2018.01.19

 ハワイでの「2018 ファウンダーズサークル」から帰国しました。寒い日本に戻っても、心はずっと熱いままです。2018年初めのこの国際イベントに日本から参加された51名のリーダーのみなさまも、わたしと同じお気持ちだと思います。今年のみなさまのご活躍、とても楽しみです。

 もうすでにお聞きのことと思いますが、「2018 ファウンダーズ サークル」で発表された今年のテーマは「タヒチアンノニ ストロング」です。日本語では「強いタヒチアンノニ」「タヒチアンノニは強い」「タヒチアンノニの強さ」など、いろいろに表現することができます。創業以来22年、伝統と科学の双方に力を入れることにより、ノニの研究とその結果得られる技術に関しては常にトップを走り続けるモリンダ、そして原材料供給国としてのタヒチとの関係をこれまで以上に深めていこうとするモリンダにふさわしいテーマではないでしょうか。

 このテーマが決まった時にいろいろな想いが心に浮かんできました。すべては、1998年秋にモリンダからかかってきた、プレオープン ミーティングでの通訳要請の電話から始まります。他社の通訳の仕事を通して抱いていたネットワークビジネス全体への不信感から一度は断ったものの、1回だけとの約束で11月のミーティングに出かけて行きました。この決断がその後のわたしの人生を決めることになるとは夢にも思いませんでした。

 驚いたのは、創設者一人ひとりの口を通して語られる、自分自身の、そして身近な人々のタヒチアンノニジュースにまつわるストーリーでした。わたしは「強い」モリンダに触れたのです。それまでに通訳をした他社の経営者の話とは異なり、自身による製品の体験談からはうわべだけのものではない「強い」想いが伝わってきました。製品やビジネスプランの優位性を声高に宣伝しながら「チャンスは今しかない」とビジネスへの参加をあおっていた他社とは明らかに違って、「わたしが体験した同じ幸せをみなさまも体験してください」というメッセージには、心に直接響く「強さ」がありました。

 その「強さ」は、奇跡の植物ノニが南太平洋の島々で数千年という時の流れを超えて現代まで受け継がれてきた事実からも裏付けられます。伝承の歴史はまさに愛の歴史でした。病気やけがで苦しむ人々が苦難を乗り越えて幸せな生活をしてほしいとの願いから、自分自身も親や祖父母からのすすめで体験したノニを、自分のストーリーも含めて伝え続けてきたのです。こうした、「人を思いやる心」以上に「強い」ものはあるでしょうか。

 「2018ファウンダーズ サークル」が終了した翌日の日曜日の午後、ハワイ在住の方々がホノルル中心地のアラモアナ・ホテルで「黄木 信 講演会」の場を設けてくださいました。ハワイでは初めての試みです。60名以上の方が参加してくださいましたが、ほとんどがわたしの話を初めて聞いてくださる方々でした。日本のアップライン リーダーの方々の協力もあって、とてもよく準備された会となりました。日本語と英語での変則的なプレゼンテーションでしたが、ここでもモリンダの「強さ」を感じることができました。一人の男性がわたしに語ってくださった言葉が印象に残っています。「これまで他のネットワークビジネスの話を幾度となく聞いてきました。でも、『心』を感じたのは初めてです」

 「タヒチアンノニ ストロング」。「強いモリンダ」の中心をなすのは「心」です。そして、その「心」を生み出すのは決してぶれることなく本物を求め続けるモリンダの姿勢であり、その姿勢に対するわたしたちの確信であり、誇りなのです。


by ohkimakoto | 2018-01-19 14:50 | 2018年分
<< 2018.01.26 2018.01.12 >>



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30