タグ:福島 ( 2 ) タグの人気記事
2017.11.17
 紅葉真っ盛りの日本列島です。朝夕の気温がぐっと下がり、庭に置いてあった我が家の2本のノニの鉢植えもリビングの日当たりの良い場所に移しました。狭くなりますが、何だか家族が増えたようです。お元気でしょうか。

 おかげさまで白内障の手術が左右両方とも無事に終わって1ヵ月。経過も良好なのでメガネを作り直しました。眼内レンズは近いところに焦点を合わせたものを選んだので、メガネは遠くを見る時に焦点が合うようにしてあります。まるで別世界です。明るさも、色彩も、見え方も、これまで経験したことのない感動のレベルです。会社のミーティングでも、プレゼンテーションのスライドが見えにくかったのでスクリーンの近くの席に代わってもらっていましたが、元の席に戻りました。スクリーンに映し出されたスライドの小さな数字もはっきりときれいに見えます。

 思えばここ何十年もの間、遠くがよく見えないのが当たり前の生活でした。ゴルフ場でも、自分が打ったボールの行方が分からず、「どこに行った?」と仲間に聞いてばかりいましたし、モリンダのイベントで同時通訳をしている時も、映し出されたスライドの文字が見えずに苦労していました。

 スティーブン・R・コヴィー博士はその著書である『7つの習慣』の中で、人はみな自分独自のレンズを通して世の中を見ていてそれが当たり前だと思い込んでいる、と述べています。

 「誰しも、自分は物事をあるがままに、客観的に見ていると思いがちである。だが、実際はそうではない。わたしたちは、世界をあるがままに見ているのではなく、わたしたちのあるがままの世界を見ている」(『完訳―7つの習慣』キングベアー出版、p. 22)

 そして、大きな変化を望むのであれば、わたしがやったように、レンズを替えることが必要だと説いています。

 モリンダの21年間の業績の一つは、ネットワークビジネス業界に新たなレンズを提供したことではないかと考えています。ビジネスオポチュニティー偏重の、製品力よりも巧みなトークや見せかけの成功で人を勧誘する多くのネットワークビジネスの姿は、人々に大きなマイナスの印象を植え付けてきました。1999年2月1日の日本での創業を前に1998年11月にプレオープンのミーティングを開いたモリンダも、同じ目で見られていたと思います。

 しかし、通訳としてその場にいたわたしは、モリンダの特異性を強烈に感じていました。あいさつのためにステージに立った創設者一人ひとりが、製品であるタヒチアンノニ ジュースの素晴らしさを、個人的な体験を交えながら熱く語ったのです。それまで関わってきた他のネットワークビジネスでは決して見られない光景でした。

 あれから19年の歳月が流れ、モリンダは今、別のレンズを通して見ていただけるようになりました。人々の見方はこうです。「モリンダさんはしっかりした会社ですから大丈夫ですよ」。昨年の8月には日本経済新聞の朝刊にモリンダの社名とタヒチアンノニ カフェの名前を含んだ記事が掲載されました。画期的なことです。

 今週の水曜日にはモリンダ史上初めて、東日本大震災に見舞われた福島で「黄木 信 講演会」を開催することができました。実現にご尽力いただいた地元のリーダーのみなさまには心より感謝いたします。会場となった福島駅前の「ザ・セレクトン福島」には100名を超える方々が集まってくださいました(写真参照)。半数がわたしの話を初めて聞いてくださる方々でしたが、みなさま、モリンダを見るレンズを替えてくださったのではないかと思っています。

 わたしの願いは、みなさまのお力添えを受けながら、少しでも多くのみなさまがモリンダを見るレンズを替え、モリンダの素晴らしさを実感していただきたいということです。
e0258787_14315078.jpg

by ohkimakoto | 2017-11-17 14:50 | 2017年分
2017.08.04
 8月に入りました。暑中お見舞い申し上げます。わたしが23歳まで過ごした山形市は、東西を山々に挟まれた扇状盆地で、海からは遠い場所にあります。ですから、山形の子どもたちにとっての夏の夢は海に行くことでした。わたしのためにその夢をかなえてくれたのが、当時仙台市に住んでいた叔母でした。叔母は母と祖母と姉とわたしを家に招待し、近くの菖蒲田(しょうぶた)海岸の海水浴場に連れて行ってくれました。その叔母はもう他界しましたが、8月のあの経験は決して忘れることができません。先日、その菖蒲田海岸が東日本大震災から6年の歳月を経て、海水浴場として再開したとのニュースが流れました。とてもうれしく思いました。近いうちに必ず訪れたいと思っています。

 関連してうれしいお知らせです。今年の11月15日(水)に福島市で「黄木 信 講演会」を開催することが正式に決まりました。震災後初めて、というよりも、モリンダがオープンして初めての福島県内での開催です。ここ数年、着実に活動の規模を広げてくださっている福島県と宮城県のIPCのみなさまからの強い要望で実現しました。

セールスオフィスから離れた地方での講演会の開催には2つの目的があります。1つはモリンダについて知らない方々が多い地域で1人でも多くの方々にモリンダの存在を知っていただくこと。もう1つは、その地域で活動してくださっているIPCのみなさまに、講演会の日を目標にして活動のレベルを高め、ご自身の組織構築に役立てていただくことです。単にその日に動員を集中するだけではありません。開催予定日を目標地点としてご自身の周囲におられるモリンダ ファミリーに加わっていただける可能性のある方々をリストアップし、その方々が開催日には講演会への出席も含めてどうなっていてほしいのか、具体的な姿を心に描き、その実現のためにプランを立てて日々行動することです。

福島での講演会に限らず、わたしはモリンダで行われる各種行事を単なるその日だけのイベントにはしたくありません。点ではなく線で捉えたいのです。年に2回開かれるイベントであれば、前の半年は準備、後の半年はアフターフォローと次のイベントへの準備として具体的に活用したいと思います。最高マーケティング責任者のケリー・オルセンは、モリンダ活動には「リズム」が大切であることを繰り返し強調しています。

今月に実施されるテマナ ノニ ブライトニングのLTO(期間・数量 限定販売)第2弾も、半年ごとのリズムを刻みながら新製品への期待と活動を先取りする手段として導入しているものです。ぜひとも単なるイベントとしてではなく継続した仕組みとして、新規獲得や組織構築のために積極的にお役立ていただければと願っております。

『7つの習慣』の第3の習慣「最重要事項を優先する」では、1週間ごとのリズムを生活に取り入れるようにすすめています。週に1度、30分ぐらいの時間を取り、過去1週間の行動の評価を行います。それに基づいてこれからの1週間の行動計画を立てるのです。できなかったことはできるように優先度を上げてスケジューリングするでしょうし、できたことはそのまま継続するように努力することでしょう。つまり、都合2週間で調整を図るのです。

福島の講演会もそのような準備とアフターフォローによって支えられたイベントとなり、今後も継続してリズムを刻める機会にできればうれしいです。
by ohkimakoto | 2017-08-04 17:00 | 2017年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2017年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
2017.12.15
at 2017-12-15 14:50
講演スケジュール 2018年..
at 2017-12-15 14:38
2017.12.08
at 2017-12-08 14:50
2017.12.01
at 2017-12-01 14:50
2017.11.24
at 2017-11-24 14:50
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧