2018年 01月 05日 ( 1 )
2018.01.05
 明けましておめでとうございます。新たな年の幕開けをいかがお過ごしでしょうか。2018年も毎週金曜日のこの「幸せの仕掛人」をよろしくお願いいたします。

 昨年はみなさまのお力添えにより、モリンダのメッセージをさらに多くの方々にお伝えすることができました。特に10月に行われたセールスイベント「フレンズ&ファミリー」では、モリンダのIPCのみなさまお一人おひとりの底力を感じることができました。モリンダの可能性の大きさにわくわく感を抱かれた方が多かったのではないでしょうか。

 現実となりつつある少子高齢化の荒波の中で、モリンダは有効な解決策を提案します。具体的には、「健康」と「美(見た目の良さ)」と「経済的自由」という万人が求める欲求を満たすことにより、人々がたとえ高齢になっても元気ではつらつとした生活をエンジョイできる仕組みを提供します。そしてその仕組みは、過去21年間そうであったように、関わる方々の目標に応じて、健康の恵みから大規模な事業展開に至るまで、それぞれの願いをかなえることに貢献するものです。わたしたちはこのことを仮定のことではなく事実としてお伝えできることを誇りに思います。数字的に言いますと、これまで支払ってきた累計コミッション額は35億ドル(4,200億円)、生涯獲得コミッション額が100万ドル(1億2,000万円)に達した人は300名を超えます。

 このような実績のあるモリンダの仕組みを人生の早い段階から生活の一部として取り入れていただくことを、わたしたちは提案します。なぜなら、モリンダの仕組みは「健康と美」のみならず「継続的な収入」をも目指すことを可能にするからです。この「継続的な収入」が「経済的自由」をもたらします。例えば、毎月の光熱費や食費がモリンダからの毎月の収入で賄えるとしたらどうでしょうか。それが積み重なって、やがては夢である「経済的自由」を手に入れることができるのです。

 しかし、そのためには3つの条件をクリアしなければなりません。信頼できる会社であること、製品が優れていること、そして、報酬プランが公平で潤沢であることです。

 モリンダが信頼できる会社であることは、21年の歴史を見れば明らかです。モリンダは「世界のために何か良いことをさせていただく」という志の下に設立され、フレンチポリネシアの伝統と最新の科学との融合のために再投資を繰り返してきました。奇跡の植物ノニの管理を任された企業として、フレンチポリネシアの人々と協力しながらその役割を担ってきています。

 ノニの果実、葉、種子をベースとして「健康」と「美」を追求するモリンダの製品。中でもタヒチアンノニ ジュースは、ノニを市場にもたらした初めての製品にもかかわらず、その優位性は後発のいかなる競合他社製品も及びません。高品質のフレンチポリネシア産ノニ100パーセント使用、皮ごと丸ごと熟成発酵、添加物を一切含まない製品は他に類を見ません。そして昨年は、「美」の決め手として、ノニの種子エキスを主要有用成分としたテマナ ノニ ブライトニング シリーズを導入し、好評を得ています。

 報酬プランについては、ダイナミックコンプレッションにより不払い金をなくしたコミッション対象ボリューム53パーセントの実質還元率に注目していただきたいです。先にご紹介した数字をご覧いただければ、その優位性がお分かりいただけると思います。

 これら3つの条件を満たすモリンダこそが「継続的な収入」を提供する資格のある企業です。それに加えてモリンダは、この事業に関わるすべての「人」がモリンダのブランド価値を決めると信じています。お一人おひとりが不完全であっても無限の可能性を秘めた存在として、その可能性を最大化するお手伝いをさせていただきたいと願っています。

 2018年は、来年に迫ったモリンダ ジャパン20周年に向けての集大成の年です。力を合わせてがんばりましょう。
by ohkimakoto | 2018-01-05 14:50 | 2018年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31