タグ:日本経済新聞 ( 3 ) タグの人気記事
2017.05.26
 真夏を思わせるような日差しもようやく落ち着き、本来の気温に戻ってきました。木々の緑に躍動を感じる季節です。お元気でしょうか。

 いよいよテマナ ノニ ブライトニングの正式販売が始まりました。モリンダの20数年にわたるノニの研究から生み出され、日本香粧品学会から抗シワ認定※を受けた画期的なパーソナルケア製品。実際に使用した方々の驚きが日本だけにとどまらず世界中から寄せられています。でも、テマナを広めていただく最大の武器はご自身の体験ですよね。「自分が変わり、人が変わり、世界が変わる」の順番で行きましょう。そうすれば、他の方々の体験談も効果的にお使いいただくことができます。

 また、ウェブサイトにおけるビジネスツールであるオフィスプロにご登録いただいた方の数ですが、4月中旬の各セールスオフィスでのトレーニングを機に過去最高を更新中との報告を受けました。テマナの正式発売と同様、このこともとてもうれしく思います。オフィスプロには現在の、そして今後のみなさまのモリンダ活動を飛躍的に向上させるさまざまなツールが組み込まれているからです。リスト作り、入力とサンプルの送付、フォローアップ、購入のおすすめなど、今まで苦労して、時間をかけてやってきたことがシステムの力を借りて驚くほど効率的にできることを知った時の感動をぜひ味わっていただきたいです。苦手な方もいらっしゃるとは思いますが、まずは使ってみましょう。少しずつで大丈夫です。スタッフはもちろんグループやご家族の助けを借りるのもいいですね。オフィスプロを通してモリンダ活動の「はずみ車」が次第に回り始めるのをぜひ実感していただければ幸いです。

 さて、以前「7つの習慣」の講師をしていた時によく次のようなご意見をいただきました。「『7つの習慣』で述べられている原則ってごく当たり前のこと、言ってみれば常識ですよね」精神文化を大切にする日本人にはこう感じる人が多いようです。これに対して著者であるスティーブン・R・コヴィー博士はこう答えています。「『7つの習慣』は常識の集大成です。でも、常識はなかなか実践されないのです」口では立派なことは言えても、それを実践している人は少ないということでしょうか。

 1998年の出逢い以来、わたしはいろいろな角度からモリンダを見てきました。初めは通訳兼コンサルタントとして、またタヒチアンノニ ジュースの愛用者として、そして10年前からは日本市場の責任者として。そして、創業以来20年を超えて今もなお社会への貢献を拡大しつつあるこの企業の強さが、コヴィー博士が言う「常識の実践」にあることをひしひしと感じるのです。 

 昨年8月、モリンダが同志社大学大学院生命医科学研究科糖化ストレス研究センターとの連携でタヒチアンノニ カフェを通じて提供したAGEレスメニューが、日本経済新聞に取り上げられました。ネットワークビジネス企業の名称や業績が日本経済新聞に掲載されるのは異例なことです。

これこそが、モリンダがこれまでの20余年、常識を公言するだけではなく地道に実践を重ねてきたことを示す実例です。モリンダにとっての常識とは、「伝統と科学を重んじ人を大切にすること」です。この常識の実践がモリンダの文化となり、モリンダをネットワークビジネス業界でも特異な存在としてきたのです。わたしたちはこれまでどおりこれからも、事実に対して謙虚であり、人に対して誠実であり続けたいと思います。なぜならモリンダは、創業時にケアリー・エイシーがいみじくも述べたように、「憔悴し切ったネットワーカーにとって安息の場」となるべく運命づけられた企業だからです。 

※ノニ ブライトニング セラムのみ。効能評価試験済み。乾燥による小ジワを目立たなくする効果があります。
by ohkimakoto | 2017-05-26 17:03 | 2017年分
2017.03.17

 みなさまにこのメッセージをお届けするのは、2017 ジャパン ビジネスサミットの最終日です。間もなく関東では桜の季節。出席されたみなさまは、今後の、特に今年から来年にかけてのモリンダの製品戦略やビジネス戦略を目の当たりにして、意欲に燃えておられる頃ではないでしょうか。

 数千年の伝統に育まれた奇跡の果実ノニを世界で初めて製品化したモリンダ。そしてモリンダは、その後20年以上にわたり、ノニを始めとする有用植物の基礎研究や成分研究、さらには内外の研究機関との共同の試験を重ねることにより、単なる製品提供の企業から人々が共通に持つ願いをかなえるための支援をする企業へと進化を重ねてきました。

 またモリンダは、ノニの主要成分であるイリドイドの発見やその後の新たな健康指標としてのAGE(終末糖化産物)の啓発と測定推進活動を通して、そのブランドを従来のネットワークビジネスの枠を超えて大きく向上させることに成功しました。昨年8月には、日本経済新聞の朝刊(817日付)にモリンダとタヒチアンノニカフェが同志社大学との産学連携の一例として紹介されるまでになっています。そして今やモリンダは、「タヒチアンノニ」、「トゥルーエイジ」、「テマナ」、「モリンダウェルネス」というブランドを柱として、「健康」と「見た目の良さ」と「経済的自由」という共通の願いを満たすべく前進を続けています。

 しかし、こうしたモリンダの20年を越える歴史に想いを馳せる中で、わたしにはもう一つ、大切にしたいと思うものがあります。それは、モリンダが無から有を生み出したという歴史的な事実です。

 モリンダは無から有を生み出した企業です。モリンダが誇る旗艦製品タヒチアンノニジュースは、無から生み出されました。それまで、ノニを製品化した人や企業はなかったからです。

 無から有を生み出すには大きなエネルギーが必要です。タヒチアンノニジュースの製品化も例外ではありませんでした。ノニの研究の第一人者で生涯を通じてモリンダを全力でサポートしたラルフ・ハイニキー博士、モリンダ設立のために資本提供をし、アメリカ本社の社長としてサポートをし続けているケアリー・エイシー、斬新な報酬プランを構築したケリー・オルセン、ノニの探求のために経済的な支援をしたスティーブン・ストーリー、味の調合で主要な役割を果たしたローラ・ロバートソン(現モリンダ研究員)、タヒチ側の支援体制を構築したエドゥアルド・トゥアイラウ。モリンダがノニを発見してから製品として世に出すまでには、異なった才能を持つたくさんの人々の協力が必要でした。こうした一人ひとりの貢献なくして、モリンダは無から有を生み出すことはできなかったのです。

 モリンダがタヒチアンノニジュースを世に出した後、数多くの模倣製品が出続けています。「新たに開発された科学的手法で」また「別の植物を加えることによって」価値が高まったと称する製品も多く見られます。事実モリンダも、イリドイドを定量化して抽出する独自の特許技術を用いることにより、トゥルーエイジマキシドイドやトゥルーエイジ エクストラオリーブなどイリドイド強化製品を提供してきました。しかし、これらはあくまでも成分構成を科学的に変更した改良版にすぎません。数千年の伝統と現代の科学、それに愛する人々への想いが一つになって無から生み出された価値は、科学だけで解決されたものを凌駕するとわたしは確信しています。わたしたちはモリンダがタヒチアンノニジュースを旗艦製品として保持していることを誇りに思います。今こそ、無から生み出されたタヒチアンノニ ジュースの価値を再認識すべき時ではないでしょうか。モリンダは天からの贈り物であるノニの管理を託された唯一の企業なのですから。



by ohkimakoto | 2017-03-17 17:00 | 2017年分
2016.08.26
 数々の感動を残したリオデジャネイロオリンピックも幕を閉じました。4年後はいよいよ東京ですね。今からとても楽しみです。モリンダも東京オリンピックの成功のために何らかの形で貢献できればと願っています。寝不足からやっと解消されると思いきや、今度は9月7日から18日までの日程でパラリンピックが開かれます。世界160以上の国から4,000名を超える選手たちが集い、528の種目にわたって競技を繰り広げます。感動と寝不足の日々がまた続きますね(笑)。

 さて、もうすでにご存じの方も多いと思いますが、先週の水曜日、8月17日の日本経済新聞の朝刊にモリンダの記事が掲載されました。日本経済新聞と言えばビジネス界では最も権威のあるメディアで、日経紙に掲載されることは一つのステータスとして捉えられています。またその権威ゆえに、これまでネットワークビジネス関連の記事が掲載されることは皆無でした。それが、「モリンダ」と「タヒチアンノニ カフェ」という名称が朝刊の紙面に登場したのです。

 記事が掲載された日本経済新聞の第27面は「大学」と題する産学共同のプロジェクトを紹介するページですが、今回、「キャンパス発この一品」というタイトルのコラムでタヒチアンノニ カフェの夏限定メニュー「夏野菜のAGEレススパイスカレー」が取り上げられました。同志社大学との共同開発による「老化防止期待カレー」というコピーで、スパイスが老化原因物質であるAGEを抑制することが紹介されています。こうあります。

 「同志社大学大学院生命医学研究所の糖化ストレス研究センターが2015年、複数のスパイスやハーブにAGEの生成を抑制する効果があることを確認。食品の製造や販売を手がける米モリンダ ワールドワイド インクと共同で研究を進めてきた。今年7月にはオリーブの葉に含まれる物質にAGE分解作用があることを発見、研究成果を発表した。同社の日本支店(東京・新宿)が運営する『タヒチアンノニ カフェ』が、AGE抑制効果のあるローズマリーやサンショ、ブラックペッパーなどのスパイスやハーブを独自の技術でブレンドし、カレールーを開発。9月30日まで期間限定で提供している」(『日本経済新聞』 2016年8月17日朝刊より引用)

 1996年の創業以来、科学に対して真摯に向き合うことを社是とするモリンダは、ノニのパイオニア企業として研究開発に多額の投資を行ってきました。ノニを始めとする有用植物の専門研究施設を創設し、専門の研究員を雇用。大学との共同研究は、アメリカ国内はもとよりカナダ、ドイツ、チリ、ロシア、日本、中国、台湾などの28の大学に及びます。今回の日本経済新聞への掲載は、モリンダのこうした地道な努力の成果の一つであると言えましょう。

 少子高齢化社会への打開策としての健康と経済。モリンダは十分すぎるほどの科学的な裏付けを背景にその解決策としての優れた製品群と、製品と有機的に結びついた継続的な収入を実現する仕組みにより、社会にユニークな貢献をするブランドとしてその地位を確立しつつあります。「文明社会から隠されてきたノニの恵みを世界中のたくさんの人々の幸せのためにもたらす」との志からスタートしたモリンダ。創設者を始めとして世界中の志を共有する無数の人々の20年にわたる献身的な努力によって、モリンダというブランドは他では得られない価値をもたらしているのです。
by ohkimakoto | 2016-08-26 17:00 | 2016年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2017年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
2017.07.21
at 2017-07-21 17:00
講演スケジュール 2017年..
at 2017-07-14 18:10
2017.07.14
at 2017-07-14 17:00
2017.07.07
at 2017-07-07 17:00
2017.06.30
at 2017-06-30 17:00
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧