タグ:講演会 ( 32 ) タグの人気記事
2014.03.28
  今週の水曜日、広島市の平和記念公園内にある国際会議場で「黄木 信 講演会」を開催しました。広島空港からバスで会場に向かう時には高速道路も渋滞するような大雨で、IPCのみなさまの足にも影響するのではないかと心配しましたが、それは杞憂(きゆう)に終わりました。講演会が始まる13時30分には用意した椅子が足りなくなるほど大勢の方々が駆け付けてくださいました。

 広島はわたしが日本支社長に就任した2007年、初めての地方講演会を開催した思い出の場所です。不安の入り混じった講演会でしたが、広島のIPCのみなさまのモリンダへの想いに、「モリンダに来たことは間違いなかった」と確信できたことが昨日のことのように思い出されます。

 全国各地で定期的に開催しているこの「黄木 信 講演会」ですが、3つの目的を念頭に置いて開いています。第1に、モリンダについてご存じない方にモリンダが何を大切にしているかを知っていただくこと、第2に、会員になって間もない方や製品を愛用してくださっている方々に確信を得ていただくこと、第3に、長く携わっておられる方々にモリンダの素晴らしさを再確認していただくことです。

 昨年から各セールスオフィスのマネジャーを通して、この3つの目的をみなさまにお伝えするようにしてまいりました。その結果、特に未登録の方々や、登録してくださっていてもモリンダのミーティングに参加したことのない方々が、紹介者からのお誘いで参加してくださるケースが増えています。毎回新しい方々にお会いできるのはうれしいことです。みなさまのお力添えに心から感謝いたします。

 講演会では、モリンダのユニークさを示す3つの点を紹介していきます。それは、「伝統」と「科学」と「人」です。

 「伝統」で紹介するのは、ノニという植物のルーツ、モリンダの事業の原点となったジョン・ワズワースのヌクヒバでの体験、フレンチポリネシアの文化や人々との関係の3つです。参加者はこれら3つの概念を通して、モリンダの事業が「文明社会から隠されてきたノニの恵みを世界中のたくさんの人々のために届ける」ことを目的に創設されたことを理解します。

 「科学」では、モリンダがその事業目的を達成するために科学を積極的に取り入れていることを紹介します。そして、その努力の結果として、『PDR』(米国医学参考書)へのモリンダ製品の掲載やモリンダ製品のノベルフードとしての認定が実現したこと、またイリドイドの発見によりノニの特異性や健康上の価値が明らかになったこと、さらに、その延長として現在、AGE(終末糖化産物)の認知活動に力を入れていることを説明します。

 最後は「人」です。モリンダのメッセージや価値が正しく伝わるには、伝える人の想いや動機、姿勢が重要です。伝えるスキルやテクニックがどんなに優れていても、心が込もっていなければ相手の心に響くことはありません。数々の事例を交えながら、わたしたちがモリンダに携わる者としてどうしたら自己を高めることができるかを考えます。
by ohkimakoto | 2014-03-28 10:49 | 2014年分
2012.11.16
 今週、講演会のために長野県松本市を訪問しました。わたしにとって松本市は、思い出がたくさん詰まった第2の心の故郷ともいえる町です。住んだことはありません。でも、2つの理由で何度も訪問しました。1つは子どもたちが音楽を学んでいた才能教育、スズキ・メソードの本部が松本市にあったため、夏になると子どもたちと一緒に夏季学校に参加していました。もう1つは、毎年、ボーイスカウトの北アルプス縦走の起点になった町だということです。

 久しぶりの松本の町。昔の思い出がよみがえってきました。当時の高校生のスカウトたちをしっかりと受け止め、感動と勇気をあたえてくれたアルプスの山々。そして、「どの子も育つ、育て方次第」と、音楽を通して教えてくれた才能教育。もう数十年前の出来事ですが、感謝の気持ちで心が満たされるのを覚えました。

 講演会の会場であるホテル ブエナビスタは、今にも雪が降り出しそうな天候とは裏腹に、熱気に満ちていました。30名以上の未登録の方々を含む大勢のIPCのみなさまが、わたしの話に熱心に耳を傾けてくださいました。これまでに何度か講演会で伺いましたが、今回ほどみなさまの熱い想いが伝わってきた会はありません。

 東京から遠く離れた信州の地に長い年月をかけて大きな活動を築いてくださったみなさまに対して、心から「ありがとう」と申し上げます。そして、みなさまがノニに対して、また周囲の方々に対して心を感謝の想いで満たす時に、さらにたくさんの方々に幸せをお伝えできるようになることでしょう。わたしはそう確信しています。

 今年も残り少なくなってきました。この季節は、「感謝」の想いが心にわき上がってくる時でもあります。年の瀬を迎えるにあたり、普段ならば当然のこととして過ぎ去って行く人や事物にも心を留め、自らの成長に少なからず影響をあたえてくれたことに、思わず「ありがとう」と言うのです。

 ある方が教えてくださいました。「ありがとう」の反対は「当たり前」だそうです。その通りだと思います。忙しい生活を送っていると、何でも「当たり前」に思えてきて、「ありがとう」という感謝の言葉が生活から消えていきます。

 みなさまに提案します。朝起きてから夜寝るまで、「ありがとう」と何回言えるかチャレンジしてみませんか。相手はどなたでもかまいません。人でなくてもよいのです。機会を捉えて感謝の心を言葉に表すのです。約束します。きっと、もっともっと自分が好きになるはずです。
by ohkimakoto | 2012-11-16 00:00 | 2012年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2017年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
2017.04.21
at 2017-04-21 17:00
2017.04.14
at 2017-04-14 17:00
講演スケジュール 2017年..
at 2017-04-11 17:41
2017.04.07
at 2017-04-07 17:00
2017.03.30
at 2017-03-31 17:00
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧