タグ:企業文化 ( 2 ) タグの人気記事
2017.02.24

 モリンダが日本に紹介されてから早いもので18年になります。わたしは恵まれてプレオープンの時から通訳兼コンサルタントとして、また2007年からは日本支社長としてモリンダと歩みをともにしてきました。そして昨年は本社であるモリンダインクの副社長という役割もいただき、モリンダの発展をグローバルな視点から見守る責任も与えられました。

 振り返ってみますと、この18年間は世間のネットワークビジネスに対する負のイメージとの戦いだったとしみじみ思います。日本という伝統にあふれる、人の心やつながりを大切にする思いやりの文化の中で、ネットワークビジネスの流通形態が悪用され、その結果として多くの人々が被害に遭い、ネットワークビジネス業界全体が社会から否定的な評価を受けることになりました。そうした負のイメージとの戦いです。

 10年前にモリンダを引き受けることになったわたしの決意は、「モリンダは違う」という事実を世の中の人々に理解していただくことにより、わたしたちの事業を一般企業と肩を並べる水準にまで引き上げることでした。そのためには、モリンダが持つ固有の価値を内外に発信する必要があると考えました。「伝統と科学を重んじ人を大切にする」という企業文化の発信です。

 モリンダは企業として、ひたむきなまでに伝統を守ると同時に、最先端の科学や技術を導入することに力を入れてきました。その結果として、わたしたちのノニの故郷であるフレンチポリネシア(タヒチ)との経済・文化・人の交流は、一企業が行うそれをはるかに超えたビジネスモデルとなっており、今後ますます発展を遂げていくことでしょう。

 わたしには夢があります。モリンダの事業にパートナーとして参画してくださっているノニ収穫者の家族の子どもたちの中から、モリンダが存在しなければ受けることができなかった高等教育を受けて国の独立のために働く人々が出てくることです。以前カリブ海のクルーズに参加した時に、タヒチ政府の運輸大臣夫妻と同じテーブルで食事をする機会がありました。その時の運輸大臣の言葉を忘れることができません。「わたしはある日本の方の援助を受けて大学を卒業することができました。毎月、お金を送ってくださったのです。この方のお蔭で大学を卒業し、今、国のために働いています。どう感謝していいか分かりません」

 黒真珠と観光の島であったタヒチが、モリンダの事業を通して最高品質のノニを世界中の人々にお届けする島になりました。ノニが農業輸出品目のトップに躍り出るとタヒチの経済はうるおい、モリンダのためにビジネスパートナーとして働いてくださる人々の生活は豊かになっていきました。そして、それまで教育の機会がなかった子どもたちにも高校や大学に行く機会が与えられるようになったのです。

 文化は英語でculture(カルチャー)と言い、「養い育てる」という意味があります。モリンダは20年以上にわたって「伝統と科学を重んじ人を大切にする」文化を築きながら、類いまれな価値を養い育ててきました。これからの20年は、モリンダのこの文化が、志を共有してくださる方々の心の中に、他では決して得られない価値を育んでいくことになるでしょう。その主役はみなさま、そしてわたしたちです。 


by ohkimakoto | 2017-02-24 17:00 | 2017年分
2015.12.17
 今週水曜日(16日)の松本、明日(19日)の東京をもって本年の「黄木 信 講演会」のスケジュールがすべて終了します。毎回の講演会にたくさんの新しい方々をご招待くださったみなさまに心から感謝いたします。講演会はわたしの話を通してIPCのみなさまにモリンダの価値を再確認していただくとともに、初めての方々にはモリンダが信頼に足る企業であることを知っていただく場です。この機会を利用して新しい方をご招待いただいたみなさまから、「モリンダの本当の姿を理解してもらえた」とのお声をいただけることは、何よりもうれしいことです。
 講演会では「伝統と科学を重んじ、人を大切にする」という企業文化に沿って、モリンダ事業の価値を説明させていただいております。この方向性は来年も継続するつもりです。なぜなら、この企業文化こそがモリンダを競合他社から差別化してきた柱であり、わたしたちの今後の躍進を支える土台であると考えるからです。
 南太平洋の島々で数千年も前から健康のために世代を超えて用いられてきたノニという植物とジョン・ワズワースの出逢いは、わたしたちにとって幸運以外の何物でもありません。それは、ジョンが奇跡の果実であるノニの管理者としてふさわしい人物だったからです。ジョンは単に利益を得るためにノニを利用したわけではありませんでした。ノニを活用することにより「世界のために何か良いことをさせていただく(Do something good for the world)」ことが、天から自分に授けられた使命と考えたのです。これがこの事業を導く不退転の志となりました。そして、同じ想いを抱き、自らの特性を生かしながら進んで貢献しようとする誠実で有能な人々がこの事業に引き寄せられ、モリンダを支えてきました。ノニという奇跡の植物の発見とモリンダ事業の設立。これこそが、モリンダが大切にする伝統です。
 モリンダにとって科学は大切です。管理を委ねられたノニという植物の価値を高め、より多くの人々の健康維持のためにお役立ていただくには、有用性や安全性についての科学的裏付けが必須であると考えるからです。科学への人的・金銭的投資は大きな成果を生んできました。ノベルフードの認定、「PDR」(米国医師用卓上参考書)への掲載と続き、さらにはノニの有用成分の中心としてのイリドイドの特定によりモリンダ製品の差別化が明確になりました。そして最近では、老化の原因物質であるAGE(終末糖化産物)の存在を市場に先駆けて紹介し、占有のTrūAgeスキャナーによるAGE測定推進活動に取り組むことにより、モリンダの社会的認知度が大きく向上することとなりました。こうした取り組みは、モリンダという企業の信頼性を大きく高めてくれています。
 伝統と科学を企業文化のレベルまで高めることができているのは、ジョン・ワズワースを始めとする5人の誠実で有能な創設者の存在があるからです。彼らを結びつけてきたのは「世界のために良いことをさせていただく」という共通の志でした。そしてその志は、同じ想いを持つ世界中の人々をも引き寄せてきました。みなさまも、そしてわたしもその中に含まれます。
 わたしたちは恵まれています。「伝統」と「科学」と「人」という堅固な土台の上に築かれた本物の事業に携わっているという安心感があるからです。来年はいよいよ創業20周年。この堅固な土台をバネに健康と経済的自由を獲得し、夢の実現に向かって可能性を解き放つ年にしようではありませんか。モリンダはスタッフ一同、そのようなみなさまを全力で応援させていただきます。
by ohkimakoto | 2015-12-17 00:00 | 2015年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30