タグ:社会貢献 ( 2 ) タグの人気記事
2017.07.28
 梅雨明け10日は山の天気が最も安定すると言われていて、若い頃は毎年この時期になるとアルプスの縦走を楽しんでいました。残雪を吹き抜ける涼風や夜空を埋め尽くす無数の星の輝きを今でも懐かしく思い出します。お元気で夏の日々を堪能していらっしゃいますでしょうか。

7月はタヒチアンノニ セレブレーションでした。みなさまお一人おひとりがこれまでモリンダを支えてきたタヒチアンノニ ジュースについて、その原料であるノニという植物の由来や健康への有用性、そして現代科学との出逢いから製品としての広がりまで、モリンダの21年にわたる歴史も含めて学んでいただきました。

さて今週の「幸せの仕掛人」では、タヒチアンノニ セレブレーション シリーズの最後として、フレンチポリネシア(タヒチ)について触れたいと思います。

みなさまご存じのように、ノニにはビタミンやミネラル、ファイトニュートリエントなど多くの栄養素が含まれていますが、モリンダは意図的にフレンチポリネシア産のノニだけを使ってきました。他と比較して優れていることが分かっていたからです。フレンチポリネシア産ノニは形状も大きいですし、275種類以上もの栄養成分が含まれています。

その違いはどこから来るのでしょうか。主に2つの理由が考えられます。まずはノニの伝播の過程です。東南アジアから南太平洋の島々に移住を重ねていった時、人々は新しい島での生活のために、それまで育ったノニの中で最も品質の良いものを選んでカヌーに積みました。インドネシアからトンガ、サモアを経て、その伝播の最終段階に来るのがフレンチポリネシアです。ですから、フレンチポリネシアに届くまでには自然の品種改良が行われてきたと言えるでしょう。

もう一つはフレンチポリネシアの環境です。自然に生育する植物の成長や品質を決めると言われる環境要素が土、空気、水、日光ですが、この点フレンチポリネシアは、ノニにとっては完璧な生育環境です。西ヨーロッパと同じ面積の海域に118の小さな島が点在しており、重化学工業や大規模な農業、そして人口の集中がありません。また、海底火山の隆起によってできた島々の土壌はノニの生育に最適なミネラル分を多く含んでいます。

このように、製品に最高の品質を求めるために原料の供給をフレンチポリネシアに限定してきたモリンダですが、その結果、最高品質のノニ製品を提供することに加えて、もう一つの大きな成果を手にすることになりました。それは、フレンチポリネシアへの社会貢献です。

モリンダによってフレンチポリネシアに新たにノニ産業が生まれると、地元の経済が大きくうるおいました。しかもモリンダは、地元の人々を単なる労働力ではなくビジネスパートナーと考えてしっかりとしたトレーニングを行い、地元での事業の定着を図りました。世の中ではフェアトレード(公正な取引)がようやく話題に上り始めた時期ですから、まさに先見性のある画期的な取り組みであったと言えます。

こうした業績が認められ、2004年2月11日には国際連合の外郭団体である非営利組織ICCC(The International Council for Caring Communities)より社会貢献賞(Social Responsibility Award)の表彰を受けました。この賞は、全世界ならびに地方の定住地における生活の質の向上に対する傑出した持続的な働きを奨励し、表彰し、その認識を高めることを目的に設立されたものです。

わたしたちは「世界のためにいいことをさせていただく(Do something good for the world)」という理念を確実に実行に移してきたモリンダを誇りに思うと同時に、これからもノニの故郷(ふるさと)であるフレンチポリネシアとの関係を大切にしていきたいと思います。
by ohkimakoto | 2017-07-28 17:00 | 2017年分
2016/05/20
 風薫る季節です。萌える緑に色とりどりの花々が鮮やかです。お元気でお過ごしでしょうか。

 ノニの恵みを空白地帯にももたらすためのAD(エリア ディベロッパー)プログラムが展開されていますが、去る11日、今回そのターゲットとなっている4府県の1つである三重県の四日市市で「黄木 信講演会」を開催しました。

 その会場に桑名市から車椅子で、しかもお独りで電車に乗って参加してくださった方のことをご紹介したいと思います。この女性の方はタヒチアンノニ ジュースを飲み始めて3年。初めてお会いしましたが、とても快活な方です。脳性麻痺で生まれて以来ずっと車椅子生活。7年前にはご両親を亡くし、以後はお独りで車椅子生活を続けていらっしゃいます。

 握手を交わした彼女が恥ずかしそうに、バッグから茶色の封筒を取り出しました。「わたしの手紙です。読んでください」

 帰りの電車で読みました。ピンクの用紙にワープロで書かれた手紙でした。涙が止まりませんでした。ご本人の許可を得ておりますので、少し長いですがご紹介します。

 「ノニを飲み始めて3年。たくさんのノニの恵みを受けて自信が持てるようになりました。これまで運動したことはなかったのですが、自信がついたことで、今はヨットスクールに通っています。58kgあった体重がマイナス13kgの45kgになり、AGE年齢も70歳から46歳に変化しました。 ここまで自分が変われたことで、ずっとお世話になっていた整形外科の先生に何か恩返ししたいと思うようになりました。『先生の65歳の誕生日に歩けるようになりたい! 先生をびっくりさせたい!』と思い、計画を立てました。

 まず歩くには靴が必要だと思ったので、生まれて初めて靴を作りました。靴を履く練習を毎日毎日ずっと続けてきました。歩く姿をイメージしてビデオに残したいと思い、ビデオカメラまで買いました。

 本当に立つことができるだろうかと不安になり、途中であきらめかけたこともありましたが、『絶対立つ! 歩いて先生を驚かす! 歩く姿をビデオに撮る!』と強い決心で挑戦してきたので、周りの方の支えもあり、達成できました。

 こんなふうに、わたしのライフスタイルは大きく変わりました。

 わたしは今、もう少し自立したいと思うようになりました。『自分が少しでも人の役に立ちたい! 社会貢献したい』と思っています。(以下略)」

 わたしたちの人生には、自分ではどうにもならないことがたくさんあります。それを他人や会社や環境のせいにして恨んだり嘆いたりすることはかんたんですが、この方はそうはしませんでした。逆に、「体の不自由なわたしでも何かできることがあるのではないだろうか?」と考えたのです。

 自分の人生が変わったことを一人でも多くの人に伝えることによって、幸せになれる人をたくさん見つけ、社会貢献をしたい。どうしたらそれができるだろうか? 彼女なりに考えた答えが、ご紹介した手紙の内容です。素晴らしいとお思いになりませんか。わたしも見習いたいと思います。

 お一人おひとりの方々にこのような行動を起こさせる力が、わたしたちが携わるモリンダという事業にはあるのだということを心からうれしく思った出逢いでした。
by ohkimakoto | 2016-05-20 10:45 | 2016年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2017年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
2017.12.15
at 2017-12-15 14:50
講演スケジュール 2018年..
at 2017-12-15 14:38
2017.12.08
at 2017-12-08 14:50
2017.12.01
at 2017-12-01 14:50
2017.11.24
at 2017-11-24 14:50
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧