声を限りに応援します
 熱烈な「応援」と言えば松岡 修造さんが有名ですが、熱烈さではわたしも負けてはいません。自分自身、高校では応援団をやりましたし、中学・高校での息子たちの部活の試合や娘のピアノの演奏会にはほとんど欠かさずに出席し、声援を送りました。

 時には思いあまって「倒せ! 」とか「つぶせ」とか叫んで、審判から注意を受けたこともあります。試合が中断したので何だろうと思っていたら、自分が原因でした。

 特に、次男が所属していた都立高校のバレーボールチームが関東大会への出場をかけて戦っていた時は、応援のボルテージも最高でした。

 応援の醍醐味は、自分は試合をしていないのに選手と一体になれることです。3 番目の息子が最後の試合に敗れて、高校での試合はもうないと決まった時などは、寂しさのあまり電車を途中下車し、泣きながら帰宅したものです。

 最近気付きました。わたしのIPCのみなさまへの想いはこれとまったく同じなのです。みなさまが試合をする時はどこにでも出かけて行って、声を限りに応援します。みなさまとわたしは一体です。喜びも悲しみも一緒です。でも、安心してください。息子たちの時のように試合を中断させたりはしませんから。
by ohkimakoto | 2009-10-09 00:00 | 家庭を豊かにする
<< 人の心は舞台と同じ 怪我をしないための強い体づくり >>



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2019年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2018年分
2017年分
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
講演スケジュール 2019年..
at 2019-03-19 14:50
2019.03.15
at 2019-03-15 14:50
2019.03.08
at 2019-03-08 14:50
2019.03.01
at 2019-03-01 14:50
2019.02.22
at 2019-02-22 14:50
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧