2018年 04月 13日 ( 1 )
2018.04.13

いい季節になりました。お元気でしょうか。先週末から今週にかけて、山形に住む母親の介護のために帰省したのですが、東北自動車道を北上する車から見える山々は薄緑の新芽に覆われ、萌えるようでした。毎年のことですが、この季節になると天智天皇の7番目の皇子である志貴皇子(しきのみこ)が詠んだ歌が思い出されます。万葉集の中で私が大好きな歌の一つです。

「石ばしる垂水の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも」 

冬から春、そして初夏への季節の移り変わりは、生きとし生けるものが持つ命の力の偉大さを感じさせてくれますね。生きていることの尊さ、そして人の可能性の大きさをかみしめながら日々を過ごしたいと思います。

今週の水曜日、地方都市で芸能事務所を経営して40年という方が、同じ町に住むIPCの方に伴われてモリンダ ビルディングを訪問してくださいました。私よりも4年先輩ですが、とても若々しくダンディーで、笑顔が魅力的な男性の方です。特別リーダートレーニングの前であまり時間が取れなかったので、タヒチアンノニジュースで乾杯した後で私の方からこう質問させていただきました。「タレントを発掘する中で、可能性のある人を見つけるコツは何ですか?」

40年のベテラン社長の答えはこうでした。「私の好みです」。そして、こう付け加えられました。「その子を恋人のように好きになれば良いところが自然に見えてきて、持っている可能性をどんどん伸ばせます。本人もそんな私の気持ちに応えてがんばってくれますしね」。人を育てる上での大切な原則の一つをまた学ばせていただきました。

特別リーダートレーニングにはパールとパールエリートを維持しておられる14名の方が参加してくださいました。15分の休憩をはさんで90分のセッションが2回という長丁場ですが、今回は「問題解決技法」について例題を通して技法を学んだ後で、実際に皆さまが抱えておられる問題をグループごとに取り上げ、それをその技法に当てはめて解決策を考えていただきました。

モリンダの事業の現場で中枢を担ってくださっている方々の集まりですから、ディスカッションにも熱がこもり、とても有意義な時間を過ごすことができました。その中で皆さまから強く感じられたのが、モリンダへの強烈な想いと、グループの皆さまお一人おひとりへの父母のような気遣い、そして、お仲間の成功にはご自分が断固とした決意を持って先頭に立って模範を示さなければとの気概でした。そうです。どなたも例外なく、モリンダを、そしてグループの皆さまを恋人のように慕ってくださっているのです。その想いは必ず伝わることでしょう。

今月は「アウトリーチキャンペーン」が行われています。ぜひ、タヒチアンノニジュースを中心としたモリンダ製品の素晴らしさを皆さまの大切な方々へ広くお伝えいただきたいと思います。「タヒチアンノニ ストロング」の強さの中心は製品力です。数千年の伝統と最新の科学が融合したモリンダのタヒチアンノニジュースやトゥルーエイジ エクストラオリーブ、トゥルーエイジ マキシドイドに勝るノニ製品は存在しません。たとえ存在すると主張する会社があっても、第三者機関による科学的な分析証明によって裏付けることはできていません。

私たちが愛してやまないタヒチアンノニ ジュースやトゥルーエイジエクストラオリーブ、トゥルーエイジ マキシドイドが、伝統の恵みをいっぱいに含んだ、また科学的な分析によってその良さが証明された、魅力的で誠実な、偽りのない恋人であることを、誇りを持って世界中にお伝えしたいと思います。

  


by ohkimakoto | 2018-04-13 14:50 | 2018年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31