タグ:奇跡の植物ノニ ( 1 ) タグの人気記事
2017.06.30
 関東は梅雨の真っただ中で、うっとうしい日々が多くなりました。朝8時前、家の窓から階下の公園を眺めると、集団登校で集まった小学生の黄色い傘が周囲の木々の緑に映えてとてもきれいです。思わず、「雨だけど、今日も楽しい一日になるといいね」と声をかけたくなりました。

そんな、ごくありふれた、何でもない一日の始まりっていいですよね。しかも、自分以外の人や自然に思いをはせている自分がいる……。

モリンダに関わってからこんな毎日が続いています。もちろん、問題がないわけではありません。解決しなければならない課題は毎日、次から次へと出てきます。でも、すぐにと言われれば無理かもしれませんが、時間さえかければ解決できるものばかりです。自分たちの手で積極的に解決を図るものもあれば、それこそ手を下さなくても時の経過とともに真実が明らかになり、自然に解決していくものもあります。

『TQ―心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント』(ソフトバンク文庫)の著者ハイラム・W・スミスは、そのような状態を「心の安らぎ」と呼びました。そして、時間管理の究極の姿はこの「心の安らぎ」を得ることにあると述べています。

この本の翻訳の依頼を受けたのは、20年以上にわたるサラリーマン生活を終えて自分の会社を立ち上げたばかりの頃でした。「心の安らぎ」はそんなわたしの夢でもありました。翻訳はかなりのスピードで進んだと記憶しています。興味深いエピソードが数多くちりばめられていたことと、著者の言葉の一つひとつがわたしの信条とするところと一致していて、「確かにその通りだよね」と大きくうなずきながら訳を進めていくことが多かったからです。幸い、現在でも多くの読者の共感を呼び、いまだに再版が続いています。

モリンダで働かせていただいていて最も強く感じるのは、この「心の安らぎ」です。みなさまの多くもモリンダに対して同じお気持ちを抱いておられるのではないでしょうか。理由はかんたんです。嘘をつく必要がまったくないからです。いつでもどこでも真実だけを語ればいいからです。奇跡の植物ノニとの出逢いから世界で初めての製品化、そしてダイナミックコンプレッションを取り入れた不払い金の生じない53パーセントの還元率を誇る公平で斬新な報酬プランの導入、最先端の科学技術への再投資と継続的な新製品や新システムの開発。こうした20余年にわたる事業活動の中で、モリンダは常に「世界のために何かいいことをさせていただく(Do something good for the world)」ことをモットーに、万人が求める健康と美と経済的自由の実現を真剣に、誠実に求めてきました。その結果、「モリンダさんはしっかりした会社ですから大丈夫ですよ」と多くの方に言っていただけるようになっています。喜ばしい限りです。

たまたま今週、モリンダの取引銀行の営業部長の方とお話をする機会がありました。今後のお付き合いについてとてもいい話ができたのですが、実はこの方、前もって会社見学に参加されました。そして、AGE(終末糖化産物)の値を測定された後でショップに立ち寄り、マキシドイドを購入され、「登録するにはどうしたらいいのですか?」と尋ねられたとのことです。

 みなさまの周りにもこのような方が増えていくことでしょう。誠実なモリンダライフを実践しておられるみなさまの姿を見て、ご自分も同じ「心の安らぎ」を得たいと思われるはずだからです。
by ohkimakoto | 2017-06-30 17:00 | 2017年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31