2018年 11月 16日 ( 1 )
2018.11.16

2018 ディスカバータヒチ」もあと数日を残すばかりとなりました。今日はフアヒネ島。全員でノニの収穫者に会いに島の奥の集会所までバスで出かけて行きました。近づくとドラムの音が聞こえてきます。道路にはたくさんの車が停めてあり、開け放しの集会所にはたくさんの人々の姿が見えます。収穫者の代表として91歳の女性の方がモリンダへの感謝の言葉を語ってくださいました。彼女は1997年から現在まで続けて働いてくださっているそうです。会社側からはショーン・ホイットニーセールス&マーケティング 副社長とケリー・オルセン 最高マーケティング責任者が話をしましたが、その合間に地元の4人の女性の方々が披露してくださったダンスが、彼女たちのやさしいにこやかな面差しと相まってIPCの皆さまの感動を誘いました。心が通い合った瞬間でした。

クルーズではいろいろなアクティビティーを提供していますが、モリンダのメンバーにとってこの収穫者との直接の触れ合いは何よりも勝る最高のひとときとなりました。モリンダの事業に関わっている3者、収穫者とモリンダとIPCの代表の皆さまが一堂に会した歴史的な瞬間です。この瞬間に立ち会えたことは幸運でした。

タヒチに住む彼らをパートナーと呼べることをうれしく思います。「人々のお役に立ちたい」との同じ志を持ち、世代を超えて数千年の間大切にしてきた天からの贈り物であるノニを世界中の人々に知ってもらいたいと思っている仲間が、赤道をはるか超えた南太平洋の島々に住んでいるのです。人種も民族も異なる彼らと抱擁を交わし、肩を組み、握手をし、感謝し合い、同じ体験談や夢を語り合えるのは何と素晴らしいことでしょうか。また、タヒチの未来を担う子どもたちが自分たちの伝統や文化に誇りを持ちながら世界に巣立っていく上で、私たちの日々の努力のいくぶんかが役に立っているという事実は、私たちにこの上ない充実感と誇りをもたらしてくれます。これは私たちにとっていわゆる「社会事業」ではありません。パートナーとして当たり前のことなのです。もはやモリンダは、ビジネスの概念を超えたグローバル規模の「新しい生き方(A New Way of Life)」の提案を行っていると言えるのではないでしょうか。

タヒチを訪れるたびに感じるのは、先祖が残してくれた文化と手つかずの自然の中でゆったりとした時の流れに抱かれながら日々を過ごす人々の、清らかで豊かな心です。アルビン・トフラーが説く「情報化」という「第3の波」の只中にいる人類。その大きな関心事は、時間と空間という枠を超える挑戦としてのテクノロジーの追求を継続することにより、人としての可能性をさらに高めることです。しかし、タヒチを訪れ、地上の最後の楽園とも称される息をのむような自然の美しさと、それを形成してきた気の遠くなるような年月と、その中で日々の生活を営む素朴な人々の姿に触れると、知らない間にその枠が外れていることに気付くのです。

ある人がこう語りました。「枠の外は可能性の宇宙」。私の大好きな言葉です。今回日本から参加された30名の方々すべてが、そして将来タヒチを訪れるであろうすべての方々が、この「枠の外は可能性の宇宙」をこのタヒチで、モリンダの活動を通してご自身で体験していただけるように願っています。


e0258787_12073470.jpg

1997年から収穫者として働く91歳の女性と一緒に。



by ohkimakoto | 2018-11-16 14:50 | 2018年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2018年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2017年分
2016年分
2014年分
2015年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
2019年分
最新の記事
講演スケジュール 2019..
at 2018-12-19 14:50
2018.12.14
at 2018-12-14 14:50
2018.12.07
at 2018-12-07 14:50
2018.11.30
at 2018-11-30 14:50
2018.11.23
at 2018-11-23 14:50
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧