タグ:ネットワークビジネス ( 7 ) タグの人気記事
2017.02.24

 モリンダが日本に紹介されてから早いもので18年になります。わたしは恵まれてプレオープンの時から通訳兼コンサルタントとして、また2007年からは日本支社長としてモリンダと歩みをともにしてきました。そして昨年は本社であるモリンダインクの副社長という役割もいただき、モリンダの発展をグローバルな視点から見守る責任も与えられました。

 振り返ってみますと、この18年間は世間のネットワークビジネスに対する負のイメージとの戦いだったとしみじみ思います。日本という伝統にあふれる、人の心やつながりを大切にする思いやりの文化の中で、ネットワークビジネスの流通形態が悪用され、その結果として多くの人々が被害に遭い、ネットワークビジネス業界全体が社会から否定的な評価を受けることになりました。そうした負のイメージとの戦いです。

 10年前にモリンダを引き受けることになったわたしの決意は、「モリンダは違う」という事実を世の中の人々に理解していただくことにより、わたしたちの事業を一般企業と肩を並べる水準にまで引き上げることでした。そのためには、モリンダが持つ固有の価値を内外に発信する必要があると考えました。「伝統と科学を重んじ人を大切にする」という企業文化の発信です。

 モリンダは企業として、ひたむきなまでに伝統を守ると同時に、最先端の科学や技術を導入することに力を入れてきました。その結果として、わたしたちのノニの故郷であるフレンチポリネシア(タヒチ)との経済・文化・人の交流は、一企業が行うそれをはるかに超えたビジネスモデルとなっており、今後ますます発展を遂げていくことでしょう。

 わたしには夢があります。モリンダの事業にパートナーとして参画してくださっているノニ収穫者の家族の子どもたちの中から、モリンダが存在しなければ受けることができなかった高等教育を受けて国の独立のために働く人々が出てくることです。以前カリブ海のクルーズに参加した時に、タヒチ政府の運輸大臣夫妻と同じテーブルで食事をする機会がありました。その時の運輸大臣の言葉を忘れることができません。「わたしはある日本の方の援助を受けて大学を卒業することができました。毎月、お金を送ってくださったのです。この方のお蔭で大学を卒業し、今、国のために働いています。どう感謝していいか分かりません」

 黒真珠と観光の島であったタヒチが、モリンダの事業を通して最高品質のノニを世界中の人々にお届けする島になりました。ノニが農業輸出品目のトップに躍り出るとタヒチの経済はうるおい、モリンダのためにビジネスパートナーとして働いてくださる人々の生活は豊かになっていきました。そして、それまで教育の機会がなかった子どもたちにも高校や大学に行く機会が与えられるようになったのです。

 文化は英語でculture(カルチャー)と言い、「養い育てる」という意味があります。モリンダは20年以上にわたって「伝統と科学を重んじ人を大切にする」文化を築きながら、類いまれな価値を養い育ててきました。これからの20年は、モリンダのこの文化が、志を共有してくださる方々の心の中に、他では決して得られない価値を育んでいくことになるでしょう。その主役はみなさま、そしてわたしたちです。 


by ohkimakoto | 2017-02-24 17:00 | 2017年分
2016.09.16
 モナコの中心に位置する5つ星ホテルエルミタージュのベランダに出ると、頬をなでる地中海の潮風がさわやかです。目の前の港には巨大なクルーズ船が停泊し、デザイナーズブランドが立ち並ぶ通りには、ゆったりとした足取りでショッピングや散策を楽しむ人々の姿が見えます。数日前までの暑さが一段落し、朝夕は上着が欲しいぐらいです。
 モナコはこれで2度目。前回もモリンダのビジョンリトリートで、仕事として通訳を担当させていただきながらの参加でした。しかし今回は、モリンダの日本市場を担当する責任者としての訪問です。このような日が来るとは思いもよりませんでした。
 日本からは約100組のIPCのみなさまが参加し、文字通りモリンダが掲げるビジョンとその実現への道のりを2回のセッションを通して共に学んでくださっています。今回特に強調しているのがモリンダのユニークな製品群。それを「プロダクトショーケース」として紹介しています。
 モリンダの中にいるわたしたちは、時としてモリンダから出される製品一つひとつの本当の価値に気付いていないのかもしれません。モリンダ設立のきっかけとなったタヒチアンノニ ジュースの持つ製品力のパワーがあまりにも強いために、他の製品の価値が薄らいでしまうのです。
 確かにモリンダ設立当初のタヒチアンノニ ジュースはネットワーカーのみならず一般消費者の夢をも実現する画期的な製品でした。そして健康果汁をビジネスとする後発企業が次々に参入し、スーパーフルーツという新たな産業を誕生させました。しかし現在、その多くが市場から姿を消しています。
 そのような中でもモリンダは努力を怠りませんでした。モリンダの使命は何か、社会にどう貢献するのかを、ノニが育まれてきた伝統を重んじるとともに最先端の科学に再投資しながら真剣に考えてきました。その結果としてたどり着いたのは、わたしたちは単なる製品提供の会社ではなく課題解決の会社であるという考えです。
 アジア大陸の先住民は、新天地を目指す旅に出た時にノニを船に積みました。理由は、ノニがそれまで彼らの課題を解決する手段として伝統的に使われていたからです。このことからも、わたしたちはノニという果実を発見しただけではなく、伝統に裏打ちされた課題解決の手段を発見したと言えるのです。
 現代の人々が共通して抱える課題は何でしょうか。それは健康(外見も含む)と経済です。特に少子高齢化が将来に大きく影を落とす日本にあって、この2つはすべての人の願いでもあります。この願いをかなえるために、モリンダの製品一つひとつが存在するのです。
 モリンダが提供する製品は、どれ一つ取ってみてもネットワークビジネスの会社をスタートすることができるような優れた製品です。なぜなら、これまでの研究の積み重ねと最先端の科学への再投資によって生み出されたものだからです。これらの製品の一つひとつが大きな体系の中でそれぞれのユニークな機能を発揮しながらみなさまに健康と経済を提供していくのです。
 わたしの夢はモリンダがネットワークビジネスを超えたスーパーネットワークビジネス企業になること。すなわち、ネットワークビジネスに関心のある人々だけではなく、わたしたちを取り巻くあらゆる人々が関わることのできる企業になるということです。それにはこれまでよりも広い視野が求められます。今回のビジョンリトリートで明らかにされるモリンダの課題解決へのビジョンの全容を、特に健康と経済への願いをどうかなえるのかをしっかりと学んでいただければと思います。
by ohkimakoto | 2016-09-16 17:00 | 2016年分
2015.10.02
 今週、おかげさまで健康で、しかもみなさまと同じ志を持ちながら68歳の誕生日を迎えることができました。SNSを通じてお祝いのメッセージをお送りいただいたみなさまには、本欄をお借りしてお礼を申し上げます。人生の終盤に差し掛かる中で、自分がこれまで大切にしてきた価値観のままに貢献できる事業に全力で携われる喜びを、何と表現したらいいでしょうか。
 モリンダと出逢ったのは51歳の秋のことでした。揺るぎない志と驚くべき製品の力に支えられるとともに、モリンダの創設者や初代日本支社長のブライアント・ワズワース、そしてたくさんの素敵なIPCのみなさまとの出逢いがあり、今日を迎えています。振り返れば、心にわきあがってくるのは感謝の想いだけです。そして素晴らしいのは、その想いが年を経るごとに強くなってきているということです。
 今週も新しいみなさまと面会をさせていただきましたが、各々が社会で活躍され、信頼を勝ち得、豊かな人脈を持っていらっしゃる立派な方々です。ここにいらっしゃるまでにはそれぞれの出逢いとそれぞれのきっかけがあり、そして、製品や会社、人を通してモリンダを体験していただきました。その結果として、ご自身の人生の一部としてモリンダを加えようと決意してくださっているのです。うれしい限りです。
 そのような中で、われわれが属するネットワークビジネス業界そのものは信頼を取り戻すには至っていません。それどころか、ネットワークビジネスを名乗る企業が生まれては消えを繰り返し、そのたびに犠牲者を生み出している状況です。
 なぜ「かんたんに生まれては消える」のでしょうか。それは、「かんたんに作れる」からです。一般の流通とは異なり設備投資が極端に少なく、ほとんどのプロセスが外注で済んでしまいますから、この利点に乗じて、資産を増やそうとする投資家や資本家、企業がネットワークビジネスを起業します。問題は、経済優先の事業展開であるために、もうからないと分かると、あるいはブームが過ぎたと判断すると撤退してしまう点、そして、決して画期的とは言えない製品を見せかけだけで広めようとするため、その意図が見抜かれ、初めは注目されても消費者離れが起きてしまう点にあります。
 そのような時にいつも取り残されるのは、その会社や紹介者を信じて勧誘活動を行い、お金をつぎ込んだ会員や消費者です。中間マージンを取り去った消費者参加型の画期的な流通形態であるにも関わらず、いつも犠牲となるのは会員や消費者であり、残るのは借金や在庫の山、崩壊した人間関係です。
 モリンダはこうした類のネットワークビジネス企業とは対極の位置にあります。わたしたちには哲学があります。すべての人の想いを結集するための崇高な志があります。そして、伝統と最先端の科学に裏打ちされた優れた製品と、正直で誠実なビジネスであるにも関わらず、わずか20年弱の間に数多くの方々に継続的な収入をもたらしてきた優れたシステムがあります。しかも、時間や場所、経験を問わず、どなたでもそれぞれの目標に応じて取り組んでいただけるシステムです。      
 健康と経済という現代社会がもっとも必要としている2つのニーズ。モリンダはこの2つを同時に、しかも堅実な形で満たすことができるのです。今こそ世界中の人々に、モリンダという稀有な企業の存在を声高らかに宣言する時ではないでしょうか。もう準備は整いました。今日から前進しましょう。「今日は残りの人生の最初の日」です!
by ohkimakoto | 2015-10-02 10:14 | 2015年分
2015.8.14

 残暑が続きます。いかがお過ごしでしょうか。今日は814日。子どもの頃、わたしの故郷では近くの薬師堂の境内にやぐらが組まれ、盆踊りが行われました。太鼓を叩くのは町内の自転車屋のお兄ちゃん、三味線と歌は向かいのパーマ屋さんのおかみさん、そしてやぐらの上で踊るのは、きれいにお化粧をした浴衣姿のパーマ屋さんのお嬢さんでした。3人ともまぶしく輝いて見えました。

 夜店もたくさん出ていました。今では金魚すくいや風船釣りが定番ですが、昔は怪しげなものもありました。「忍術」と称して石を縄でくくりつけた棒を立てて見せ、その「極意」を書いた薄っぺらな冊子を高い値段で売りつける人や、墨を含ませた太い筆を震わせながら蛇の形を描き、それに赤い落款(らっかん)を押してありがたい「お守り」として売る人。「ああ、覚えている」とおっしゃる方もおられるのではないでしょうか。終戦からまだ10数年。皆が生きるのに精一杯の、まだまだ貧しい時代でした。

 あれから60年。今、盆踊りのやぐらが組まれ怪しげな行商人が店を出していたあの境内はすっかり整備され、当時の面影はありません。通り沿いに並んでいた雑貨屋やアイスクリーム屋、プラモデルの店、洋品店は、通りの拡張のために立ち退きになりました。確かに、町並みはきれいになりました。でも、どういうわけか昔のような活力は感じることができません。あの60年前の、どこにでも漂っていたそこはかとない活力はどこに行ってしまったのでしょうか。

 そんなわたしの疑問に答えを与えてくれたのが、組織論の第一人者でLeadership and New Science『リーダーシップとニューサイエンス』(東出顕子訳/ 英治出版)の著者でもあるマーガレット・J・ウィートリーの次の言葉です。「混沌と安定の狭間にある時、人は最も成長する」

 幼いわたしが見た60年前の世界は、戦後の混沌とした状況下で新たな安定した生活を求めて懸命に働いていた人々のエネルギッシュな姿でした。あのそこはかとない活力は、ウィートリーの言葉を借りれば、混沌と安定の狭間にいた人々の「最も成長する」姿から醸し出されたものだったのでしょう。

 わたしたちが今置かれている状況も同じではないかと感じるのです。わたしたちが属しているネットワークビジネス業界は、残念ながら混沌の域を脱しているとは言えません。かんたんに成功できるとのうたい文句で人を集め、科学的に根拠のない商品を言葉巧みに売りつけて在庫の山を抱えさせ、多くの犠牲者を出している企業が次から次へと生まれては消えています。信頼関係が支えになるはずのビジネス形態であるにも関わらず、トークやテクニック優先のリクルート手法が幅を利かせているのです。

 そうした中でモリンダは、業界の混沌とした状況から抜け出して安定へと移行するさまざまな努力を重ねてきました。「伝統と科学を重んじ人を大切にする」という企業文化を前面に押し出すことにより、目指す安定した姿をお見せしてきたのもその1つです。その努力の中で、モリンダという企業もIPCのみなさまも成長を遂げてきました。

 自信を持ってください。成長のただ中にあるわたしたちには今、活力がみなぎっています。人として器を大きくすることを決して怠ることなく、さらに多くの人々を安定へと導きましょう。モリンダが提供する哲学と仕組みがそれを可能にしてくれるのですから。


by ohkimakoto | 2015-08-14 00:00 | 2015年分
2014.09.19
 9月も半ばを過ぎ、だいぶ涼しくなりました。季節の変わり目で体調を崩しやすい時期ですが、みなさまのことですから、7月のリジョナルサミット、そして9月のビジョンリトリート以来、エリア ディベロッパー(AD)資格取得など、活動にさらに拍車がかかっているのではないかと思います。
 さて、今週はとてもうれしいことがありましたのでお知らせいたします。16日(火)の午後、大相撲第64代横綱の曙 太郎さん(現在はオールジャパン・プロレスリング株式会社 取締役)がわたしとの面会のためにモリンダ ビルディングを訪問してくださったのです。モリンダ ジャパンの社長であるわたしと会って、信頼できる会社かどうかを確かめたいということでした。
 曙さんはハワイ生まれのハワイ育ちですから、ノニの良さはおばあちゃんから聞いてよくご存じだったそうです。ビジネスとしてもかなり以前にお誘いを受けたもののお断わりになったとのこと。「われわれは信用が一番なんですよ。ネットワークビジネスは評判が悪かったですからね。怪しいところとは付き合いをしたくないと思いました」。流暢な日本語でそう説明してくださいました。
 そして今回。仕事でお付き合いのあった東京在住のあるIPCの方が、2年にわたって曙さんと関係を築いた後、「今がその時だ」と感じ、モリンダのことを話してくださいました。曙さんの体調や今後の生活のことなどを考えて、ぜひモリンダに関わっていただきたいと強く思い、勇気をもって伝えてくださったそうです。その申し出を曙さんが受け入れ、モリンダ ビルへの訪問となりました。時折冗談を交えながらもじっと相手の目を見て話すその姿には、大相撲という厳しい伝統の社会の中で外国人として初めて最高位を極めた横綱曙の、不屈の、しかしながら誠実なお人柄がにじみ出ていました。
 大相撲時代の話に花が咲きました。入門した初日だけはお客さま扱いで、2日目からは強くなるための今では考えられないようなしごきが始まったこと。特に同じハワイ出身の東関親方(元高見山)は同郷の曙を特別扱いしていると見られるのを極端に嫌っていたので、他の日本人の力士よりも理不尽な扱いを受けることが多かったそうです。もちろん英語はまったく使いません。そうした厳しい環境にもかかわらず、毎年番付を上げ、わずか5年で千人を超える力士の頂点である横綱まで上り詰めました。
 同時代のライバルであった若乃花、貴乃花への対抗心は尋常ではなかったようです。とにかく少しでも相手の先を行くのだという想いしかなかったとのこと。同じく相撲界から離れた若乃花さんと最近話す機会があり、当時のことを聞いてみたら、彼らも同じ気持ちだったことが分かったそうです。
 わたしからは、モリンダ ジャパンの責任者としてこれまで7年間取り組んできたこととその成果について説明させていただきました。そして、関わっていただいても日本の宝である元横綱の曙さんの信用を決して汚すことのない会社なので、安心してビジネスに取り組んでくださるように話しました。快諾していただきました。
 いつか近い将来、曙さんがIPCのリーダーとしてイベントに出席し、Tell the Storyをしてくださる姿が目に浮かびます。期待が膨らみます。
e0258787_18005140.jpg


More
by ohkimakoto | 2014-09-19 00:00 | 2014年分
2014.08.22
 お盆も過ぎて、朝の通勤の高速道路もいつもの混み具合に戻りました。どうやら、日本経済も滞りなく動いているようです(笑)。
 先週の土曜日、東京 セールスオフィスでは月に一度の「黄木 信 講演会」が開催されました。猛暑でしかもお盆休みでもあったので、多くの方々の出席は期待できないのではないかと考えていたのですが、驚きました。250名を超える方々がお越しくださり、なおかつ、その半数近くがわたしの話を初めて聞いてくださる方々でした。ジャパン リジョナルサミットを機に、みなさまの活動レベルが一段と上がったようです。お誘いくださったIPCのみなさまのご努力に感謝するとともに、そのお誘いに応じてくださったゲストのみなさまにも心よりお礼を申し上げます。「どんな会でも、良かったかどうかは会場を出る人の顔を見れば分かる」とよく言われますが、講演を終えてセミナールームの外でみなさまのお見送りをしていた時の印象では、喜んでいただけたのではないかと自負しております。
 実際にお会いして目と目を合わせて語り合う時に、人は互いを理解しやすくなります。以前勤めていた職場はアメリカをはじめ海外とのやり取りが頻繁にあったのですが、少なくとも一度は担当者同士で会って、自分が普段コミュニケーションをしている相手がどんな人物なのかを確かめてもらうようにしていました。この効果は抜群で、電話や手紙だけではどうしても伝わらなかったり誤解を生む恐れがあったりすることでも、相手の顔を思い浮かべながら、相手の立場に立って互いに一歩踏み込んで理解しようとするので、効果的に意思の疎通を図ることができました。交通費をかけただけのことはあったと思っています。
 ぜひお近くで開かれるわたしの講演会に、みなさまにとって大切な方、モリンダについてお伝えしたい方、ビジネスパートナーとして一緒に活動したいとお考えの方をお誘いいただき、わたしの話を直接聞いていただく機会を設けていただければと思います。
 わたしが講演会でみなさまにお伝えしようとしているのは、一言で言って、「モリンダが信頼に足る企業だ」ということです。残念ながら、ネットワークビジネス業界に対する世間の不信感はなかなか拭い去れません。金もうけのために意図的に不正を働くような企業は論外ですが、たとえそのような意図はないにしても、新しさと勢いだけで、製品に特別な優位性がないために次第に衰退して姿を消していく企業が後を絶たず、そのような企業に誘われた方が不幸な目に遭っているケースが多々あるからです。ですから、モリンダ ジャパンの社長であるわたしの言葉を直接聞いていただくことによって、参加される方々がご自身で、モリンダがどのような企業かを判断していただく機会を提供したいのです。
 モリンダは「伝統」と「科学」という物事の信憑(ぴょう)性を測る2つの基準を併せ持つたぐいまれな企業であると同時に、「人」を大切にします。「不完全だが可能性に満ちた存在」であるわたしたちが、モリンダを通してどうしたら人のお役に立てる存在になることができるかを提案させていただきます。
 日本各地で開かれる「黄木 信 講演会」でみなさまとお会いできる日を心待ちにいたしております。 
by ohkimakoto | 2014-08-22 00:00 | 2014年分
2014.08.08
 7月末のジャパン リジョナルサミット以来、日本列島はIPCのみなさまの、この猛暑まで味方につけてしまうような熱気であふれています。リーダーの方々からの「1999年の日本市場開設の時と同じようだ」という言葉をよく耳にします。わたしも当時、通訳としてその場にいましたから、よく分かります。特に新たに導入されたエリア ディベロッパー (AD)プログラムは、その内容から言って、まさに日本市場を再オープンするほどのインパクトがあります。期限が決まっていますので、グループのみなさまと力を合わせながら全力で取り組んでいただきたいと思います。
 しかし、これまでの一連の発表を受けてわたしがみなさまに最も分かっていただきたいのは、すべてが「文明社会から隠されてきたノニの恵みを世界中のたくさんの人々の幸せのために届ける」という、モリンダ設立の原点となった想いに集約されるという点です。その想いが、世代を超えて受け継がれてきた豊かな伝統の知恵と最新の科学、そして携わる人々の誠実な心にはぐくまれて発展を続け、今、モリンダの一大事業としてみなさまの前にその全容が明らかにされたのです。
 そしてもう一つ。この一大事業の多くの部分はこれから始まるということです。1996年の創立から今日まで、わたしたちはモリンダの存在意義をまっとうするために数々の努力を重ね、成果を挙げてきました。まったく存在しなかったノニ産業やスーパーフルーツ産業を創出して先駆者となり、社会に多大な貢献をしてきました。と同時に、わたしたちは先駆者であるがゆえの試行錯誤を繰り返しながら、数々の貴重な学びの体験もしてきました。その集大成が今、ここにあるのです。しかし、製品をご愛用いただいている方々の率から考えますと、まだまだ始まったばかりです。わたしは今の段階でこのような事業にみなさまと一緒に取り組めることを心からうれしく思っています。
 また、モリンダはあらゆるみなさまが集える場所です。どのような方でも必ずや居場所を見つけることができるでしょう。なぜなら、揺らぐことのない確固たる原点と目的、そして哲学を中心に据えながら、社会に新たな付加価値をもたらす強力なツールとして堂々と自信をもって、しかも誠実にネットワークビジネスという流通形態を提案できるのは、モリンダをおいて他にないと断言できるからです。
 科学と体験に裏打ちされた誰もがうらやむ本物の製品、不払い金のまったくないCV(コミッション対象ボリューム)最大53パーセント還元の報酬プラン、今後、世界共通の健康指標となる可能性を秘めたAGEの先駆者としての研究と普及貢献、そして今回発表された未来のための数々の新たな取り組み。これらはすべて、モリンダ哲学を具現化したものに他なりません。
 このメッセージをお読みくださっているあらゆる方々を、モリンダ事業にご招待いたします。わたしたちの願いは、「世界中のたくさんの人々に恵みを届ける」ことです。深刻な高齢化現象の中で浮かび上がってきた「健康」と「経済」という2つの課題。モリンダはその課題への解決策を、ユニークな製品と信頼の置けるビジネス形態をもって提供します。みなさまのご協力がいただければ幸甚です。
by ohkimakoto | 2014-08-08 00:00 | 2014年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31