2019.02.15

競泳の池江 璃花子選手の白血病のニュースが衝撃を与えています。日本だけでなく世界中のアスリートたちから励ましのメッセージが続々と届く中で、ツイッターを通じて出される池江選手本人のしっかりと自らを見つめた言葉の数々に逆に励まされている方も多いことでしょう。一番つらいはずの本人から発せられる周囲への気遣いの言葉。涙が出ます。快復を心より祈ると共に、その過程でモリンダとの出逢いがあることを願うばかりです。

そんな折、社長面会で訪れてくださったあるIPCの方が1冊の本を紹介してくださいました。順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授で一般社団法人がん哲学外来理事長を務める樋野 興夫先生が書かれた『いい覚悟で生きる-がん哲学外来から広がる言葉の処方箋―』(小学館)というタイトルの本です。お読みになった方もいらっしゃるかもしれません。樋野先生は20081月、順天堂大学医学部付属順天堂病院に3ヵ月限定で「がん哲学外来」という特別外来を開設します。がん患者に対して「その人らしい生き方」を提唱する外来です。開設するやキャンセル待ちが50組も出るほどの盛況でした。それから5年半後、病院の枠を出てNPO法人として再スタート。現在では一般社団法人がん哲学外来として活動を拡大しているそうです。

読み進める中で「偉大なるお節介症候群」という言葉が目に留まりました。「偉大なるお節介」とは「余計なお節介」とは違うそうです。「余計なお節介」は自分の気持ちで相手に接しますが、「偉大なるお節介」は、自分ではなく相手の必要に共感します。この「偉大なるお節介」を世の中に蔓延させるために、先生は「偉大なるお節介症候群認定証」を発行しているそうです。「偉大なるお節介症候群」の診断基準としての主な症状は以下の3つです。

1.暇げな風貌(人は忙しそうな人には心を開きません。「暇そうにして脇を甘くし、相手に付け入る隙を与え、懐の深さを示す」のがいいそうです)

2.偉大なるお節介(相手の必要としているものへの共感)

3.速効性と英断(「冗談のようなことを本気でやること」で、勇気を持ってタイミングを逃さずに実行することです)

 そして、この「偉大なるお節介」の認定証を得る、つまり「偉大なるお節介」を相手の人に受け入れてもらえるようになるには、次の10項目を実践していなければならないそうです。

1.「役割意識&使命感」を持つ

2.練られた品性&綽々たる余裕

3.賢明な寛容さ

4.実例と実行(皆のモデルとして実行する能力)

5.世の流行り廃りに一喜一憂せず、あくせくしない態度

6.軽やかに、そしてものを楽しむ。自らの強みを基盤とする

7.新しいことにも、自分の知らないことにも謙虚で、常に前に向かって努力する

8.行いの美しい人

9.冗談を実現する胆力

10.ユーモアに溢れ、心優しく、俯瞰的な、大局観のある人物

ニュー・エイジとの合併により私たちの活動環境が大きく広がり、チャネル拡大や新製品の導入に伴う新たなオポチュニティーに大きな期待を寄せ、心躍らせておられる方も多いことでしょう。私もその中の一人です。しかし、そのような時だからこそ、基本に帰りたいと思うのです。私たちモリンダの力の原点はこの「偉大なお節介」です。大切な人が自分の可能性に気付けるように、気付いたらその可能性を最大化できるように、思いついたことをただちに実行に移すのです。

モリンダの今があるのは、皆さまがこの「偉大なお節介」の達人だったおかげですね。人と人との信頼関係の積み重ねで広がるネットワークビジネスは「ピープルビジネス」。まさに樋野先生がおっしゃる「偉大なお節介」とそれを受け入れていただくための10項目がその原動力なのではないでしょうか。


# by ohkimakoto | 2019-02-15 14:50 | 2019年分
2019.02.08

昔から三寒四温と言われてきたように、日によって寒暖の差が大きい日々が続いています。体調の管理には十分気を付けてお過ごしください。私たちにはタヒチアンノニジュースを始め健康増進のための強い味方がたくさんありますが、過信することなく、栄養と睡眠と適度な運動、そして何よりもストレスをためない生活を心がけたいと思います。

さて、21日のモリンダ ジャパン 設立20周年記念日が過ぎ、日本におけるモリンダの事業はいよいよ21年目に入りました。これまでの20年間、伝統と科学に裏打ちされたユニークな製品やシンプルで公平かつ潤沢な報酬プランを活用することにより、ご自身は言うに及ばずたくさんの大切な方々の人生にも多大な影響を及ぼしてくださった皆さまに、心より感謝を申し上げます。

おかげさまで日本はモリンダ最大の市場として、人々が共通して願う「『健康』と『美』と『経済的自由』を達成するお手伝いをする」というモリンダの使命を縦糸に、そして「伝統と科学を重んじ、人を大切にする」という企業文化を横糸に、壮大な「つづれ織り」を織り上げてきました。そこに描かれているのは、モリンダを通して人生を変えた方々の無数のストーリーです。私たちにとってこれは、20年にわたって織り上げた何にも代えがたい貴重な財産と言えましょう。

そして今年、この「つづれ織り」がさらに大きくなります。「人類が健康に生きるために地球に息吹と知識とうるおいをもたらす」ことをビジョンとして2年半前にナスダックに上場したニュー・エイジとの合併により、従来のネットワークビジネスに加えて小売やeコマース、医療といった新たなチャネルを通して、私たちがそれぞれのモリンダライフをストーリーとして表現する場が広がってきたからです。

最近、新しく登録してくださった方々をご紹介いただく機会が多いのですが、まるで私たちが今取り組んでいることのために前から準備されてきたかのような方にたくさんお会いします。モリンダが目指そうとしていることとその方が人生の中で大切にしておられることが一致しているのです。モリンダはこれまで20年にもわたってメッセージをお伝えし続けてきましたが、私たちの周りにはまだまだ、モリンダの取り組みについて正確な情報を得ていない方が多くいらっしゃいます。合併を通して新たなステージに入った今、モリンダをお伝えするには絶好の機会です。準備された方との素晴らしい出逢いがあることを心から願っています。

21日の仙台での「黄木信 講演会」、そして22日に全国同時中継で行われた月例ミーティングは、そうした出逢いの可能性を予感させるものでした。会の後で個別にご紹介いただいた新しい方々の中に、将来のリーダーの雰囲気を醸し出しておられる方がたくさんいらっしゃったからです。

私たちは今年、1,000人のジェード昇格者を達成するとの目標を掲げました。これまでの年間最高記録よりも150名ほど上回る目標です。ジェードを達成することによって得られる成果の一つは、「経済的自由」への一歩を踏み出すことができることです。きちんとした組織構築によってジェードを達成し、維持をすれば、モリンダ製品を賄うだけの収入が毎月継続して得られます。まずは登録してくださった全員の方がジェードを達成し、モリンダ製品を毎月無料でご愛用いただくことを実現したいのです。そしてこれを促進するために、今年は「2019 スポンサリングシステム」を用意しています。詳しくはウェブ、カスタマーサービス、セールスオフィスでご確認ください。

今年1年は皆さまと心を一つにして全力で活動に取り組みたいと思います。そして、モリンダの歴史の中で最も輝かしいストーリーが「つづれ織り」に織り込まれることを願っています。


# by ohkimakoto | 2019-02-08 14:50 | 2019年分
2019.02.01

モリンダ ジャパン設立20周年おめでとうございます。これまで20年間にわたりモリンダを支えてくださった皆さまお一人おひとりに心より感謝を申し上げます。これまでの20年を基盤に、モリンダは文字通り新たなステージで皆さまと共に前進してまいります。ご期待ください。

ハワイのマウイ島での「2019 リーダーシップ サークル」を終えた後、ホノルルで「黄木信 講演会」が開催されました。昨年に引き続き2回目になります。講演会にはまだモリンダについてご存じない方がIPCの皆さまの招待を受けて数多く足を運んでくださいました。講演会の実現のために努力を重ねてくださったハワイの皆さま、そしてそれをサポートしてくださった日本のアップラインの皆さまに心より感謝を申し上げます。

ハワイ在住の皆さまのモリンダへの強い想いは涙が出るほど感動的です。特に今回は、ニュー・エイジとの合併によりモリンダの信頼性と事業規模が拡大したことを大きな期待を持って見てくださっています。ハワイにはオフィスもなく不便な状況ですが、モリンダファミリーの皆さまはモリンダの代表として一致協力し、その輪を着実に広げてくださっています。

帰国して最初のIPCの皆さまとの出逢いは、水曜日の広島での「黄木信 講演会」でした。会場での熱気を皆さまにそのままお伝えしたいです。今回の合併によるビジョンの拡大や2019年の戦略に対する大きな期待、そして新生モリンダへの確固とした信頼がひしひしと感じられました。このメッセージが皆さまのもとに届く今日、金曜日は、合併の発表に関わる急なアメリカ出張でキャンセルになった仙台での講演会です。モリンダを愛してやまない東北のIPCの皆さまとの再会をとても楽しみにしております。

禅語に「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」という言葉があります。中国唐時代の雲門文偃(ぶんえん)禅師の語として知られています。「訪れる日々はどんな日でも新鮮で、最高にいい日。何が起きようとも、その時の想いや感情を否定することなく心から味わって過ごせばかけがえのない日になる」という意味です。

ハワイからの帰りの飛行機で、たまたま昨年亡くなった樹木 希林さんの出演の同名の映画を見る機会がありました。黒木華さん演じる主人公が樹木 希林さん演じる茶道の先生とのふれあいを通じて成長していく姿を描いた作品です。親友でもあるいとこと比べてなかなか人と積極的に交われない自分へのいら立ちや、やっとできた恋人の裏切り、父親の急死などの試練に直面した主人公が、茶道の先生を通して「日日是好日」の真の意味を理解していきます。

モリンダとの出逢いから20年の歳月が流れました。その間の出来事の一つひとつが昨日のことのように思い出されます。正直、なかなかうまくいかなかったこと、解決策が見いだせずに悶々とした日々を送ったことも多々ありました。そのような中でも今まで20年間、モリンダと共に歩み続けることができたのは、モリンダが高邁な志によって推進される数少ない企業であったことと、その志を信じて、何があっても常に前向きに楽しんで努力しようとするIPCの皆さまの模範があったからです。

親鸞聖人の有名な歌「明日ありと思う心のあだ桜 夜半に嵐の吹かぬものかは」が思い出されます。「明日という時があるとは限らない。この一瞬一瞬を大事にしなければ」との教えです。「日日是好日」は順風満帆の穏やかな日々を願うことではありません。雨風がどんなにひどい日でも、この一日は二度とないかけがえのないひと時であって、この一日を全身全霊で生きることができれば、まさに「日日是好日」となるのです。

2019年は枠を超えたいと思います。一喜一憂せず、一日一日を大いに楽しみましょう。「今日は残りの人生の最初の日」であり、その今日という日は二度と来ないのですから。


# by ohkimakoto | 2019-02-01 15:00 | 2019年分
2019.01.25

晴天の続くマウイからメッセージをお届けします。お元気でしょうか。「2019 リーダーシップ サークル」にご参加の皆さまはちょうど帰国された頃ですね。私たちはマウイ島からオアフ島に移動し、ホノルルのアラモアナ・ホテルで昨年に続いて2回目の「黄木 信 講演会」を行います。ハワイ在住のモリンダ ファミリーの皆さまとお会いできるのをとても楽しみにしております。

さて、もうすでにお聞きになっていることと思いますが、今回の「2019 リーダーシップ サークル」でリーダーの皆さまに公開された2019年のモリンダ/ニュー・エイジの事業活動計画は、ニュー・エイジとの合併を受けて進化し、とても魅力的なものとなりました。詳細については、今後各セールスオフィスで行われる説明会やモリンダの公式サイトでお確かめいただければと思います。

CEOのブレント・ウィリスの言葉で心に残っているものがあります。それは、モリンダ/ニュー・エイジが「上質の人財」と「強力な文化」を保有している企業であり、これからもこの二つを大切にしていくというものです。まさに「我が意を得たり」です。

私はこれまでモリンダの文化を「伝統と科学を重んじ、人を大切にする」と表現してきましたが、それがブレント・ウィリスにはモリンダの圧倒的優位性の一つとして数ある企業の中で輝きを放って見えたのでしょう。私たちはこれからも自信を持って、これまで私たちが大切にしてきたこの文化を継承していかなければと思います。

ただブレントは、新たな価値を追加することによってこの文化をさらに進化させたいとも述べています。3日目の朝にたまたま彼と話す機会があり、こう質問しました。「『強力な文化』の『強力』とはあなたにとってどういう意味ですか?」。彼はこう答えました。「『スケール』と『スピード』を大切にすることですね」。上場企業として複数のチャネルを活用することによって実現できるスケール感と、事業戦略を行動に移す際のスピード感。今後、この二つの価値が文化として根付いていけば、モリンダの活動はこれまでにない大きな展開を見せることでしょう。

また別の場所で、彼の持つ指針として「5つのF」を紹介しています。

Fast(速さ)

First(一番になること)

Focus(集中)

Free(自由)

Fanatic(熱狂)

いかがでしょうか。私には、「さあ、ニュー・エイジと一緒になってモリンダが持つ可能性を解き放つ準備がすべて整いました。あとはナンバーワンを目指して、集中して、速度を上げて、自由に、熱狂的に攻めるだけですよ」と聞こえます。2019年はモリンダ ジャパン設立20周年の記念の年です。でも私たちは今年を、ブレントの期待に沿って懸命に働く1年にしたいと思います。そしてその成果を皆さまとご一緒に、12月に盛大に祝いましょう。

ぜひとも、これまでお声かけをされたすべての方に連絡を取り、合併の件も含め、2019年にモリンダが何を行おうとしているかをお話しください。そして、皆さまがどれほどワクワクしておられるかを改めてお伝えいただければと思います。

あるリーダーの方が話してくださいました。ビジネスの面でとても影響力のある方に前からモリンダについてお話ししていたのですが、なかなか関心を示してくれませんでした。しばらく時間が経っていたのですが、今回のニュー・エイジとの合併の話を受けて再度話したそうです。すると今回はとても興味を持ってくださり、製品や株のことについて尋ねてこられたとのことでした。早速帰国後にお会いすることになっているそうです。おそらく皆さまの周囲でも、同じような例が見られるのではないでしょうか。

今回の合併によって、モリンダの信頼性は確実に向上しています。この波に乗りましょう。皆さまからのお声かけを待っていらっしゃるたくさんの方々のためにも。

e0258787_13293895.jpg


# by ohkimakoto | 2019-01-25 14:50 | 2019年分
2019.01.18

成人の日も過ぎ、皆さまの2019年の活動も次第に本格的になってきているところでしょうか。モリンダビルディングのセミナールーム予約状況からもそれがよく分かります。日本市場開設20周年の今年。皆さまも同じだと思いますが、私たちはモリンダとしての活動をこれまでの20年間よりもさらに加速させたいと願いながら数々の施策を提供していく予定ですので、ご期待ください。

いち早く注目していただきたいのは、明後日の20日からハワイのマウイ島にあるワイレア・ビーチ・リゾート マリオットを会場に開かれる「2019リーダーシップ サークル」です。ここで2019年とそれ以降のモリンダの方向性が示されます。昨年12月のニュー・エイジとの合併を受けてモリンダがどう進化していくのか、日本から参加される47組のリーダーの皆さまがハワイから日々発信してくださる情報を楽しみにしてください。私も今日、成田を出発します。明日にはCEO(最高経営責任者)のブレント・ウィリス、CCO(最高商務責任者)のケリー・オルセンを始め、本社役員や各国のスタッフと一堂に会し、皆さまをお迎えするための最終打ち合わせを行います。日本からのリーダーの皆さまとニュー・エイジ/モリンダの事業展開に関して志を共にする機会をとても楽しみにしています。

さて、ハワイ出発前の今週は、うれしいことが続きました。まずは火曜日午後の東京での今年初めての「黄木信 講演会」です。底冷えのする日にも関わらず、たくさんの方々がモリンダ ビルディングを訪れてくださいました。そしていつもと同じように、私の話を初めて聞いてくださる方が大勢いらっしゃいました。今年も機会を捉えて大切な方々にモリンダを伝えようとの想いで努力しておられる皆さまのお気持ちが伝わってきます。とてもうれしく、ありがたく思いました。

講演会が終わってから、あるIPCのグループの方々(全員女性です)がゲストの方を社長室にお連れくださいました。新しい方との面会はいつも楽しみです。教えていただくことが多いからです。今回のゲストの方からも大切なことを学びました。58歳になる男性の方で、最近登録されました。これまでマーケティング関連のビジネスで成功を収めてこられた方です。その方が3人の女性の方に囲まれながら、満面の笑みを浮かべてこうおっしゃいました。「私は召使いとして下働きをさせていただきます」

謙虚でいて、しかも誰をも引きつける明るさ。女性が大半のこのグループにあって、この方は大きな支えになられるだろうと思いました。もちろん、ご自身でも多くの方々に影響を与えながら、モリンダの中でまた大きな成功を収められるに違いありません。大病を経験しておられる方ですが、そのようなことは微塵も感じさせない前向きな姿勢と言葉。私もこうありたいと思いました。そして、このような方が日本の各地でモリンダを捉え始めてくださっていることに手応えを感じます。

そして水曜日、浜松からのバスツアーのグループの方々が社長室を占拠してくださいました(笑)。今では年中行事となっていますが、今回の写真をご覧ください。皆さまの笑顔がとっても素敵でしょう? 初めてモリンダビルディングに来られた方が半数いらっしゃるそうです。6月末には浜松で「黄木 信 講演会」を開催する予定です。それまでの間、今回バスツアーに参加された方々が中心となり、たくさんの方々に声をかけてくださることでしょう。大いに期待しております。

以上は、私が今週経験したモリンダに関わるうれしい出来事です。なぜうれしいのでしょうか。それは、関わったお一人おひとりの方が、何かしらそれぞれにとって有意義なことにチャレンジしておられて、それがお顔に表れているからです。こうしたことの積み重ねがこれからのモリンダを築いていきます。

e0258787_16334750.png


# by ohkimakoto | 2019-01-18 14:50 | 2019年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2019年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2018年分
2017年分
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
2019.02.15
at 2019-02-15 14:50
2019.02.08
at 2019-02-08 14:50
2019.02.01
at 2019-02-01 15:00
2019.01.25
at 2019-01-25 14:50
2019.01.18
at 2019-01-18 14:50
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧