講演スケジュール 2019年1月~2019年2月
2019年1月~2019年2月(近日中に公開します。暫くお待ちください)
# by ohkimakoto | 2018-12-19 14:50 | 【講演スケジュール】
2018.12.14

 先週の金曜日に帰国し、翌日には札幌ビジネスサミットに参加しました。今回の合併について、愛する北海道の皆さまに私の口から直接お伝えすることができたことを感謝いたします。もちろん契約発効日が1221日ですから詳細な内容までお伝えすることはできませんでしたが、これまで私たちが20年以上にわたって取り組んできたモリンダの事業をさらに飛躍的に発展させるためのまたとない機会が訪れたことを理解していただけたのではないかと思っております。そして本日、モリンダビルディングで最高経営責任者(CEO)のブレント・ウィリスをリーダの皆さまに初めてご紹介できることを光栄に思っております。

 私がコンサルタント時代に担当していた「変革をリードする」という研修コースによれば、ビジネスに限らずこうした予期しない大きな変化が起きるたびに、人々は共通して次のようなことを考えるといいます。

・これまで築き上げてきた信頼が崩れてしまうのではないだろうか。

・すべてを学び直さなければならないのではないだろうか。

・自分が大切にしてきたものとの間にズレが出てくるのではないだろうか。

・今あるスキルや知識が不要になるのではないだろうか。

皆さまに心から申し上げます。今回の合併に関しては、答えはすべて「ノー」です。

 札幌ビジネスサミットでも、また水曜日の名古屋の「黄木 信 講演会」でも話しましたが、私たちがモリンダとしてネットワークビジネスという流通形態に基づいてこれまで取り組んできたこと、現在取り組んでいることに何ら変わりはありません。これまで以上に人と人との信頼関係を大切にしながら、モリンダのメッセージを丁寧に伝え続けていきます。 

 むしろ、ニュー・エイジ社というモリンダと志を共有するナスダック上場企業の傘下に入ったことによって、モリンダのブランド価値は大幅に向上し、IPCの皆さまの活動に拍車がかかることでしょう。ニュー・エイジ社の事業を通してモリンダのユニークな取り組みや優れた製品が一般の方々の目に触れる機会が多くなり、これまでなかなか伝わらなかった方々にもモリンダのメッセージが伝わる可能性が高まるからです。

 皆さまにお願いしたいのは、この機会を捉えて、これまでお声をかけてこられた方々にもう一度アプローチしていただくことです。モリンダがニュー・エイジ社と合併することによって上場企業の仲間入りを果たし、世界の飲料関連企業の中で売上が40位(1位はコカ・コーラ、2位はペプシコ)にランクされる規模の企業となったことをご紹介ください。

8月に行われた「2018グローバル ビジネスサミット」では、モリンダの圧倒的優位性が語られ、私たちのモリンダへの誇りは大きく高まりました。11月の「2018 ディスカバー タヒチ」では、最終日にクルーズ参加者全員が大統領官邸に招かれ、エドワード・フリッチ大統領からモリンダへの感謝と期待の言葉を聞きました。

 モリンダはユニークな企業です。伝統と科学の双方を重んじ、人が偉大な可能性を持った存在であるとの考えを大切にしながら事業運営を行ってきました。そうしたモリンダの価値が認められて、ネットワークビジネスという垣根を越えた事業提携への道を切り開くこととなったのです。これまで行ってきたことに、また、今取り組んでいることに誇りを持ちましょう。その上で、スーパーネットワークビジネスとして、新たなパートナーと相乗効果を出すことができる機会を楽しみにしてください。IPCの皆さまも私たちスタッフも、この新たなビジネスのオーナーなのですから。


# by ohkimakoto | 2018-12-14 14:50 | 2018年分
2018.12.07

 今週はモリンダ本社のあるユタ州からのメッセージです。グローバルのマネジメントミーティングが急遽招集されたため、出席をお約束していたいくつかのミーティングに参加できなくなりました。新しい方々をお誘いするために準備を重ねてこられた皆さまにこの場をお借りして心よりお詫びを申し上げます。

本社では、モリンダとナスダック上場企業であるニュー・エイジ・ビバレッジ社(NewAge Beverages Corporation/ニュー・エイジ社 )との合併が発表されました。集まった世界各市場のマネジャーたちは突然のことだったので驚きを隠せませんでしたが、合併内容について理解し、また、合併先の企業の理念や経営者のビジョンを知ることにより、次第に不安が期待に変化していきました。

一般に合併や買収という話を聞くと、経営不振により他の企業に身売りをするという形態が考えられますが、今回はそれには当たりません。モリンダの経営は堅調で他に財政的な支援を求める状況ではありませんでしたが、チャネル拡大を模索していたニュー・エイジ社が100社以上を対象に調査を重ねた結果、モリンダに白羽の矢を立てました。ニュー・エイジ社のブレント・ウィリスCEO(最高経営責任者)によれば、モリンダには「善良で高い価値観を持った人々」がいること、また「モリンダ自身が気付いていない大きな価値」があり、それを世界に知らしめたいことが決め手になったとのことです。事業規模から言えばモリンダの方がはるかに大きいですから、合併後の新企業の主な役職はモリンダのスタッフが占めることになります。

今日もブレント・ウィリスCEOと直接話をしましたが、日本企業とのビジネス経験が豊富な彼は、日本のスタッフやIPCの皆さまと共に働く機会をとても楽しみにしているとのことでした。「黄木さん、呼んでくれたら京都でもどこでも飛んで行きますよ」と笑顔で語るウィリスCEOからは、ニュー・エイジ社という上場企業の傘下に入ることにより新たな可能性への扉を開いたモリンダへの大きな期待が感じられました。

私はコンサルティングの業務を通して間接的にはいろいろな上場企業と関わってきましたが、モリンダのネットワークビジネスとしての圧倒的優位性をそのまま残しつつ、その枠を超えて皆さまの成功のために直接働く機会が与えられていることに大きな可能性を感じています。

今日はケリー・オルセンCCO(チーフ コマーシャル オフィサー)との2019年の戦略調整会議でした。今後の展開を踏まえて、出席した各国のマネジャーからは前向きな意見が多数聞かれました。ぜひ1月の2019 リーダーシップ サークルを楽しみにしていただきたいと思います。ここでウィリスCEOを初めて正式に皆さまにご紹介することになります。

モリンダの始まりは南太平洋の島々に生育する奇跡の植物ノニとの出逢いでした。その出逢いを未来への扉を開く鍵と信じたモリンダの創設者とタヒチの人々双方の努力によって、また、同じ志を持って参画してくださっているIPCの皆さまの先見の明によって現在のモリンダがあります。そのモリンダに今、新たな出逢いが訪れました。ニュー・エイジ社との出逢いは、ダニエル・ピンクが「新しい大きなうねり」と呼んだ「第4の波」への入口であると確信します。

帰国後に皆さまに直接お話をさせていただく機会を楽しみにしております。それまでごきげんよう。


# by ohkimakoto | 2018-12-07 14:50 | 2018年分
2018.11.30

今、オアフ島のノースショアにあるゲストハウスでこのメッセージを書いています。カメハメハ・ハイウェイ越しに見える快晴のビーチにはこの時期特有の大きな波がひっきりなしに打ち寄せ、砕け散る波頭がしぶきとなって高く舞い上がっています。毎年ここで11月から3月まで開催されるサーフィンの世界大会のために、自然も準備万端といったところでしょうか。

孫娘の結婚式のためにアメリカ本土から集まった長男と長女の家族も昨晩帰り、孫たちの歓声が途絶えることのなかったこの家も急に静かになりました。私たち日本組も明日(火曜日)にはホノルルを発ちます。

今年は1月のハワイでの「2018 ファウンダーズ サークル」、3月の沖縄での「2018 ジャパン ビジネスサミット」、5月の新宿での「2018 モリンダ ユニバーシティー」、6月の「2018 ディスカバー ザ ワールド クルーズ」、8月の「2018 グローバル ビジネスサミット」、10月の宮崎での「2018 モリンダ ユニバーシティー」、そして11月の「2018 ディスカバー タヒチ」と、イベントを通してIPCの皆さまと過ごす時間がたくさんありました。仕事を退いた団塊の世代へのケアが今後の日本が抱える大きな社会問題の一つとしてクローズアップされる中で、多数の同年配の方々を含む世界中のモリンダリーダーの皆さまと「人のお役に立つ」との明確な目的を持って日々共にさまざまな課題に取り組み、成功を喜び合う人生は最高です。

そのことを今、プライベートではありますが、今年のイベントの締めくくりとなったここハワイでの親族との再会の場でひしひしと感じています。子どもたちがまだ小さかった頃は、まさか70歳を超えてこのような充実した現役生活を送っていようとは思ってもみませんでした。若い頃は次々と授かった子どもたちが健康で事故やけがをすることなく無事に毎日を過ごすことが生活の中心で、将来のことなど眼中になかったと思います。

そのような中で大きな転機となったのは、41年前(1977年)のアメリカ留学でした。5歳から生後2ヵ月まで4人の子どもを伴っての3年間の海外生活でしたが、私たち自身の人生は言うに及ばず、子どもたちのその後の人生にも大きな影響を与えることになりました。この決断が私自身のスキルの向上だけでなく数々の出逢いをもたらし、今を支えてくれていると確信しています。妻の後押しもあり、思い切って一歩を踏み出すことができて良かった、つくづくそう思います。

2日前、孫たちと一緒に近くのワイメア・ベイ・ビーチ・パークに行きました。ビーチには大きな岩があって、そこのてっぺんから飛び込むのが地元の若者たちの遊びになっています。高さは10メートル近くあるでしょうか。下から見るとそれほど高く感じませんが、登ってみると足がすくみます。妻の血を引いてアクロバティックなことが大好きな孫たちは、いろいろな技を繰り出して何度も飛び込んでいました。そのうち私のところにやって来てこう言います、「さあ、次はおじいちゃんの番だよ!」。始めは「後でね」と言ってはぐらかしていましたが、「ここで飛ばなければ後悔する」と思い、意を決して岩に取り付きました。のぞき込むと海面ははるか下に見えます。岩の上に立つと、間髪を入れずにすぐにジャンプしました。

飛んで良かったと思います。祖父としての責任を果たしたとの達成感でしょうか。いえ、それだけではありません。次回はもっと格好良く飛んでみせると意欲を燃やしている自分がいました。

人生には勇気を持ってジャンプすることが求められる機会が必ず訪れます。おすすめします。そのような機会が訪れたら、皆さまもぜひ飛んでください。少しの勇気で、その後の人生が大きく変わることをお約束します。


# by ohkimakoto | 2018-11-30 14:50 | 2018年分
2018.11.23

今日は勤労感謝の日。欧米では「サンクスギビング」と呼ばれ、家族が集まって収穫に感謝し、特別なディナーをいただきます。ハロウィンからサンクスギビングと過ぎるとクリスマスはもうすぐ。やがて新しい年を迎えます。

 「2018 ディスカバータヒチ」から1週間が過ぎようとしています。もうすでに参加した皆さまから旅の様子をお聞きになっている方もたくさんいらっしゃることでしょう。モリンダの報奨旅行で複数回タヒチに行かれた方々からは、今回の旅行が最高だったとおっしゃっていただいています。その理由の一つは、最終日にタヒチの大統領官邸を訪れ、エドワード・フリッチ大統領と再会することができたからでしょう。

モリンダとタヒチ政府との密接な関係については、これまでいろいろな場で語られてきました。事実、8月に東京で開催された「2018グローバル ビジネスサミット」ではフリッチ大統領が農務大臣やミスタヒチ2018のヴァイマラマ・シャベスさんを伴って来日し、メディアを前にモリンダの事業がタヒチの3大基幹産業の一つとして地元の経済発展に寄与していることを語ってくださいました。しかし、タヒチを訪問したIPCの皆さまやスタッフがパペーテの大統領官邸に入り、大統領と時間を共にすることはありませんでした。それが今回、実現したのです。

写真を見ていただいてお分かりの通り、このひとときはIPC の皆さまはもちろん、モリンダにとっても、そして大統領ご自身にとっても特別な時間でした。私は最前列で大統領の表情を間近に見ることができましたが、世界から集まったIPCの皆さまを前にして、大統領の目には涙が浮かんでいました。

フリッチ大統領のスピーチの中で最も多く語られた言葉は何だと思いますか。それは「日本(Japan)」という言葉です。訪問したのが日本のIPCの方だけではなかったので多少心苦しいいところはありましたが、大統領の口から「日本」という言葉が出るたびに誇らしく思いました。IPCの皆さまもそうだったことでしょう。フリッチ大統領にとって確かに日本は特別な存在です。タヒチの3つの基幹産業すべてにわたって日本が大きく貢献しているからです。1つ目は観光業。地上の最後の楽園であるタヒチは、いまだに日本人にとって新婚旅行や家族旅行の最優先候補地の一つです。第2のブラックパール(黒真珠)の輸出先の90パーセントは日本です。また、もともとタヒチの人々に養殖の技術を教えたのは日本人です。そして第3のモリンダ事業で世界をけん引するのは、もちろん日本です。ですからタヒチにとって日本はかけがえのない大切な国なのです。

しかし、大統領にはそれ以上のものがありました。それは8月の、大統領にとって初めての日本訪問でした。実際に日本の地に降り立ち、日本人や日本の文化と直接接する機会がありました。しかも、その大半がモリンダのIPCの方やスタッフと過ごした時間だったのです。

会見の後の記念写真では、IPCの皆さまにもみくちゃにされながらも、私の顔を見つけるとそばに寄って来て力強くハグし、耳元でこうおっしゃってくださいました。「黄木さん、ありがとう。よく来てくださいました」。涙が止まりませんでした。

あの場にいたすべての人の心に刻まれた「絆」は、政治や宗教、人種、民族を超えた「人と人との心の触れ合い」から生まれたものでした。それはとりもなおさず、人間として誰もが大切にしている「愛」が形となって表れた瞬間だったのではないでしょうか。モリンダの根底には真実の愛が流れています。

こんなモリンダの一員でいられることに心から感謝しています。他では決して得られない経験をさせていただいていると思っています。ひとえに皆さまのおかげです。できるだけ多くの方々に共にこの体験をしていただくこと、それが私の務めです。がんばります。

e0258787_10030993.jpg
e0258787_10032444.jpg
e0258787_10033843.jpg



# by ohkimakoto | 2018-11-23 14:50 | 2018年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2018年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2017年分
2016年分
2014年分
2015年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
2019年分
最新の記事
講演スケジュール 2019..
at 2018-12-19 14:50
2018.12.14
at 2018-12-14 14:50
2018.12.07
at 2018-12-07 14:50
2018.11.30
at 2018-11-30 14:50
2018.11.23
at 2018-11-23 14:50
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧