タグ:ノニ ( 4 ) タグの人気記事
2013.09.13
  ビジョンリトリート 2013から帰国した翌朝、いつものジョギングコースを走っています。今日も夏日。日差しは強いですが、ひところの熱帯夜から持ち越された生暖かい空気は影を潜め、日陰では秋の気配さえ感じられます。季節は確実に歩みを進めています。

 穏やかな川の流れと周囲の緑、そして澄み切った晩夏の空を眺めながら思い浮かぶのは、マリナー・オブ・ザ・シーズ号のバルコニーから見た早朝の東シナ海です。台風が去った海原はあくまでも穏やかで、空と海を隔てる水平線がくっきりと広がっていました。

 今回のビジョンリトリートにはジョン・ワズワース社長とケリー・オルセン最高マーケティング責任者が参加しましたが、ケリー・オルセンはタイムマシンを話題にしてこう語りました。「タイムマシンで今から5年後の世界に行ってみましょう。そこでは、今はあまり知られていないAGE(終末糖化産物)が、誰もが知っている健康の指標となっています。それはあたかも、1996年には人々に知られていなかったノニが、今では世界中に知れ渡っているのと同じです。忘れないでください。人々が必要としていて、しかも人々に知られていないものには途方もない可能性があるのです」

 折りしも日曜日の早朝、2020年のオリンピックの開催地が東京に決定したというニュースが飛び込んできました。ご同慶の至りですが、ふと気が付きました。開催は7年後です。オリンピックが開かれる7年後、みなさまは何をしておられるでしょうか? 1つ確実なのは、ケリー・オルセンの言葉にあるように、AGEの認知が高まり、モリンダがこの分野で第一人者となっているということです。当然のことながら、人々が必要としていて、しかも人々に知られていないことに率先して取り組んだ企業として、モリンダはこのビジョンを信じて行動してくださったIPCのみなさまとともに、大きな成果を手にしていることでしょう。

 でも、そこまでの道は平坦ではありません。ジョン・ワズワース社長は自身の体験を交えながらこう語りました。「人々から拒まれたり、嘲笑されたり、頭がおかしくなったと言われたりすることがあるでしょう。でも、誰も取り組んだことのない未知の世界を開拓するとはそういうことなのです」

 上海の港から見た海は、海洋汚染か台風の影響かは定かではありませんが、茶色く濁っていました。しかし翌朝見た東シナ海の海原はあくまでも青く、3千人の乗客を乗せて航行するマリナー・オブ・ザ・シーズ号の大きな船体をやさしく包み込んでいるかのようでした。

 AGEの認知・測定・管理の活動は最先端の科学に基づいた未知の世界への取り組みで、試行錯誤の繰り返しです。うまくいかないこともあることでしょう。上海の港のように茶色く濁っているかもしれません。しかしそれでも、信じて船に乗ることをおすすめします。なぜなら、わたしたちは必ずや美しい紺碧の海に到達するからです。そしてそこは他の追随を許さないモリンダの独壇場となるのです。
by ohkimakoto | 2013-09-13 10:20 | 2013年分
2013.06.28
 今、新宿 モリンダ ビルディング7階の社長室の窓越しに外を眺めています。ご存じのようにこの界隈は西新宿の高層ビル街で、真北に延びる議事堂通りの左右には東京都庁など、名だたるビルがそびえ立っています。まさに新宿副都心の象徴です。

 それらのビルの中には、誰もが知っている企業がテナントとして入っています。過去にはコンサルティングの仕事でそのいくつかと関わり、そこで働く人々がどうしたら持てる力を発揮してその企業の発展のために貢献できるかを模索してきました。

 高層ビルを眺めながら、過去に同じような想いで眺めた景色があったことを思い出しました。高校の修学旅行で見た大阪城の城壁です。なぜか分かりませんが、城そのものについての記憶は全くと言っていいほどありません。しかし城壁については、あれから50年近く経った今でも、その形から大きさ、色、手のひらに残った感触まで、鮮明に蘇ってきます。

 家にある当時のアルバムを開いてみました。ありました。巨大な石で組み上げられた城壁をバックにクラスメートと写っている白黒の写真です。その下に、高校生らしい純粋な想いがこう記されています。「この石1つでも動かせる人物になりたい」

 自分の過去50年の人生は石を動かすような人生だったのだろうかと考えます。もしかしたら動いたのは、胆嚢(たんのう)から移動して総胆管を詰まらせることによりわたしを苦しめた、胆石という石だけだったかもしれません(笑)。

 冗談はさておき、わたしたちが人生をかけて動かす石とは何でしょうか。中には歴史に名を残すような偉業を成し遂げ、その人たちが動かした石が後世に伝え続けられる人もいます。ノニを発見し、文明社会にその恵みをもたらしたジョン・ワズワースもその1人でしょう。

 では、ごく一般の人間に動かせる石はあるのでしょうか。わたしは声を大にして「ある」と申し上げます。それは、「自分自身」という石です。わたしはこれまでの経験から、わたしたちが人生において動かすべき最も大きな石は「自分自身」ではないかと思うようになりました。「自分自身」という石さえ動けば、他の石も動くのです。夫婦関係然り、親子関係然り、お仲間との関係然りです。人生における価値ある目標の達成や夢の実現も、人頼みではなく、まずは「自分自身」の足元を固めるところから始めなければなりません。

 新宿のモリンダ ビルディングは、窓の外に見える高層ビル群と比べればとても小さいです。でも、考えてください。モリンダが世界中の人々の力を借りて動かそうとしている石は比較にならないほど大きいです。健康で幸せな生活を送るために、「だれでも、どこでも、いつでも」ノニをはじめとする地上で最高の物を手にすることができる世界を実現することなのですから。そしてそれは、「自分自身」という石を動かすことから始まります。
by ohkimakoto | 2013-06-28 00:00 | 2013年分
2013.1.25
 わたしにとって長い間待ち望んでいた時がやって来ました。ジョン・ワズワース社長とケリー・オルセン前社長(現・最高マーケティング責任者)が一緒に日本を訪問し、モリンダが大切にしている伝統と科学、そして、その2つが1つの目的のもとに融合した時の爆発的な可能性について、熱い想いを語ってくれる機会です。今、この2人がわたしたちの前にいます。全国ダイヤモンドパールミーティング、そして、このメールがみなさまに届く頃に東京で行われているキックオフミーティングに参加するために来日したのです。

 ジョン・ワズワース社長は食品科学者です。モリンダのストーリーは彼のもとにノニのサンプルが送られてきたところから始まりました。ジョンには支援してくれる4人の偉大な人々がいました。その中の1人がケリー・オルセンです。彼はネットワークビジネスの専門家として、数々の企業で要職を経験してきました。彼の豊富な経験と斬新なアイデアが、その後のネットワークビジネスをリードする数々の概念を生み出します。末広がり型のユニレベルプラン、定期購入プログラム、ファストスタートボーナス、パーソナルリベート、ダイナミックコンプレッション、サクセスパス、報奨旅行などです。

 2人のメッセージの中心は、「伝統と科学という強固な基盤に立って、モリンダのメッセージを大切にしながら、進化しよう」というものです。わたしたちは1996年のあの創業当時のスピリットを思い起こすとともに、それ以降現在まで、何がモリンダを支え、成長させてきたかをしっかりと心に刻み、「世界中のすべての人がノニの恵みを毎日受ける」というビジョンの実現に向けて前進していきます。

 わたしたちは今後、健康啓蒙活動としてAGE(終末糖化産物)の正しい知識を広めてまいります。また、AGE測定器を各セールオフィスに設置して、みなさまが気軽にご自身のAGE値を確認できる環境を提供してまいります。

 「いつまでも健康で若々しく、美しくありたい」という願いは万国共通です。1996年以来、モリンダはその願いに真剣に向き合ってきました。そして今、わたしたちが大切にしているお一人おひとりの健康の状態を、目に見える形で科学的に評価する強力なツールがもたらされました。

 食品科学者でありノニの発見者であるジョン・ワズワースと、ネットワークビジネスのプロであるケリー・オルセン。この2人の偉大なリーダーによってモリンダは「伝統と科学」を融合させました。そして今、モリンダでしか提供し得ない本物の可能性をわたしたちに見せてくれているのです。今年は楽しみです。
by ohkimakoto | 2013-01-25 00:00 | 2013年分
2012.10.26
 わたしのオフィスに小さな額に入った1枚の赤ちゃんの写真が飾ってあります。奈良県にお住まいのある女性のIPCの方が送ってくださいました。初めてのお孫さんの写真です。名前を楓果(ふうか)ちゃんといいます。

 初孫はどの家庭にあっても喜びの源です。でも、このIPCの方にとっては特別な存在です。たとえ初孫が生まれてきても、自分には世話をすることは決してできないだろうと思っていました。それが今、産後の静養で実家に戻った娘さんと楓果ちゃんのために、お世話をすることができているのです。

 実は、このIPCの方は車椅子での生活を余儀なくされていました。少しずつ体の力が弱くなり、それまでできていたことができなくなっていったのです。自分で布団を掛けることもできないほどでした。このまま自分はご主人をはじめ人の世話になりながらの人生を歩んでいかなければならないのだと考えていました。

 そこにノニが伝わりました。半信半疑ながらもしばらく飲み続けると、次第に活力を感じているのがわかりました。生活が次第に変わっていきました。家族の介護がないとできなかったことが減り、ゆっくりであれば、ほとんど何でも自分でできるようになりました。

 彼女にとってその変化は大きな喜びでした。その喜びへの感謝を会社に伝えたいと思った彼女は、新潟に住むお姉さんに迎えに来てもらい、東京までわたしに会いに来てくださいました。そこに見たのは、ゆっくりとした足取りながらもご自身の足でしっかりと歩みを進める、快活な女性の姿でした。彼女が語るストーリーは実に驚くべきものでした。

 その後も、彼女ははつらつとしていきました。そして先日、待望の初孫、楓果ちゃんが誕生します。よほどうれしかったのでしょう。写真を何枚も送っていただきました。そして、その手紙にはさらに驚くべきことが書かれていました。今では自転車にも乗るし、車も運転できるようになったとおっしゃるのです。

 この方に起こった人生の変化は、ご家族はもちろんのこと、周囲の人々に大きな影響を及ぼしていることでしょう。みなさんが「どうされたのですか?」と尋ねてこられるのではないでしょうか。

 その時こそこの方は、どのようにしてノニが伝わり、ノニによって人生が変わったのかを真心を込めて話されるのだろうと思います。そしてその話は、相手の方の心に響き、相手の方も、ノニによって自分の人生も変わるかもしれないとの希望を抱かれることでしょう。すべてが伝統と科学に裏打ちされた本物の製品がもたらした真実のストーリーだからです。

 モリンダは自分を変え、人を変え、世界を変えます。
by ohkimakoto | 2012-10-26 00:00 | 2012年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2017年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
2017.12.15
at 2017-12-15 14:50
講演スケジュール 2018年..
at 2017-12-15 14:38
2017.12.08
at 2017-12-08 14:50
2017.12.01
at 2017-12-01 14:50
2017.11.24
at 2017-11-24 14:50
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧