2013.12.06
 いよいよ師走ですね。それにしても毎日のテレビのニュースでは、いまだに各地の紅葉を紹介しています。この季節感のずれが着実に進行する地球温暖化の影響であることは、疑う余地がありません。

 もう1つ着実に進行している問題があります。超高齢化社会の到来です。わたしは第1時ベビーブームの頂点とも言うべき1947年の生まれですが、この年代が今、年金生活に入りつつあります。やがてはわたしを含めて多くの人々が、若い世代からの援助を受けなければならない状態が訪れることでしょう。

 わたしの年代が抱える最大の懸念事項は、数が多いことです。1学年10クラス、1クラスが60人などざらにありました。その大人数が、支えられる側に回るのです。

 もっと深刻なのは、第2次ベビーブームと呼ばれるわれわれの子どもたちが年金生活に入る2050年頃だと言われています。第2次は第1次と比較して人口そのものは少ないのですが、支える年代の人数が大幅に減少するからです。このままで行けば、年金制度を含む社会保険制度は破綻の危機を迎えることでしょう。

 そのために国は、消費税の増税や数々の少子化対策を打ち出し、何とか乗り切ろうとしています。以前この欄でも触れましたが、モリンダ ジャパンは今年、少子化対策の一環である「くるみんマーク」を取得しました。働きながら出産や子育てができる環境づくりを積極的に行う企業に対して付与されるものです。

 しかし考えてみますと、こうした対策は中・長期的な視点から将来を見据えたもので、第2次ベビーブームの人々が援助の対象となる2050年頃になってようやく効果が見えてくるものだろうと思います。

 声を大にして申し上げます。わたしたちモリンダには別の答えがあります。しかも、すぐに効果が得られるものです。そうです。「モリンダの製品とシステムをお役立ていただくことにより援助を必要とする人の数を減らす」のです。

 モリンダ製品はこれまで、世界中の数え切れない人々の生活に健康上の恵みをもたらしてきました。製品への信頼は、製品の主原料であるノニの数千年にわたる歴史と最先端の科学によって裏打ちされたものです。また、モリンダ独自のユニークな報酬プランは、モリンダの使命に賛同してメッセージを伝えてくださった方々に、その努力に応じて継続的な収入をお約束する公平なシステムです。これまでの17年間、モリンダはコミッション相当金額の53%を着実にIPCのみなさまにお支払いしてきました。

 こうしてモリンダは、健康と経済の両面で自立した人々、そして夢をかなえた人々を数多く生み出してきました。わたしたちは特に日本において、これからもこの活動を続けたいと思っています。なぜなら、モリンダの製品とビジネスモデルこそが今、わたしたちの国が抱えている問題を克服することができる根本的な、信頼に足る、しかも即効性のある解決方法であると確信しているからです。

 ぜひみなさまにも、以上のような大きな観点からモリンダの活動に取り組んでいただければと思っています。
by ohkimakoto | 2013-12-06 11:15 | 2013年分
<< 2013.12.13 2013.11.29 >>



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31