タグ:フレンチポリネシア ( 2 ) タグの人気記事
2017.07.28
 梅雨明け10日は山の天気が最も安定すると言われていて、若い頃は毎年この時期になるとアルプスの縦走を楽しんでいました。残雪を吹き抜ける涼風や夜空を埋め尽くす無数の星の輝きを今でも懐かしく思い出します。お元気で夏の日々を堪能していらっしゃいますでしょうか。

7月はタヒチアンノニ セレブレーションでした。みなさまお一人おひとりがこれまでモリンダを支えてきたタヒチアンノニ ジュースについて、その原料であるノニという植物の由来や健康への有用性、そして現代科学との出逢いから製品としての広がりまで、モリンダの21年にわたる歴史も含めて学んでいただきました。

さて今週の「幸せの仕掛人」では、タヒチアンノニ セレブレーション シリーズの最後として、フレンチポリネシア(タヒチ)について触れたいと思います。

みなさまご存じのように、ノニにはビタミンやミネラル、ファイトニュートリエントなど多くの栄養素が含まれていますが、モリンダは意図的にフレンチポリネシア産のノニだけを使ってきました。他と比較して優れていることが分かっていたからです。フレンチポリネシア産ノニは形状も大きいですし、275種類以上もの栄養成分が含まれています。

その違いはどこから来るのでしょうか。主に2つの理由が考えられます。まずはノニの伝播の過程です。東南アジアから南太平洋の島々に移住を重ねていった時、人々は新しい島での生活のために、それまで育ったノニの中で最も品質の良いものを選んでカヌーに積みました。インドネシアからトンガ、サモアを経て、その伝播の最終段階に来るのがフレンチポリネシアです。ですから、フレンチポリネシアに届くまでには自然の品種改良が行われてきたと言えるでしょう。

もう一つはフレンチポリネシアの環境です。自然に生育する植物の成長や品質を決めると言われる環境要素が土、空気、水、日光ですが、この点フレンチポリネシアは、ノニにとっては完璧な生育環境です。西ヨーロッパと同じ面積の海域に118の小さな島が点在しており、重化学工業や大規模な農業、そして人口の集中がありません。また、海底火山の隆起によってできた島々の土壌はノニの生育に最適なミネラル分を多く含んでいます。

このように、製品に最高の品質を求めるために原料の供給をフレンチポリネシアに限定してきたモリンダですが、その結果、最高品質のノニ製品を提供することに加えて、もう一つの大きな成果を手にすることになりました。それは、フレンチポリネシアへの社会貢献です。

モリンダによってフレンチポリネシアに新たにノニ産業が生まれると、地元の経済が大きくうるおいました。しかもモリンダは、地元の人々を単なる労働力ではなくビジネスパートナーと考えてしっかりとしたトレーニングを行い、地元での事業の定着を図りました。世の中ではフェアトレード(公正な取引)がようやく話題に上り始めた時期ですから、まさに先見性のある画期的な取り組みであったと言えます。

こうした業績が認められ、2004年2月11日には国際連合の外郭団体である非営利組織ICCC(The International Council for Caring Communities)より社会貢献賞(Social Responsibility Award)の表彰を受けました。この賞は、全世界ならびに地方の定住地における生活の質の向上に対する傑出した持続的な働きを奨励し、表彰し、その認識を高めることを目的に設立されたものです。

わたしたちは「世界のためにいいことをさせていただく(Do something good for the world)」という理念を確実に実行に移してきたモリンダを誇りに思うと同時に、これからもノニの故郷(ふるさと)であるフレンチポリネシアとの関係を大切にしていきたいと思います。
by ohkimakoto | 2017-07-28 17:00 | 2017年分
2015.02.27
 2年に1度のインターナショナルリーダーシップカンファレンス(ILC)が終了しました。グラミー賞の授賞式の会場として知られるロサンゼルスのノキアシアターをいっぱいに埋めた、日本をはじめ世界各国のIPCのみなさま。モリンダのふるさとであるタヒチから多忙な政治日程を調整して駆けつけてくださったエドアルド・フリッチ大統領とフレデリック・リベタ農務大臣、ヌクヒバのベノイト・カウタイ村長。そして30名を超えるダンサーの方々やSOSビレッジ(タヒチの児童養護施設)の子どもたち。そしてもちろんファウンダーズやスタッフ。今回のILCは、こうしたさまざまな立場から関わったすべての人々の想いや願いが1つに融け合ったひとときだったように感じます。
 日本のIPCのみなさまから異口同音に聞かれたのが、「黄木社長、来ましたよ!」という言葉でした。その言葉には、数々の課題を乗り越えて参加された方々の想いが凝縮していました。実は、今回感動的なスピーチをしてくださったフレンチポリネシアのエドアルド・フリッチ大統領も同じだったことを、ジョン・ワズワース社長から聞きました。現在フレンチポリネシアでは政治的な対立があり、国を空けることがなかなか困難な状況だったそうです。それでも大統領はモリンダのイベントに参加することを選択してくださいました。帰国する時には「ずっとここにいたい」とまで言ってくださったそうです。
 うれしいことがたくさんありました。2日目の夜に開催されたタレントショー「モリンダズ・ゴット・タレント(Morinda’s Got Talent)」では、東京の青山 剛史さん、三智子さんのご兄妹がグランプリを獲得されました。お兄さんの津軽三味線の伴奏で妹さんが舞台狭しと踊るフラメンコ。モリンダの活動も家族全員で力を合わせながら取り組んでいらっしゃるとのことです。心よりおめでとうと申し上げます。また、残念ながら入賞を逃しましたが、同じ東京の萩原 綾乃さんのグループは、オリジナルの作詞・作曲によるノニの曲を元気いっぱいに披露してくださいました。モリンダへの熱い想いが伝わってくる素晴らしい演奏だったと思います。できればこれから日本でも、いろいろな場で披露していただけたらうれしく思います。
 最終日の表彰式の最後を飾ったのも日本のリーダーの方々でした。マルケサスクラブを獲得された北川 尊規さん・佐知子さんご夫妻、そしてプラチナダイヤモンドパールとマルケサスクラブエリートを達成された有限会社 南国の齋藤 浩一さん・はるみさんご夫妻です。もはや日本のリーダーを超えてモリンダの世界のリーダーになられました。
 最後の齋藤 浩一さんのスピーチは、今回のILCを締めくくるにふさわしい感動的なものでした。齋藤さんはダイヤモンドパールエリートだったお母さまを昨年亡くされましたが、そのお母さまが、「がんを宣告されてからの最後の10年間が、モリンダのおかげで最高に幸せだった」と、万歳三唱して息を引き取られたエピソードを涙ながらに語ってくださいました。
 最高に幸せだったと万歳三唱して終える人生。これこそがモリンダが世界に発信するTrūAgeのライフスタイルです。さあ、この実現のために、今の想いを実行に移しましょう。モリンダが提供させていただくあらゆる道具を活用して、本当の幸せを手に入れてください。そして、このメッセージをたくさんの方々にお伝えいただけたらと思います。
by ohkimakoto | 2015-02-27 00:00 | 2015年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31