タグ:甲斐 修侍選手 ( 2 ) タグの人気記事
2017.02.17
 フェイシャルケアを中心としたトータルケアの国産高級ブランド、テマナがLTO(期間・数量 限定販売)にご参加いただいたみなさまのもとに届いていることと思います。使い心地はいかがでしょうか。先日行われた東京の月例ミーティングで、一人のIPCの方から声をかけられました。「社長、分かります?」

 この「分かります?」という言葉がモリンダではこれからたくさん聞かれるようになるのではないでしょうか。ご自分で使用感を確かめながらユニークな方法で製品の良さを広めようとしてくださっている方々が大勢いらっしゃいます。みなさまのモリンダ愛に心から感謝いたします。

 健康と経済はわたしたちの幸せの基盤ですが、みなさまご存じのように健康は体の内と外に分かれますね。モリンダは内なる健康に寄与する、他に類を見ない伝統の植物に出逢うことができました。それを最新の科学の力を借りて製品化することにより、多くの人々に若々しくはつらつとした生活をお届けしてきました。

 そしてこのたび、同じ植物から外からの健康、つまり見た目の良さに寄与する成分を特定したモリンダが、満を持してお届けしようとしているのがテマナです。世代を超えて人々の願いに応える製品、またブランドチェンジという余分な出費を生じない方法でお試しいただける製品として、お気軽にご紹介いただけるのではないでしょうか。

 見た目の良さは自信につながり、ポジティブではつらつとした人生をもたらします。人生に対する考え方や姿勢は人々の行動を変えます。スコットランドの作家サミュエル・スマイルズの有名な詩にこうあります。

「想いの種をまいて 行動を刈り取り

行動の種をまいて 習慣を刈り取る

習慣の種をまいて 人格を刈り取り

人格の種をまいて 人生を刈り取る」

 先週はうれしいことがいくつか続きました。一つは、ダイヤモンドパールエリートのスミス奈津美さんたちが中心になってモリンダ ビルディングで定期的に開催してくださっている「子育てママのティーパーティー」の様子を写真で知らせていただいたことです(写真参照)。この活動はこの4月で5年になりますが、小さなお子さまをお持ちのママさんたちが気軽に交流を深め、モリンダについて学べる格好の場として定着してきました。育児でお忙しい中励まし合いながら、内から外からの自分磨きに楽しく取り組んでくださっています。みなさまのご努力に感謝するとともに、これからもたくさんの方々に心地良い居場所を提供してくださることを願っています。

 もう一つは、12日の日曜日にモリンダが個人スポンサーとして製品を提供しているフットサル界のレジェンド、甲斐 修侍選手(ペスカドーラ町田、44歳)の現役引退という歴史的な日に立ち会えたことです。ペスカドーラ町田にとってもプレーオフ進出がかかった大事な試合でした。結果は見事5対2でペスカドーラ町田の勝利。甲斐選手の引退に花を添える形となりました。試合後にお会いした甲斐選手からは、「モリンダさんのおかげでこんなに長くプレーができました」とおっしゃっていただきました(写真参照)。今後はペスカドーラ町田の代表として、またフットサル界のレジェンドとしての新たな活躍が期待されますが、そこには彼の現役生活を支えたモリンダ製品の存在がいつまでも語られることでしょう。

 20年を超える時の流れの試金石を乗り越えながらこれからも世界に貢献し続けるモリンダ。その一員であることを誇りに思います。
e0258787_17321769.jpg
e0258787_17331337.jpg
by ohkimakoto | 2017-02-17 17:00 | 2017年分
2016.03.04
 いよいよ3月ですね。季節や年度の変わり目だからでしょうか。モリンダ ビルディングの前を通る人々の表情からはどことなく「明るさ」が感じられます。いい季節になりました。

 先週はうれしいことが2つありました。1つは、フットサル界のレジェンドであり、モリンダがドリームプロジェクトメンバーとして製品提供をさせていただいているペスカドーラ町田の甲斐 修侍選手(今月22日で44歳)がモリンダ ビルディングを訪れてくださり、現役を続行することを表明してくださったことです。

 フットサルはボールコントロールのスキルはもちろんのこと瞬発力と持久力の両方が要求され、しかも試合での接触によるけがも多い過酷なスポーツです。甲斐選手はモリンダ製品の優れた力を体感し、これまでペスカドーラ町田の中心選手として自分よりも20歳も若い選手たちと肩を並べて対等に活躍してこられました。そんな甲斐選手の言葉です。「やり残したことがありますし(注:昨シーズンは全体の2位でプレーオフに進出しましたが、最初の2試合に敗れてしまいました)、まだまだできそうな気がするのでがんばってみたいと思います」。そんな高い志を持ち、トゥルーエイジ マキシドイドとプロテインプラスをこよなく愛用してくださっている甲斐選手を今年も全力で応援したいと思っています。

 もう1つは、日曜日に行われた「東京マラソン2016」です。おかげさまで制限時間内に完走できました。応援ありがとうございました。天候にも恵まれ、普段は車が行き交う東京の中心部を思う存分走れるのは感動以外のなにものでもありません。沿道の人々の応援もまったく途切れることなく、中にはお盆に載せたお菓子や果物をランナーに振る舞う家族連れもあちこちで見かけました。沿道の人々とハイタッチをしながら走っていると、力が湧いてきます。

 沿道からの声援の中で最も力になった言葉って何だと思いますか。それは、ある男性が叫んだ「いいなあ。走れるのがうらやましい」という言葉でした。今年は参加せずに主だった場所に先回りして援助してくれた次男からも同じ言葉が聞かれました。「うらやましいなあ。俺も走りたいよ」

 そうですね。68歳という年齢で日本中のIPCのみなさまからの応援を受けながら、しかも夫婦でフルマラソンを走れることは、何にも代えがたい喜びであり、特権だと思います。感謝したいと思います。

 わたしの願いは、ペスカドーラ町田の甲斐選手のように、モリンダ製品の優れた力の後押しを受けながら、いつまでもはつらつとした生活を続けることです。「まだまだできそうな気がします」と言って新たなことにチャレンジする人が1人でも増えればうれしいですね。

 今回はわたしたちのモリンダ ライフをご紹介しました。マラソンの後、中2日おいて京都で「黄木 信講演会」がありました。そう言えば、初めてフルマラソンを完走した昨年3月も、中2日おいて大阪でケリー・オルセン最高マーケティング責任者の特別講演会の通訳を務めました。松下 幸之助翁の言葉を借りるならば「志があればお役目が生まれる」。これからもモリンダの志から生まれるお役目をしっかりと果たすことができるように、気持ちの上でも体力の上でも続けて精進していきたいと思っています。


e0258787_10522773.jpge0258787_10542619.jpg
by ohkimakoto | 2016-03-04 10:54 | 2016年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2017年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
2017.09.15
at 2017-09-15 17:00
2017.09.08
at 2017-09-08 17:00
講演スケジュール 2017年..
at 2017-09-07 16:56
2017.09.01
at 2017-09-01 17:00
講演スケジュール 2017年..
at 2017-08-29 17:59
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧