タグ:リジョナルサミット ( 4 ) タグの人気記事
2014.08.14
 甲子園での夏の全国高等学校野球選手権大会が始まりました。強い日差しの中で繰り広げられる球児たちの全力プレーには、他では味わえないすがすがしさがあります。スポーツですから優劣がつくのは仕方のないことですが、短期決戦の中で「一つひとつのプレーにベストを尽くそう」とする想いが大きな力となってわたしたちの心を動かします。台風で開会式が2日間延期になりましたが、今年もベストを尽くしたプレーが随所に見られることでしょう。

 さて、この時期になると心に浮かんでくる出来事があります。何年か前の夏、郷里の知人宅を訪れた時のことです。その家のおばあちゃんの初盆でした。一通りあいさつを済ませると、1年前に他界したおばあちゃんの息子さんがおばあちゃんの生前の様子を話してくれました。そして、仏壇に供えられていた封筒を取り出すと、涙で声を詰まらせながらこう言いました。「覚えてる? これは、まこちゃん(わたしのこと)がおふくろに書いてくれた手紙だよ。おふくろはこれをずっと枕元に置いててね。何度も何度も読んでた。よっぽどうれしかったんだね」

 母子家庭で育ったわたしは幼い頃、隣に住んでいたこのおばあちゃんのことを母親のように慕っていました。母親が仕事のために家にいないことが多く、さびしい想いをしていたのです。そんなわたしたち親子を不憫に思って、警察官であったご主人と一緒にいろいろとわたしたち家族の面倒を見てくれました。

 しばらくして、おばあちゃん家族は郊外に家を新築して移転し、わたしも就職で上京。交流もあまりなくなりました。おばあちゃんが病気になったことを知ったのは、それから数十年も後のことです。

 すぐに手紙を書きました。子どもの頃の数々の出来事を思い浮かべながら、おばあちゃんのしてくれたことがどれほどうれしかったか、自分でも子どもを持つ身になって幼い頃のおばあちゃんの存在が自分の人生においてどれほど大切なものであったかを、感謝の言葉とともにつづりました。その手紙が、数十年を経てわたしの手元に戻ってきたのです。涙が止まりませんでした。

 人の幸せを願う想いは、時を経ても色あせることがありません。いやむしろ、人生のさまざまな経験によって培われた謙虚さや感謝の気持ちによって、その想いはさらに深まっていきます。そして、その想い同士が交差するところに、感動の涙が生まれるのです。

 今回のジャパン リジョナルサミットで発表された数々の取り組みは、この「人の幸せを願う想い」をどのように形に表していくかの提案です。先人たちは数千年という歴史の中で、ノニという奇跡の果実を通してこの想いを連綿として積み重ねてきてくれました。そのどこを切り取ってみても、珠玉のような愛のストーリーが見えてくることでしょう。

 わたしたちは今、そうした土台の上に立ち、未来のモリンダの歴史を紡ぎ出す出発点にいます。わたしたちがこよなく愛するこの国の中には、モリンダの奇跡のメッセージをご存じない方がまだまだたくさんいらっしゃいます。そのような方々の幸せを願う心からの想いを、誠実に、「ベストを尽くして」お伝えする取り組みに、みなさまのお力をお貸しいただければと思います。ご一緒に、未来のモリンダの歴史を紡ぎましょう。
by ohkimakoto | 2014-08-14 00:00 | 2014年分
2014.08.01
 夏真っ盛りの8月ですが、いかがお過ごしでしょうか。モリンダ製品を活用しながら元気に暑さを乗り切っていただければと思います。
 さて、2日間にわたって開催された2014年ジャパン リジョナルサミットも感動のうちに幕を閉じました。週日にもかかわらず日本全国から駆けつけてくださったみなさまに心より感謝申し上げます。延べ3,500人のみなさまが一堂に会する光景はまさに壮観でした。
 サミットのテーマは「モリンダ タイムマシン」でした。数千年という歴史を受け継ぐモリンダが これまで世界に提供してきたもの、そして人々の幸せのためにこれから提供しようとしているものの一つひとつが、世代を超えた時の流れの中で、まるでジグソーパズルのピースがはまるようにそのふさわしい位置に収まるのを見ていただきました。
 タイムマシンに乗って5年前、10年前の世界に戻った時、わたしたちには何が見えるでしょうか。今は見えている5年後、10年後の世界を想像しながら、不安と期待が入り混じった中で何をすべきか迷っている自分の姿がそこにはあるのではないでしょうか。そして、誰もがこうつぶやきます。「できることならやり直したい」。でも残念ながら、それは不可能です。過去は変えることができないからです。
 しかし、タイムマシンで過去の世界を訪れた人には素晴らしいプレゼントがあります。そうです。「学び」というプレゼントです。事物の真贋を見分ける強力な武器である「時間」を使って自分の過去の行動の是非を知り、それをこれからの判断に活用することができるのです。
 それだけでなく、モリンダは今回、タイムマシンで未来を垣間見る機会をもあたえてくれました。わたしたちが認知推進に取り組むAGE(終末糖化産物)が新たな健康指標として一般に用いられるようになるにつれて、それが健康関連のあらゆる産業に浸透していきます。今はたかだか1,000億円の市場規模ですが、やがては関連産業を巻き込み、130兆円規模に拡大するという試算が出ています。
 わたしはかねてから、モリンダの日本における社会貢献の可能性についてみなさまにお話ししてきました。モリンダには、人類共通の、特に日本において顕著な「高齢化」という課題に健康と経済という観点から貢献できる大きな潜在能力があります。AGEという健康指標に注目しその最先端を歩みつつある今、モリンダが提唱するライフスタイルや報酬プランは、「世界のために何か良いことをしよう(Do something good for the world)」とのモリンダの哲学と相まって、わたしたちの存在を今とは比較にならないほど大きなものにするに違いありません。
 タイムマシンに乗って過去から学び、しかも未来を垣間見たみなさまに申し上げます。後になって「できることならやり直したい」と嘆くことのないように、今、心に強く感じていることを、グループのみなさまも巻き込みながらすぐに実行に移しましょう。そして、世のため、人のために貢献する人生にしようではありませんか。
by ohkimakoto | 2014-08-01 13:47 | 2014年分
2014.07.25
 いよいよ月曜日からジャパン リジョナルサミットですね。準備はいかがでしょうか。今回は3,000名を超えるみなさまのご参加を予定しており、国内ではこれまでにない規模のイベントとなります。アメリカ本社の役員はもとより地元スタッフやイベント会社、主催ホテルも一丸となって、みなさまが最高の体験ができるように準備しております。ご期待ください。

 さて、こうしたイベントのたびにわたしには本社役員の通訳という大切な仕事が割り当てられます。緊張と喜びの入り混じった充実した時間です。今回もジョン・ワズワース社長とケリー・オルセン最高マーケティング責任者の通訳を担当しますが、今から楽しみにしています。

 思い返せば、モリンダとの出逢いも通訳の仕事でした。1998年の秋、日本でのプレオープンのイベントを控えていたモリンダ社から通訳の依頼の電話が入りました。他のネットワークビジネス企業でのいやな経験があったので一度はお断りしたのですが、いくつかの理由から1回だけの約束で引き受けることになりました。

 一般に、通訳という仕事は「語られた言葉をある言語から別の言語に置き換えるもの」であると受け取られています。でもわたしの理想は、「語られた『想い』をある言語から別の言語に置き換えるもの」です。ですから、話し手の「想い」が通じる時はいい通訳ができますが、話し手の想いが理解できない、あるいは想いに賛同できない時は大きなストレスになります。

 モリンダからの依頼を受けた時は、まさにそのストレスに悩んでいた時でした。話し手の美辞麗句に隠された本音を知ってしまった者として、集まった大勢の方々の前でその語られた欺瞞(ぎまん)に満ちた言葉を日本語にして語ることの罪悪感は並大抵ではありませんでした。

 そんな中での依頼でした。でも、1回だけの約束で引き受けたモリンダは違っていました。「文明社会から隠されてきたノニの恵みを世界中のたくさんの人々の幸せのために届ける」という使命感が企業全体に満ち溢れていて、日本を訪れた役員一人ひとりの口から出る言葉にもその強い想いが感じられました。そして、誰もがとても楽しそうでした。自分が信じることをそのまま素直に話しているとの印象を受けました。ですから通訳も、リラックスして楽しくできたと記憶しています。

 あれから間もなく16年。立場は変わり、日本市場の責任者としてモリンダに直接貢献するようになりましたが、役員の通訳はいまだに続けています。わたしにとっては大きな楽しみだからです。

 素晴らしいのは、彼らの想いがまったく変わらないことです。傍らに立っていると16年前を思い出します。あの頃と同じ、いやそれ以上の情熱が感じられます。やはり、創設当時から脈々と流れている使命感が本物で、今も彼らの心を捉えているからでしょう。

 月曜日からの2日間、どうぞ彼らの想いに浸ってください。わたしも全力を尽くして彼らの想いを的確な日本語でお伝えできるようにがんばります。
by ohkimakoto | 2014-07-25 09:30 | 2014年分
2014.7.17
 ジョン・ワズワース社長、ケリー・オルセン最高マーケティング責任者、ショーン・ホイットニー セールス担当副社長を迎えて開催されるジャパン リジョナルサミットが、いよいよ10日後に迫りました。今回のテーマは「モリンダ タイムマシン」です。
 モリンダは世代を超えて受け継がれてきたノニの恵みを現代社会に初めて紹介した企業です。その重要な役割を担ったジョン・ワズワースとともにタイムマシンに乗り、モリンダの原点を振り返るのを楽しみにしています。
 しかし、タイムマシンが連れて行ってくれるのは、モリンダの栄光の過去だけではありません。わたしたちがまだ目にしていない輝かしい未来の世界をも垣間見させてくれます。
 例えば、わたしたちが昨年から啓発活動に取り組んでいるAGEそのものについて考えてみますと、AGE関連産業の現在の市場規模は約1千億円ですが、将来的には130兆円まで拡大すると見込まれています。実に1千300倍の成長です! それはどんな世界でしょうか。想像するだけでもワクワクします。
 さあ、7月29日のサミットでタイムマシンに乗ったみなさまの前に展開されるモリンダの未来は、どのような光景でしょうか。わたしには1つだけ、今からでも見えるものがあります。それは、わたしたちの考え方の変化です。
 仕事でも私生活でも同じですが、わたしたちは起こった問題や課題を解決するために何をすべきか、懸命に考えます。問題を特定し、原因を探り、その原因を取り除く作業を実行に移すことによって改善を図ります。この考え方を「問題解決思考」と呼びます。
 しかし、タイムマシンに乗ってモリンダの未来をご覧になったみなさまの心には、「問題解決思考」を超えた新たな考え方が芽生えていることでしょう。それは、「自分や自分を取り巻く人々の中にはそれぞれ素晴らしい可能性があり、その可能性を実現するための機会を創造する力が人には備わっている」という考え方です。これを「創造的機会思考」と呼びます。
 「創造的機会思考」はプラス思考です。これまでのすべてを受け入れ、そこから学び、付け加えることにより、新たな可能性を創造していきます。否定するものは何もありません。過去のあらゆるものを包み込んでいきます。キーワードは「わたしにも何かできるものがある」です。
 「創造的機会思考」は無限の思考です。一人ひとりが解き放たれて、人の役に立つための新たな機会を求めて持てる才能を発揮し、成長していくのです。わたしたちが分け合うパイは限りなく大きくなるという「豊かさマインド」の考え方です。 
 モリンダは今回のジャパン リジョナルサミットを機に、新たなステージへと進化します。これは単なる戦略レベルの変化ではありません。考え方そのものの変化です。モリンダのこのような画期的な時期にみなさまとともに働くことができることを幸せに感じています。
by ohkimakoto | 2014-07-18 00:00 | 2014年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2017年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
2017.06.23
at 2017-06-23 17:00
2017.6.16
at 2017-06-16 17:00
講演スケジュール 2017年..
at 2017-06-09 18:13
2017.06.09
at 2017-06-09 17:00
2017.06.02
at 2017-06-02 17:45
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧