カテゴリ:2018年分( 7 )
2018.02.16

 冬の五輪が韓国の平昌(ピョンチャン)で開かれています。日本選手を含む世界の一流選手たちの活躍の様子を、テレビで観戦しておられる方も多いのではないでしょうか。スポーツ観戦が大好きなわたしたち夫婦も毎日、世界のトップアスリートたちが肉体の限界に挑む様子を目の当たりにしながら、感動のおすそ分けをいただいているところです。

 それにしても、五輪が4年に一度しか開かれないという事実は、選手たちにとって過酷ではないだろうかと思うことがあります。よくメダルを逃した選手の口から「次の五輪では必ず勝ちます。五輪の借りは五輪でしか返せませんから」という言葉を聞きますね。

 例えば、スピードスケートの500メートルの選手はどうでしょう。男子の世界記録は3398、女子は3636。インスタートとアウトスタートの2回で勝負を決めますから、合計わずか1分ちょっとの時間にすべてが決してしまうのです。そして、この短時間の2回の勝負のために、4年の間、血のにじむようなトレーニングを行うわけです。人気のフィギュアスケートの場合も、ショートプログラムが240±10秒、フリーが430±10秒ですから、合計7分余りですね。

 長野五輪のスピードスケート男子500メートルで金メダルを獲得した清水 宏保選手。覚えておられる方も多いことでしょう。身長162センチと小柄で、スケートの短距離には向かないと言われていたのですが、4年に一度の、しかも地元開催の五輪ということで、長野の前のリレハンメルからの4年の間かなりの準備をしたことを、数年前のモリンダ ビルでのわたしとの面会で打ち明けてくださいました。

 固定自転車を使って失神寸前まで追い込むトレーニングを続けたり、長野五輪前には、カーボンファイバーに関する高い加工技術を持っているレーシングカーの製造会社に特注してカーボンファイバー製のスケート靴を作ってもらったりしたそうです。金メダルはそうした努力の賜物だったのでしょう。その清水さんがこんな言葉で今回の五輪に参加している選手たちにエールを送っています。4年にたった一度しか訪れないわずか1分ちょっとの時間を最高のものにするためにすべてをかけた清水さん。その想いが温かい言葉に込められています。

 「選手達にはもがくこと無く、身体と精神面を休めて整えていってもらいたいものです。やる事はやった!! ここまでやってきて負けたなら仕方ない!! そんな心境になれたら楽に滑れるかもしれません。選手達にみなさんのパワーを!! エールを!! よろしくお願いします。みんな、頑張って!! 絶対に大丈夫だから!!」(清水 宏保オフィシャルブログ「神速」より)

 もしかしたら人生も同じなのかもしれません。野田佳彦元総理大臣は松下政経塾の第1期生ですが、主宰の松下 幸之助氏から、「運は諦めない心を持つことにより獲得できる」ということを学んだそうです。ただし、人生は五輪のように諦めない期間が4年と決まっているわけではありません。もっと長いかもしれませんし、もっと短いかもしれません。しかし明らかなのは、その間どのような工夫をしたか、どのように自分を備えたかによって、運を自分のものにすることができるかどうかが決まるということです。

 モリンダではみなさまが成功に向けて諦めずに続けてくださるように、数々のプログラムを提供させていただいております。ぜひそれらを活用して、みなさまの人生の五輪に備えていただければと思います。


by ohkimakoto | 2018-02-16 14:50 | 2018年分
2018.02.09

寒波と低気圧の影響で大雪に見舞われている北陸地方のみなさまに心よりお見舞いを申し上げます。所によって平年の7倍の積雪量とか。まさに非常事態です。少しでも早く普段通りの生活が戻ることを願っています。

 さて、先週から今週にかけて最高マーケティング責任者のケリー・オルセンが日本を訪問し、東京の月例ミーティングを皮切りに大阪、名古屋、福岡のセールスオフィスを巡りながら2018年のテーマである「タヒチアンノニ ストロング」について説明をさせていただきました。

 今年のモリンダは奇跡の植物ノニに焦点を当てます。なぜなら、モリンダを他社から際立った強い企業にしている大きな理由の一つは、世代を超えて大切にされてきた高品質のノニをフレンチポリネシアの人々とのパートナーシップにより世界で初めて製品化し、みなさまに提供してきているという事実があるからです。特に、モリンダが初めて世に送り出したタヒチアンノニジュースの価値は計り知れません。まさにフレンチポリネシアの伝統と最先端の科学の完璧な融合により生み出された傑作と言えましょう。

ノニという植物は、果実、葉、種子という3つのエレメントから成り、その一つ一つが独特の働きを持っています。まずは果実から、タヒチアンノニ ジュースが誕生しました。以降、葉や種子、そしてそれらの組み合わせからも優れた製品が生み出されてきました。その典型的な例がテマナノニ ブライトニングのスキンケアラインで、3つのエレメントをすべて活用することにより、他では得られないユニークな製品ラインを提供しています。

今年はこの類いまれなノニという植物とモリンダの事業について、全世界で1億人の方々にお伝えするという目標を掲げました。途方もない目標だとお思いでしょうか。いいえ、わたしたちには準備ができています。2013年以来わたしたちは、この時のために準備を重ねてきました。1996年からの数々の取り組みをモリンダ本来の存在意義までさかのぼって整理し、今後20年間のモリンダを見据えた新たな戦略を構築したのです。それは、ノニという木が持つ3つのエレメントに集中することにより、そこからユニークな製品を開発し、多くの人々へ「健康」と「美(見た目の良さ)」と「経済的自由」を提供するというものです。

ケリー・オルセンは1億人にお伝えする内容をシンプルに4つにまとめています。(1)ノニとは何か、(2)ノニの歴史、(3)ノニの利用方法、(4)モリンダの大義(存在意義)です。この4つをみなさまの体験談を交えて発信していただくのです。1996年は電話とファクシミリが主流でした。でも今は、スマートフォンや電子メール、フェイスブック、インスタグラムなど、利用できるテクノロジーがあふれていて、一度に驚くほど大勢の人々に一瞬のうちにメッセージを発信できるのです。受け入れてくださるかは別問題です。とにかくできるだけ多くの方々にモリンダの情報をお伝えするのです。

地球上の1億人の人々に、ノニやモリンダのメッセージが伝わった時のことを想像してみてください。わたしたちの周りでは、今よりも格段に大勢の人々が、健康で美しくはつらつとした生活をし、経済的自由も獲得しておられることでしょう。そして、遠くフレンチポリネシアの小さな島々ではたくさんの家族が、ノニを自分たちからの贈り物として世界中の人々に提供できていることを誇りに思いながら、充実した幸せな生活を送っていることでしょう。そしてわたしたちのもとには、感謝の言葉が次々と寄せられるのです。

伝統と科学を重んじ、人を大切にするモリンダ。そのメッセージが言語や文化、人種を超えて世界中の1億人の人々に伝わるのです! ケリーは言います。「みなさまのビジョンはどれほど大きいですか?」




by ohkimakoto | 2018-02-09 14:50 | 2018年分
2018.02.02

 2月に入りました。明後日は立春。暦の上では春の到来ですね。日本全国に酷寒をもたらしてきた寒波もそろそろ離れてくれることを望んでいます。お元気でしょうか。

 さて、昨日21日はモリンダが日本で正式に業務を開始して19年の記念日でした。これまでモリンダを支えてくださったすべてのみなさまに心より感謝を申し上げます。モリンダの強さは、何よりもまずその製品にあります。奇跡の植物ノニを世界で初めて製品化したタヒチアンノニジュースの価値は、20年以上を経た今日でも変わりません。わたしは日本の市場を管理する任を受けてから11年になりますが、その間、日本国中を回りながら、タヒチアンノニ ジュースによって人生が変わった数えきれないほどたくさんの方々と直接お会いしてお話を伺ってきました。常に思うことは、もっともっとたくさんの方々にその価値を知っていただきたいということです。

199921日の創業以来19年間、毎月欠かさずタヒチアンノニ ジュースを愛飲してくださっている方々は、具体的な数字は明らかにすることはできませんが、相当な数に上ります。感謝以外に言葉が見つかりません。これは驚くべきことです。決して安いものではありませんから、製品への明確な価値を感じることができなければこのようなことは起こりません。この事実をもっともっとたくさんの方々に理解していただきたいです。

 今週は19周年の週にふさわしく、素晴らしい出逢いが続きました。128日の日曜日には、モリンダがスポンサーをしているミス・ユニバース埼玉の決勝大会が埼玉県熊谷市のホテル・ヘリテージで開かれ、わたしも審査員として参加しました。グランプリは以前にモリンダビルを訪問してくださった久喜市在住の大学生、岡嶋 彩さんが獲得、モリンダ賞は14歳からプロテニスプレーヤーとして世界ツアーに参戦しながら肩の故障で日本に戻り、発達障害の子どもたちにテニスを教えている宇田川真里さんと、高校生でフィリピン人のお母さまを持つ大谷 美絵さんが選ばれました。お二人ともタヒチアンノニ ジュースを1年間飲み続けてレポートしてくださることになっています。

 そして翌29日、月曜日は、旧来の友人であるジェームス・スキナーと20年ぶりの再会を果たすことができました。有限会社南国の齋藤 浩一さん・はるみさんご夫妻をリーダーとするメインストリームのグループがジェームスをゲストとして呼び、講演会を開催してくださったのです。講演の詳細についてはぜひ参加されたみなさまに伺っていただきたいと思いますが、集まった1,700名の方々の心には、ご自分の「無限の可能性」への気付きと、その実現に向けての「冒険の旅」への決意がしっかりと刻まれたのではないでしょうか。ジェームスの話には説得力がありました。それはすべてが自分の体験に基づいているからです。楽屋で、現在はソフトバンク文庫から出ている『TQ―心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント』の翻訳作業をした時のことに話が及びました。一文一文丁寧に、魂を込めて最良の表現を生み出そうと二人で長時間格闘したことを懐かしく思い出しました。そのままのジェームスがステージの上にいました。

 そして31日、水曜日は、前衆議院議員で「日本ファーストの会」の代表を務めた弁護士の若狭 勝さんがモリンダ ビルを訪れてくださいました。あるIPCの方からのご紹介での訪問ですが、タヒチアンノニ ジュースやトゥルーエイジ マキシドイド、トゥルーエイジ エクストラオリーブを試飲していただきました。テレビの番組で余命7年を宣告されたとのことで、生活改善のためにぜひ活用したいとおっしゃっていただきました。とても気さくな方で話はいろいろな方向に発展しましたが、モリンダがネットワークビジネス業界にあって特異な存在であり、今後の日本が抱える課題の解決に寄与するために誠実に取り組んでいることは十分にご理解いただけたと感じました。今後がとても楽しみです。

 来年の20周年に向けて、モリンダは前進します。もうすぐ春です。希望の春です。笑顔でがんばりましょう。




by ohkimakoto | 2018-02-02 14:50 | 2018年分
2018.01.26

 ハワイでの「2018 ファウンダーズ サークル」から帰国して10日が過ぎました。寒暖の差をものともせず、熱い心で活動レベルを上げてくださっているみなさまに心から感謝いたしております。

 「2018 ファウンダーズ サークル」の後で最高マーケティング責任者のケリー・オルセンと話す機会がありました。話は今から20年近く前、モリンダが日本に進出して間もない、わたしがまだ通訳として働いていた頃のことに及びました。二人とも共通して鮮明に覚えていたのが、福岡の事業説明会にスタッフを伴って一緒に出かけた時のことです。博多駅の地下道を、キャリーケースを引きながら列を作って歩いていたのですが、ガラガラという車輪の音が地下道に響き渡ります。みなで「これ、かなりうるさいよね」と言いながらも、何か、そこはかとないワクワク感を覚えたものです。それは、大きな志を共にしていることへの一体感や、自分たちが携えていくメッセージへの確信、目的に向かって前進するのだという決意から来るものでした。

 ケリーは最高マーケティング責任者の任を受けて第一線に戻った2013年、わたしに一つの約束をしてくれました。それは、「モリンダ最大の市場である日本のためにもっと多くの時間を割き、モリンダの戦略と計画の中で日本がふさわしい立場を確保できるようにします」というものでした。ケリーがこの約束を守るために日々努力を重ねてくれていることをうれしく思います。昨年、日本の研究開発チームを中心にグローバルで導入され、モリンダビジネスの新たな柱として日本のみならず世界中の人々から好評を得ているテマナ ノニ ブライトニングのシリーズは、その一つの結実であると言えましょう。

 2013年から明らかにされてきたモリンダの戦略が今、「タヒチアンノニ ストロング」として集大成を迎えつつあります。「伝統」と「科学」の融合により、モリンダは現代社会の誰もが抱える「健康」と「美(見た目の良さ)」と「経済的自由」という課題への包括的で有効な解決策を提供してきました。その解決策が今、日本を始めとする先進諸国が共通して抱える少子高齢化の課題への有効な手段として注目を集めています。喜ばしいことです。

 1996年の創業以来、モリンダは「世界のために何か良いことをさせていただく(Dosomething good for the world)」との志の下、誠実一筋で業務を遂行してきました。特に旗艦製品であるタヒチアンノニ ジュースの原材料のノニは高品質で知られるフレンチポリネシア産に限定し、しかも保存料や増粘剤、添加物は一切使用してきませんでした。人々の健康のために最高品質のものをお届けしたいとの想いがあったからです。そして、ノニ(学名はモリンダシトリフォリア)に関する研究には惜しみなく再投資を行い、これまで数々の専門誌にその成果を論文として発表してきました。その数は115報(20181月現在)を超え、ノニに関する研究では他の追随を許しません。また日本では、AGE(終末糖化産物)の測定推進活動をIPCのみなさまの協力を得ながら率先して行うことにより、現在のアンチエイジングの研究に多大な貢献をしています。

 モリンダの強さは、伝統と科学を融合することで類いまれな製品を作り上げたことに加え、それを今もなお、最先端の科学とテクノロジーで追求し続けている誠実さにあります。天から、そしてタヒチの人々からノニの管理を任されていることを自負する企業ですから、当然のことですね。

 誠実さは何にも代えがたい強さの源です。誇大広告や産地偽装、研究データの捏造が散見されるネットワークビジネス業界にあって、モリンダがこれまでも、そしてこれからも誠実な企業であ続けることを誇りに思います。


by ohkimakoto | 2018-01-26 14:50 | 2018年分
2018.01.19

 ハワイでの「2018 ファウンダーズサークル」から帰国しました。寒い日本に戻っても、心はずっと熱いままです。2018年初めのこの国際イベントに日本から参加された51名のリーダーのみなさまも、わたしと同じお気持ちだと思います。今年のみなさまのご活躍、とても楽しみです。

 もうすでにお聞きのことと思いますが、「2018 ファウンダーズ サークル」で発表された今年のテーマは「タヒチアンノニ ストロング」です。日本語では「強いタヒチアンノニ」「タヒチアンノニは強い」「タヒチアンノニの強さ」など、いろいろに表現することができます。創業以来22年、伝統と科学の双方に力を入れることにより、ノニの研究とその結果得られる技術に関しては常にトップを走り続けるモリンダ、そして原材料供給国としてのタヒチとの関係をこれまで以上に深めていこうとするモリンダにふさわしいテーマではないでしょうか。

 このテーマが決まった時にいろいろな想いが心に浮かんできました。すべては、1998年秋にモリンダからかかってきた、プレオープン ミーティングでの通訳要請の電話から始まります。他社の通訳の仕事を通して抱いていたネットワークビジネス全体への不信感から一度は断ったものの、1回だけとの約束で11月のミーティングに出かけて行きました。この決断がその後のわたしの人生を決めることになるとは夢にも思いませんでした。

 驚いたのは、創設者一人ひとりの口を通して語られる、自分自身の、そして身近な人々のタヒチアンノニジュースにまつわるストーリーでした。わたしは「強い」モリンダに触れたのです。それまでに通訳をした他社の経営者の話とは異なり、自身による製品の体験談からはうわべだけのものではない「強い」想いが伝わってきました。製品やビジネスプランの優位性を声高に宣伝しながら「チャンスは今しかない」とビジネスへの参加をあおっていた他社とは明らかに違って、「わたしが体験した同じ幸せをみなさまも体験してください」というメッセージには、心に直接響く「強さ」がありました。

 その「強さ」は、奇跡の植物ノニが南太平洋の島々で数千年という時の流れを超えて現代まで受け継がれてきた事実からも裏付けられます。伝承の歴史はまさに愛の歴史でした。病気やけがで苦しむ人々が苦難を乗り越えて幸せな生活をしてほしいとの願いから、自分自身も親や祖父母からのすすめで体験したノニを、自分のストーリーも含めて伝え続けてきたのです。こうした、「人を思いやる心」以上に「強い」ものはあるでしょうか。

 「2018ファウンダーズ サークル」が終了した翌日の日曜日の午後、ハワイ在住の方々がホノルル中心地のアラモアナ・ホテルで「黄木 信 講演会」の場を設けてくださいました。ハワイでは初めての試みです。60名以上の方が参加してくださいましたが、ほとんどがわたしの話を初めて聞いてくださる方々でした。日本のアップライン リーダーの方々の協力もあって、とてもよく準備された会となりました。日本語と英語での変則的なプレゼンテーションでしたが、ここでもモリンダの「強さ」を感じることができました。一人の男性がわたしに語ってくださった言葉が印象に残っています。「これまで他のネットワークビジネスの話を幾度となく聞いてきました。でも、『心』を感じたのは初めてです」

 「タヒチアンノニ ストロング」。「強いモリンダ」の中心をなすのは「心」です。そして、その「心」を生み出すのは決してぶれることなく本物を求め続けるモリンダの姿勢であり、その姿勢に対するわたしたちの確信であり、誇りなのです。


by ohkimakoto | 2018-01-19 14:50 | 2018年分
2018.01.12

 ワイキキのモアナサーフライダー ウェスティン リゾート&スパの部屋でこのメッセージを書いています。バルコニーからはダイヤモンドヘッドをバックにサーフィンに興じる人々の姿が見えます。寒波の日本からは考えられない風景です。世界から128名のIPCリーダーのみなさま(日本からは51名)をお招きして開催する今年のファウンダーズ サークル。いよいよ始まりました。今回は創設者も全員参加しています。

 ハワイはモリンダの歴史にとって重要な場所であるのをご存じでしょうか。そうです。ノニの素晴らしさに気付いて研究を進め、初めての論文を書いたラルフ・ハイニキー博士はパイナップルで有名な現・ドール社のハワイの研究員でした。彼が書いたゼロニンとプロゼロニンの論文は後になってノニの主要成分であるイリドイドの働きを示唆したものであったことが判明しましたが、それまではまったく相手にされませんでした。また、子どもの頃の愛犬ブラウニーとの体験からノニに興味を抱き、後にハワイ大学でノニの研究を行うこととなったアン・ヒラズミ博士も、ハワイの出身です。今年はオアフ島でのファウンダーズサークルですが、来年はマウイ島での開催が発表されました。ハワイの島々を訪れるたびにこうした歴史に想いを馳せることができるのはモリンダならではですね。

 わたしにとってもハワイは重要な場所です。12年前の9月、ビジョンリトリートが開かれていたハワイのホテルの中庭で、当時のアメリカ本社社長であったケリー・オルセンから日本支社長になるように要請されました。1998年の11月以来8年間、通訳やコンサルティングを通してモリンダと関わりながら確信を深め、またタヒチアンノニジュースも飲み続けてその良さを実感していたことから、それまで培ってきたスキルや経験をすべてモリンダのために使わせていただくことを決意しました。ケリーと二人だけで話をしたあの時の日陰の心地良い風やプルメリアの香りがよみがえってきます。

 2018年をここハワイでスタートできることをうれしく思います。今年のモリンダは、できるだけたくさんの方々にわたしたちのメッセージを発信することにより、モリンダの志や製品、ビジネスプランに共感してくださるお仲間を増やすことに力を入れていきます。そのための新たなプログラムがファウンダーズサークルで発表になりました。ネットワーキング(組織構築)に力を入れることにより、モリンダの素晴らしさを体験しながらそのストーリーを伝えてくださる方々を爆発的に増やしたいのです。これが実現できれば、健康で美しく、しかも継続的な収入に支えられた豊かな生活を素晴らしいお仲間と過ごす人々の数が増え、少子高齢化に悩む社会の中で画期的な貢献をすることができます。

 月曜日、大相撲の嘉風関が所属する尾車部屋で二所ノ関一門の連合稽古があり、招待を受けて見学に行かせてもらいました。横綱の鶴竜や稀勢の里、大関の高安、その他幕内や十両の力士が目の前でぶつかり合う姿に圧倒されました。力士たちは、申し合い、三番稽古、ぶつかり稽古と続く中で、息が上がりそうになりながらも、何度も何度も挑んでいきます。あえて自分の体力の限界に挑戦するかのようです。相撲で強くなることを「地力がつく」と言います。その意味がよく分かりました。地力は何度も限界に挑戦して初めてつくものなのですね。

 ネットワーキング(組織構築)は地力をつける仕事です。今年はみなさまお一人おひとりに地力をつけていただくことによりレベルアップしていただきたいと願っています。そのために必要なのは限界に挑戦することです。今年提供するプログラムはすべて、それを意図しています。みなさまの挑戦を期待しております。

e0258787_11241113.jpg


by ohkimakoto | 2018-01-12 14:50 | 2018年分
2018.01.05
 明けましておめでとうございます。新たな年の幕開けをいかがお過ごしでしょうか。2018年も毎週金曜日のこの「幸せの仕掛人」をよろしくお願いいたします。

 昨年はみなさまのお力添えにより、モリンダのメッセージをさらに多くの方々にお伝えすることができました。特に10月に行われたセールスイベント「フレンズ&ファミリー」では、モリンダのIPCのみなさまお一人おひとりの底力を感じることができました。モリンダの可能性の大きさにわくわく感を抱かれた方が多かったのではないでしょうか。

 現実となりつつある少子高齢化の荒波の中で、モリンダは有効な解決策を提案します。具体的には、「健康」と「美(見た目の良さ)」と「経済的自由」という万人が求める欲求を満たすことにより、人々がたとえ高齢になっても元気ではつらつとした生活をエンジョイできる仕組みを提供します。そしてその仕組みは、過去21年間そうであったように、関わる方々の目標に応じて、健康の恵みから大規模な事業展開に至るまで、それぞれの願いをかなえることに貢献するものです。わたしたちはこのことを仮定のことではなく事実としてお伝えできることを誇りに思います。数字的に言いますと、これまで支払ってきた累計コミッション額は35億ドル(4,200億円)、生涯獲得コミッション額が100万ドル(1億2,000万円)に達した人は300名を超えます。

 このような実績のあるモリンダの仕組みを人生の早い段階から生活の一部として取り入れていただくことを、わたしたちは提案します。なぜなら、モリンダの仕組みは「健康と美」のみならず「継続的な収入」をも目指すことを可能にするからです。この「継続的な収入」が「経済的自由」をもたらします。例えば、毎月の光熱費や食費がモリンダからの毎月の収入で賄えるとしたらどうでしょうか。それが積み重なって、やがては夢である「経済的自由」を手に入れることができるのです。

 しかし、そのためには3つの条件をクリアしなければなりません。信頼できる会社であること、製品が優れていること、そして、報酬プランが公平で潤沢であることです。

 モリンダが信頼できる会社であることは、21年の歴史を見れば明らかです。モリンダは「世界のために何か良いことをさせていただく」という志の下に設立され、フレンチポリネシアの伝統と最新の科学との融合のために再投資を繰り返してきました。奇跡の植物ノニの管理を任された企業として、フレンチポリネシアの人々と協力しながらその役割を担ってきています。

 ノニの果実、葉、種子をベースとして「健康」と「美」を追求するモリンダの製品。中でもタヒチアンノニ ジュースは、ノニを市場にもたらした初めての製品にもかかわらず、その優位性は後発のいかなる競合他社製品も及びません。高品質のフレンチポリネシア産ノニ100パーセント使用、皮ごと丸ごと熟成発酵、添加物を一切含まない製品は他に類を見ません。そして昨年は、「美」の決め手として、ノニの種子エキスを主要有用成分としたテマナ ノニ ブライトニング シリーズを導入し、好評を得ています。

 報酬プランについては、ダイナミックコンプレッションにより不払い金をなくしたコミッション対象ボリューム53パーセントの実質還元率に注目していただきたいです。先にご紹介した数字をご覧いただければ、その優位性がお分かりいただけると思います。

 これら3つの条件を満たすモリンダこそが「継続的な収入」を提供する資格のある企業です。それに加えてモリンダは、この事業に関わるすべての「人」がモリンダのブランド価値を決めると信じています。お一人おひとりが不完全であっても無限の可能性を秘めた存在として、その可能性を最大化するお手伝いをさせていただきたいと願っています。

 2018年は、来年に迫ったモリンダ ジャパン20周年に向けての集大成の年です。力を合わせてがんばりましょう。
by ohkimakoto | 2018-01-05 14:50 | 2018年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2018年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2017年分
2016年分
2014年分
2015年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
講演スケジュール 2018年..
at 2018-02-20 19:17
2018.02.16
at 2018-02-16 14:50
2018.02.09
at 2018-02-09 14:50
2018.02.02
at 2018-02-02 14:50
講演スケジュール 2018年..
at 2018-01-31 18:03
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧