タグ:タッチストーン ( 1 ) タグの人気記事
2017.05.05
 今日は子どもの日です。大型連休もあと2日ですね。今年は全体を通じてお天気にも恵まれた地域が多かったので、きっと有意義な時間を過ごされたのではないでしょうか。いよいよ5月。ノニ種子エキスを配合したテマナ ノニ ブライトニングの正式発売が22日に始まります。楽しみですね。

 さて、連休中に書類を整理していて、モリンダ初期からのトップリーダーの一人で昨年亡くなったフロイド・ホールドマンのスピーチ原稿が見つかりました。日本のIPCのために自分のスピーチの日本語版CDを作りたいということでわたしに翻訳の見積もりを依頼してこられたのです。残念ながら実現はしなかったのですが、今、読んでみても、彼のモリンダへの感動と確信が伝わってきます。

 その一部でフロイドは、モリンダの価値をタッチストーンに例えています。タッチストーンは普通「試金石」と訳しますが、ここでは「触れるとどんな物でも黄金に変えてしまう石」の意味です。

 物語は古代エジプトの学問の中心であったアレキサンドリアに始まります。アレキサンドリアには当時最大の規模を誇る図書館があったのですが、火事で蔵書のほとんどが失われました。ところが、焼け残った書物のページの間から1枚の紙切れが見つかります。そこに書かれていたのがタッチストーンの物語とその在りかを示す地図でした。紙切れを見つけた男は早速、地図に書いてあった黒海の海岸を目指します。

 到着すると、しなければならないことがもう一つありました。海岸に無数にある石の中からタッチストーンを見つけることです。紙切れには、持ってみて熱ければ、それがタッチストーンだと書いてありました。しかし、拾っても拾っても冷たい石ばかり。男は拾うたびに石を黒海に投げ捨てました。1日が過ぎ、1週間が過ぎ、1ヵ月が過ぎ、1年が過ぎても冷たい石ばかりです。でも男は拾い続けました。2年、4年、5年、そして10年、15年、20年が過ぎても、冷たい石ばかり。男は石を黒海に捨て続けました。でも、決してあきらめませんでした。

そして21年を過ぎたある日のこと、男はとうとう熱い石を手にしました! ところがあろうことか、男はその石を黒海に投げ捨ててしまったのです。なぜでしょうか。それは21年間、一日も欠かさず何度も何度も拾った石を黒海に投げ捨てていたために、それが習慣となって思わず海に放ってしまったのでした。

 19年前、わたしもこの物語に登場する男と同じ立場に立たされました。モリンダというタッチストーンを手にしながら、それをまさに海に投げ捨てようとしたのです。理由は、ネットワークビジネスへの度重なる負のイメージでした。それまで複数の外資系ネットワークビジネス会社での通訳業務で経験したのは、製品の成分やストーリーに関する人間性を疑わせるようなごまかしの連続でした。ですから、通訳を依頼してきたモリンダという会社がネットワークビジネスであると知って、反射的に断ったのです。しかし幸いなことに、わたしは1回だけという約束で引き受けました。それは、かねてから尊敬していたブライアント・ワズワースが日本の責任者になると聞いたからです。ブライアントのおかげで、タッチストーンを海に投げ捨てることを辛うじてとどまったのでした。

 伝統と科学を重んじ人を大切にするモリンダは確かに、健康と見た目の良さと経済的自由をもたらすタッチストーンでした。以来18年、初期の志を曲げることなく愚直なまでに誠実に業務に取り組むことにより、世界中のあらゆる人々にとってタッチストーンであり続けるモリンダに感謝しています。
by ohkimakoto | 2017-05-05 17:00 | 2017年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2017年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
2017.09.15
at 2017-09-15 17:00
2017.09.08
at 2017-09-08 17:00
講演スケジュール 2017年..
at 2017-09-07 16:56
2017.09.01
at 2017-09-01 17:00
講演スケジュール 2017年..
at 2017-08-29 17:59
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧