという奇跡の果実の伝統とそれを裏付ける最先端の科学、そして「ノニの恵みを世界中のすべての人々の幸せのために届ける」という強烈な使命感に突き動かされながら、この事業に携わっているのです。そこには一点の曇りもありません。

 そして今回のビジネスサミットでは、その使命を最も効果的に達成する方法が具体的に示されました。ネットワークビジネスに携わる人が共通して抱える課題を克服する画期的な方法です。まずはわたしたちスタッフがみなさまと同じ条件で試してみて、一定の成果を得ることができました。ですから、自信を持っておすすめすることができます。ぜひともすべてのみなさまに試していただければと思います。

 モリンダのような企業でみなさまと共に働けることを誇りに思います。みなさまの成功がモリンダの成功です。お一人でも多くのみなさまが豊かなモリンダライフを実現していただくことを願っています。
by ohkimakoto | 2016-03-18 13:27 | 2016年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30