2012.11.30
 11月24日付の朝日新聞に興味深い記事がありました。「朝日アジアフェローから」というコラム記事で、静岡県立大学の小針 進教授(韓国社会論)が寄稿しているものです。

 小針教授の専門である韓国では、日本の「加害者性」を強調する歴史教育の影響を受けてはいるものの、高等学校で必修の第2外国語に日本語を選択する若者が6割いたそうです。日本のアニメーションなどが若者の間で日本への関心を支えていたのでしょう。

 ところが残念なことに、昨年度から第2外国語の学習が必修ではなく選択制になってしまい、大学受験科目からも外されてしまいました。そのため、日本語を履修する高校生が以前は43万人いたのが、今年は18万人に減ってしまったそうです。

 小針教授はこの現象を、専門家として大変残念に思っています。日本語学習者は、すぐにはいわゆる親日派や知日派になることはないかもしれません。しかし、小針教授によれば彼らは、日本語学習を通して日本に触れた「触日派(しょくにちは)」として、日本や日本人に関する情報だけではなく「情緒」をも理解し、伝えてくれるはずの人たちです。その数が減っているのです。

 コラムの中で小針教授は、日本語学習者である釜山の大学生が、日本と韓国の認識や文化の差を「間違い」ではなく「違い」として受け止めることの重要性を強調していたというエピソードを紹介しています。まさに、情緒を理解した発言と言えましょう。

 わたしはこのコラムを読みながら、モリンダの活動との共通性を感じずにはいられませんでした。わたしたちが採用しているネットワークビジネスという流通形態は、いまだに偏見をもって受け止められています。IPCのみなさまは日々、その偏見と闘いながら活動を進めておられることでしょう。

 そのような中で、すぐに「親ノニ派」や「知ノニ派」の方を増やすことはできないにしても、ノニを単に情報としてではなく情緒的に捉える「触ノニ派」の人々を増やすにはどうしたらよいでしょうか。

 わたしからの提案は、ノニの「心」に触れていただくことです。情報だけではなく、ぜひ「心」を添えてお伝えください。韓国の大学生は日本語という媒介を通して、小針教授の言葉を借りれば、「日本の文化に触れ、日本人と情緒の交換ができる貴重な存在」となってきました。それと同じことが、製品はもちろん、人や会社、印刷物、視聴覚資料、説明会など、いろいろな機会を通して実現できればと思います。

 みなさまの周囲の方々にモリンダの心が伝わり、「触ノニ派」の方々がますます増えることを願っています。
by ohkimakoto | 2012-11-30 00:00 | 2012年分
<< 2012.12.7 2012.11.23 >>



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31