タグ:菖蒲田海岸 ( 1 ) タグの人気記事
2017.08.04
 8月に入りました。暑中お見舞い申し上げます。わたしが23歳まで過ごした山形市は、東西を山々に挟まれた扇状盆地で、海からは遠い場所にあります。ですから、山形の子どもたちにとっての夏の夢は海に行くことでした。わたしのためにその夢をかなえてくれたのが、当時仙台市に住んでいた叔母でした。叔母は母と祖母と姉とわたしを家に招待し、近くの菖蒲田(しょうぶた)海岸の海水浴場に連れて行ってくれました。その叔母はもう他界しましたが、8月のあの経験は決して忘れることができません。先日、その菖蒲田海岸が東日本大震災から6年の歳月を経て、海水浴場として再開したとのニュースが流れました。とてもうれしく思いました。近いうちに必ず訪れたいと思っています。

 関連してうれしいお知らせです。今年の11月15日(水)に福島市で「黄木 信 講演会」を開催することが正式に決まりました。震災後初めて、というよりも、モリンダがオープンして初めての福島県内での開催です。ここ数年、着実に活動の規模を広げてくださっている福島県と宮城県のIPCのみなさまからの強い要望で実現しました。

セールスオフィスから離れた地方での講演会の開催には2つの目的があります。1つはモリンダについて知らない方々が多い地域で1人でも多くの方々にモリンダの存在を知っていただくこと。もう1つは、その地域で活動してくださっているIPCのみなさまに、講演会の日を目標にして活動のレベルを高め、ご自身の組織構築に役立てていただくことです。単にその日に動員を集中するだけではありません。開催予定日を目標地点としてご自身の周囲におられるモリンダ ファミリーに加わっていただける可能性のある方々をリストアップし、その方々が開催日には講演会への出席も含めてどうなっていてほしいのか、具体的な姿を心に描き、その実現のためにプランを立てて日々行動することです。

福島での講演会に限らず、わたしはモリンダで行われる各種行事を単なるその日だけのイベントにはしたくありません。点ではなく線で捉えたいのです。年に2回開かれるイベントであれば、前の半年は準備、後の半年はアフターフォローと次のイベントへの準備として具体的に活用したいと思います。最高マーケティング責任者のケリー・オルセンは、モリンダ活動には「リズム」が大切であることを繰り返し強調しています。

今月に実施されるテマナ ノニ ブライトニングのLTO(期間・数量 限定販売)第2弾も、半年ごとのリズムを刻みながら新製品への期待と活動を先取りする手段として導入しているものです。ぜひとも単なるイベントとしてではなく継続した仕組みとして、新規獲得や組織構築のために積極的にお役立ていただければと願っております。

『7つの習慣』の第3の習慣「最重要事項を優先する」では、1週間ごとのリズムを生活に取り入れるようにすすめています。週に1度、30分ぐらいの時間を取り、過去1週間の行動の評価を行います。それに基づいてこれからの1週間の行動計画を立てるのです。できなかったことはできるように優先度を上げてスケジューリングするでしょうし、できたことはそのまま継続するように努力することでしょう。つまり、都合2週間で調整を図るのです。

福島の講演会もそのような準備とアフターフォローによって支えられたイベントとなり、今後も継続してリズムを刻める機会にできればうれしいです。
by ohkimakoto | 2017-08-04 17:00 | 2017年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2017年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
2017.12.15
at 2017-12-15 14:50
講演スケジュール 2018年..
at 2017-12-15 14:38
2017.12.08
at 2017-12-08 14:50
2017.12.01
at 2017-12-01 14:50
2017.11.24
at 2017-11-24 14:50
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧