タグ:育成 ( 1 ) タグの人気記事
2017.06.23
 モリンダ ユニバーシティーを終えて迎えた今週の月曜日、久しぶりに日中を家で過ごす機会がありました。わたしたち夫婦にとっては大変貴重な1日だったので、その日にしたいことをリストアップしました。そのうちの一つが、ビワの実の採り入れでした。

 我が家はマンションの1階の角部屋で、テラスから続く猫の額ほどの専用庭があります。その庭の別々の場所に、たぶん鳥が種を運んできたのでしょう、2本のビワの木が自然に生えてきて、今では3メートルを超す高さにまで成長しました。今年も黄色い実をたわわにつけたので、鳥につつかれる前に収穫することにしたのです。

 脚立を使いながら枝を手繰り寄せ、実を傷つけないように少しずつ採っていきました。手入れも何もしていませんから小ぶりですし、いわゆる風擦れを起こしている実も多くありましたが、皮をむくととてもいい香りがして上品な甘さです。早速孫たちに食べさせました。「庭の木から採ったんだよ」と言うと目を輝かせて、むいた先から食べていきます。

 今はスーパーに行けば、それこそ季節も産地も関係なく何でもかんたんに手に入る時代です。そういう時代だからこそ孫には、1粒の小さな種が土の中で膨らみ、芽を出して大きな木に成長し、やがては人を幸せにしてくれる甘い実をたわわに実らせるプロセスがあることを知ってもらいたいと思いました。

モリンダ ユニバーシティーでは「育成」という概念の大切さを学びます。モリンダに関わる方々は初めからすべてご自分でできるわけではありません。少しずつ成長して美と健康と経済的自由を達成し、やがては夢を実現されます。「育成」とはIPCのリーダーの方々が、モリンダが提供するリソースを利用しながらご自身が接点を持つお一人おひとりがこのプロセスを着実に進めるように援助していくという考え方で、英語では “farming(農作業)”と呼びます。とてもぴったりな言葉ですね。土を耕し、水や肥料をやり、雑草を取り、害虫を駆除しながら、太陽の光をいっぱいに受けて立派に成長できるように助け、見守るのです。

農作業は大自然が相手の仕事ですから、短期的なテクニックや強制は役に立ちません。正しいと信じることを来る日も来る日もあきらめずに続けなければなりません。そうすればやがて、時節の訪れとともに豊かな実りがもたらされるのです。

まずは、接点を持つすべての方々(これをモリンダでは「ネットワーク」と呼びます)にモリンダという種をお届けしましょう。今この作業は、SNS(ソーシャル ネットワーキング システム)を活用することによって効果的に行うことができます。幸いわたしたちには4つの強力なブランドに分類される科学的に裏付けの取れた製品群があって、その一つひとつが大きな可能性を秘めています。特にテマナ ノニ ブライトニングは、お試しいただいたほとんどの方が良さを感じていただける製品群です。また、20年を超える歴史に裏打ちされた信頼できる会社と潤沢で公平な報酬プランも、モリンダの種の特長です。

この優れた種がみなさまの周りにいらっしゃるお一人おひとりに蒔かれるように、そしてその種を養い育てていただくことによって、受け取ったすべての方々がみなさまの助けを借りてモリンダという農場で夢を実現することができるようにと願っております。

e0258787_14351397.jpg

by ohkimakoto | 2017-06-23 17:00 | 2017年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2017年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
2017.08.18
at 2017-08-18 17:00
2017.08.11
at 2017-08-11 17:00
講演スケジュール 2017年..
at 2017-08-08 10:07
2017.08.04
at 2017-08-04 17:00
2017.07.28
at 2017-07-28 17:00
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧