タグ:誕生日 ( 3 ) タグの人気記事
2017.10.06
 10月に入り、日の短さを感じるようになってきました。お元気でお過ごしのことと思います。おかげさまでわたしも70代の仲間入りを果たしました。平均寿命が大幅に延びた今では、「古希」と言われてもピンときません。ただ、この歳でも必要とされて、志を同じくする企業の第一線で働く機会があることをありがたく、また誇りに思っています。全国の同い年のIPCのみなさま、一緒にがんばりましょうね。人生100年の今、まだまだ青春の真っただ中なのですから。

 誕生日に際しては、日本全国のIPCのみなさまから過分なお祝いのメッセージをいただきました。この場をお借りして心より感謝を申し上げます。みなさまの支えがあっての70年です。
誕生日の翌日に新宿のモリンダ ビルディングに行くと、社長室のドアを開けるなりクラッカーが鳴り、ハッピーバースデーの大合唱が始まりました。スタッフが社長室に隠れて、わたしが来るのを待っていたのです。くす玉が割られ、大きなケーキが運び込まれました。部屋の窓と天井には紫色の風船が飾られ、窓ガラスには日本全国のスタッフ一人ひとりからのメッセージが書かれたステッカーがびっしりと貼り付けてありました。1枚1枚読んでいると、書いてくれたスタッフの顔が浮かんできます。胸がいっぱいになりました。JET(ジャパンエグゼクティブチーム)からのプレゼントは最新のランニングシューズでした。とても軽く、幅広のわたしの足にピッタリ合います。これでまた2月の東京マラソンもがんばらなければなりません(笑)。このようなスタッフに支えられてモリンダの事業に取り組めることは、喜び以外の何物でもありません。

 さて、7月29日、8月30日、9月27日と、3回連続のリーダー育成トレーニングを札幌 セールスオフィスで行いました。第2弾は福岡 セールスオフィスで、9月30日を皮切りに、11月1日、12月1日の3回の予定で行います。来年は大阪、名古屋の各セールスオフィスでも開催する予定です。毎回4時間かけてわたしが行うこのリーダー育成トレーニングの趣旨は、モリンダのリーダーとしての基本的な考え方、行動の仕方を身に付けていただくことと、毎年2回開催されるモリンダ ユニバーシティーへの参加資格条件を達成する準備をしていただくことにあります。

 札幌では全3回が終了し、福岡も第1回が終わったところですが、参加されたみなさまのモチベーションはかなり上がっています。各セールスオフィスの担当者は、参加された方々が各自の目標を達成できるようにフォローするとともに、業績がどれだけ向上したかを確認していきますので、今後がとても楽しみです。内容的には「黄木 信 講演会」の後半の「人を大切にする」の部分を、個人のブランド価値をいかに向上させるかという概念と併せて説いていますので、モリンダが何を大切にしているかを再認識しながら、それを自分に、またグループにどう応用していくかを学ぶことができると確信しています。来年のスケジュールが発表されましたらぜひご参加ください。このトレーニングでお会いできることを楽しみにいたしております。

 わたしの願いは、モリンダの価値あるメッセージをできるだけ多くの心ある方々に純粋な形でお伝えすることです。純粋な形で伝わりさえすれば必ずや相手の方の心に響き、「これこそが自分が待ち望んでいたものだった」と思っていただけるに違いありません。この驚くべきパワーの存在を、リーダー育成トレーニングで実感していただければと願っています。
e0258787_18294564.jpg

by ohkimakoto | 2017-10-06 14:00 | 2017年分
2013.10.04
 先週の土曜日、ジョージア州のアトランタで66回目の誕生日を迎えました。フェイスブックや直接のメールなどを通してたくさんの方々からお祝いのメッセージをいただきました。この場をお借りしてみなさまのご厚情に心から感謝を申し上げます。このように多くの方々と絆を結ぶことができることは、妻ともども幸せ以外の何物でもありません。

 通訳としてモリンダに関わることを決意したあの1998年の日本支社プレオープンのミーティングを懐かしく思い出します。そして何よりも、わたしにモリンダに関わることを決意させてくださったIPCのみなさまに、心から、心から感謝したいと思います。みなさまの存在がなければ、今のわたしはなかったでしょう。

 今回の誕生日には感慨深いものがあります。まずは健康で今を迎えられたことに感謝しなければなりません。わたしの不注意のために、みなさまには大変なご心配をおかけしました。深く反省しております。

 しかし、わたしはこの半年間の体験を通して、精神的にも肉体的にも文字通り生まれ変わったような気持ちがしています。新たなエネルギーがふつふつと沸いてくるのを覚えます。気休めや強がりで言っているのではありません。事実、最近のわたしのTruAgeは40歳です。ケリー・オルセン最高マーケティング責任者からの誕生日メッセージには、「黄木さん、40歳の誕生日おめでとう!」とありました。40歳といえばまさに人生真っ盛りの年齢。さあ、これからです。モリンダもAGEという強力な武器を得て、大きな飛躍を遂げようとしています。

 先月、トヨタを今の世界的企業に導いた豊田 英二氏が亡くなりました。彼の下に行われた生産性向上のための取り組みは「カイゼン」や「カンバン」方式など、世界共通語になっています。モリンダ本社のサプライチェーン部門でも、この「カイゼン」方式に基づいていろいろな見直しが行われていると聞きます。

 わたしはこの豊田 英二元社長の、「ものづくりの前に人づくり」という言葉が好きです。豊田元社長はこの言葉をモットーに、豊田自動車を世界のトヨタに育て上げました。「もの」が先に来るのではなく、優れた「もの」を作り出すことのできる「人」を先に育てなければならないと言うのです。

 トヨタと同じくモリンダもメーカーです。メーカーの生命線は、優れた「もの(製品)」を生み出すことです。モリンダはこれまで愚直なまでに真剣に、自然のものを自然のままの品質で提供し、しかもそれを科学的な裏付けを用いながらさらに上のレベルまで高めてきました。そのモリンダが今、世界に先駆けてAGEという人類共通の健康指標となる可能性を秘めたツールを用いながら、直接的に社会に貢献する企業に躍進しようとしています。

 そのために問われるのは、豊田元社長の言葉を借りれば、「人づくり」を優先すること、つまり、「謙虚で、向上心に富んだ、人の役に立つ」人を無数に生み出すことです。

 モリンダでのこれからのわたしの人生を、少しでもこの「人づくり」のためにお役に立てればと願っています。
by ohkimakoto | 2013-10-04 00:00 | 2013年分
2012.9.28
 9月も末になり、ようやく秋らしい季節が到来しています。わたしは今、グローバルマーケティング担当副社長のジェフ・ワズデンとともに日本縦断のツアーに参加しています。東京での2回の講演を皮切りに、名古屋、札幌、沖縄と巡って、今日は福岡、明日は大阪でみなさまとお会いします。

 このツアーの目的は、バイオアクティブ(※)戦略の生みの親であるジェフ・ワズデン副社長にじかに接していただくこと、そして彼の言葉から、モリンダの将来の姿をIPCのみなさまの心の中に明確に描いていただくことです。

 わたしはモリンダの今のこの時期に、この事業に直接的に関われることを本当に幸運だと感じております。これも出逢いでしょうか。1998年のあのプレオープンでの出来事がすべての始まりでした。競合他社での過去のネガティブな経験から、なかば義理で引き受けた通訳としての仕事。しかし、そこで出逢ったファウンダーたちの、やさしく、明るく、前向きで、実に楽しく仕事をしている姿に魅せられました。「この人たちは何でこんなに楽しそうなのだろう?」

 海外のイベントにはほとんど参加しました。また、ファウンダーが来日する時には、必ずと言っていいほど通訳をさせていただくようになりました。こうして、ファウンダーとの絆が、また、IPCのみなさまとの絆が次第に深まっていきました。そして、1998年から飲み続けているタヒチアンノニ ジュースがどれだけ素晴らしいものであるかを、数多くの仕事を精力的にこなす体験から実感するようになりました。

 そのような中で、ジョン・ワズワースが3年間の伝道奉仕活動から戻り、ノニの科学的研究に拍車がかかる中で、ラルフ・ハイニキー博士が論文で述べていたゼロニン、プロゼロニンという成分が、実はイリドイドであったことが判明しました。そしてモリンダは今、イリドイドをはじめとするバイオアクティブ製品をみなさまに提供することにより、まさに世界の常識を覆すような影響力をもたらそうとしています。

 ジェフ・ワズデンは、そのようなモリンダにとって重要な時機に、マーケティング担当副社長として指名されました。彼のこれまでの豊富な経験が今、いかんなく発揮され、モリンダは新たなステージに立つことができました。

 行動をともにしていて印象深いのは、ワズデン副社長の旺盛な好奇心と人に対する関心、そして、すべてを吸収してしまう度量の大きさです。プレゼンテーションの内容からは近づきがたい人物のような印象をあたえますが、まったく違います。このような素晴らしい人間性を備えた人と同じチームで働けることは大きな喜びです。

 そして最後に、わたしは今日、65歳の誕生日を迎えました。この場をお借りして、みなさまの日頃の温かいご支援を心から感謝いたします。幸せです。

(※)安全で、安定した、自然由来の、科学的根拠のある物質を、標準化して使用すること。
by ohkimakoto | 2012-09-28 00:00 | 2012年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2017年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
2017.12.15
at 2017-12-15 14:50
講演スケジュール 2018年..
at 2017-12-15 14:38
2017.12.08
at 2017-12-08 14:50
2017.12.01
at 2017-12-01 14:50
2017.11.24
at 2017-11-24 14:50
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧