2017.12.01
 いよいよ12月ですね。2017年の締めくくりの月がやって来ました。強烈な寒波により北海道を始め北日本では悪天候が続いています。今年最後のこの月がみなさまにとって1年のまとめとして実りある月となり、新たな年をわくわくした気持ちでお迎えになられるように願っております。

 さて、わたしはこの10年間、モリンダのブランド価値についてのわたしの想いを、いろいろな場で繰り返しお伝えしてきました。それこそがわたしに期待されている最も大切な役割であると確信しているからです。

 わたしがモリンダ ジャパンの社長(当時はモリンダ インクの日本支社長)を拝命して間もなく、一つの運命的な出逢いがありました。当時アメリカ本社で副社長をしていたデヴィッド・ウォーレンです。ハーバードビジネススクールを出た優秀な人物で、モリンダのヨーロッパ市場を担当の後、本社に異動して副社長に昇格しました。互いに『7つの習慣』に傾倒していたことから急速に親しくなり、彼が日本を訪問する時には必ずスタッフへのビジネストレーニングを担当してもらうようになりました。日本でのビジネス経験があり、世界の中で日本が置かれている状況を熟知した彼の口から出る言葉は、すべて腑に落ちるものでした。

 彼はとりわけ、日本の経営責任者であるわたしの役割に大きな関心を寄せ、こう進言してくれました。「黄木さんは日本のトップとして、しなければならない大切なことがあります。それに専念してください。それ以外の、他の人でもできることは一つ残らず委任してください」

 彼のこの言葉があって今のわたしがあります。わたしは彼の進言に従い、一つのことに集中してきました。それは、「みなさまの心に、そしてみなさまの周りにおられるまだモリンダをご存じない無数の方々の心に、モリンダのミッション(モリンダの存在意義)とビジョン(モリンダが目指す姿)とパッション(情熱)をお届けすること」です。幸いにもモリンダ ジャパンには優秀なスタッフがいますので、残りの業務はすべて委任することができています。

 社長就任以来10年の歳月が流れ、今、まだ道半ばではありますが、この取り組みの結果が少しずつ出始めていると自負しています。巷では、「モリンダは違う」というコメントをよく聞くようになりましたし、他のネットワークビジネスの経験者の方々から、「望んでいたけれども無理だろうなと思っていた理想の姿がモリンダにはありました」というお褒めの言葉をいただいています。確かに「伝統と科学を重んじ、人を大切にする」という企業文化は、みなさまのご賛同とご協力があって、モリンダの真の価値を示す概念として広く浸透してきました。特に「人を大切にする」という部分はモリンダの真骨頂です。

 わたしたちはみな不完全ですが、それを謙虚に自覚しながらも高邁な志を持って互いに助け合う時に、大きな成果を期待することができます。作家の曽野 綾子さんは日本という国家の特質をこう書いています。「日本は多分、世界一の水準を保った日常性に恵まれるようになったのだ。……それを社会はここまでやってのけた。私たちの正直で勤勉な先輩と、賢い同世代人のおかげである。日本の最大の資産はこういう上質の同胞である。」(「小さな親切、大きなお世話」産経新聞2017年11月26日付 )

  不正や欺瞞が横行するネットワークビジネス業界にあって、わたしはモリンダの中に「上質の同胞」がますます増えて、共に「上質」な社会を築いていけることをうれしく思っています。「人を大切にする」とは人の可能性を最大化することであり、その可能性の中心には、能力のみならず人としての豊かな精神性や倫理観が存在すると信じているからです。
# by ohkimakoto | 2017-12-01 14:50 | 2017年分
2017.11.24
 秋の実りへの感謝を表す感謝祭の季節です。家族でアメリカに滞在していた3年の間に、アメリカ人にとってこの行事がいかに大切かを学びました。日本人にとってのお正月と同じでしょうか。休日を利用して遠く離れた親族が集まり、サンクスギビングディナーを囲みながら互いの無事を確認して神に感謝を捧げます。

 わたしたちが住んでいたユタ州が西部開拓者を先祖に持つ人が多いという事実も、この行事への思い入れの深さを感じた理由かもしれません。2,000キロ以上の道のりを手車で旅した開拓者にとって、旅の途中での自然の恵みがどれほど貴重であったか、想像に難くありません。先発した開拓者たちが自分たち自身の旅路もままならない中で、指導者の指示を受けて所々で荒れ野を開墾して種をまき、後続の人々が収穫できるように計らったという事実は興味をそそります。この時節に、みなさまはどなたに、またどのようなことに感謝の気持ちを示しますか。

 他のネットワークビジネスを経験された方が、「モリンダでは『感謝』という言葉を耳にすることが多いですね」とおっしゃるのをよく聞きます。確かにモリンダは、感謝する対象に事欠かない会社です。ノニという天からの贈り物を数千年の間大切に受け継いできてくれたタヒチの人々への感謝。世界のために何かいいことをさせていただくという志のもとにノニを世界で初めて製品化し、タヒチアンノニ ジュースとして世に出してくれた創設者たちへの感謝。伝統と最新の科学に支えられた、他に真似のできない製品群への感謝。ダイナミックコンプレッションにより不払い金をなくした実質還元率CV53パーセントを誇る報酬プランへの感謝、などなど。現在のモリンダの成功は、そうした他では見られない数多くの特色に負うところが大です。

 しかし、月例ミーティングの表彰の場やグループの集まりの中でIPCのみなさまの口から最も多く聞かれるのは、どのような感謝の言葉でしょうか。そうです。ご自身にモリンダのメッセージを伝えてくださった方への感謝と、ご自身が語るモリンダのストーリーを聞いて受け入れてくださった方々への感謝の言葉です。

 それは、南太平洋の島々で数千年にわたりノニが受け継がれてきた姿そのものです。ノニの素晴らしさは、感謝をもって先祖たちからの教えを信じた人々が自らの体験と感謝のストーリーを重ねながら世代を超えて繰り返し伝え続けてきたところにあります。そして、タヒチアンノニ ジュースの開発によりモリンダの事業が開始された1996年からは、ノニの価値に気付いた世界中の人々が、同じように自分自身の感謝のストーリーを乗せてモリンダのメッセージを日夜伝え続けてくださっているのです。

 感謝祭の季節にあたり、今年1年のみなさまのご支援に心より感謝いたします。わたしどもスタッフは、みなさまのようなIPCの方々と志を一つにして働けることを大きな喜びとしています。日々の温かい励ましに感謝いたします。

 年末にかけて大きなイベントが3つあります。現在進行中のテマナ リップスLTO(期間・数量 限定販売)と27日(月)のサイバーマンデー、そしてクリスマスに向けたホリデーギフトです。みなさまが大切にしておられる方々に「健康」と「美(見た目の良さ)」と「経済的自由」のすべてを実現する道を少しでも前進していただくために、これらのイベントを活用してくださるよう願っています。なぜなら、最善の努力の後には心からの感謝の言葉が待っていることを知っているからです。
# by ohkimakoto | 2017-11-24 14:50 | 2017年分
2017.11.17
 紅葉真っ盛りの日本列島です。朝夕の気温がぐっと下がり、庭に置いてあった我が家の2本のノニの鉢植えもリビングの日当たりの良い場所に移しました。狭くなりますが、何だか家族が増えたようです。お元気でしょうか。

 おかげさまで白内障の手術が左右両方とも無事に終わって1ヵ月。経過も良好なのでメガネを作り直しました。眼内レンズは近いところに焦点を合わせたものを選んだので、メガネは遠くを見る時に焦点が合うようにしてあります。まるで別世界です。明るさも、色彩も、見え方も、これまで経験したことのない感動のレベルです。会社のミーティングでも、プレゼンテーションのスライドが見えにくかったのでスクリーンの近くの席に代わってもらっていましたが、元の席に戻りました。スクリーンに映し出されたスライドの小さな数字もはっきりときれいに見えます。

 思えばここ何十年もの間、遠くがよく見えないのが当たり前の生活でした。ゴルフ場でも、自分が打ったボールの行方が分からず、「どこに行った?」と仲間に聞いてばかりいましたし、モリンダのイベントで同時通訳をしている時も、映し出されたスライドの文字が見えずに苦労していました。

 スティーブン・R・コヴィー博士はその著書である『7つの習慣』の中で、人はみな自分独自のレンズを通して世の中を見ていてそれが当たり前だと思い込んでいる、と述べています。

 「誰しも、自分は物事をあるがままに、客観的に見ていると思いがちである。だが、実際はそうではない。わたしたちは、世界をあるがままに見ているのではなく、わたしたちのあるがままの世界を見ている」(『完訳―7つの習慣』キングベアー出版、p. 22)

 そして、大きな変化を望むのであれば、わたしがやったように、レンズを替えることが必要だと説いています。

 モリンダの21年間の業績の一つは、ネットワークビジネス業界に新たなレンズを提供したことではないかと考えています。ビジネスオポチュニティー偏重の、製品力よりも巧みなトークや見せかけの成功で人を勧誘する多くのネットワークビジネスの姿は、人々に大きなマイナスの印象を植え付けてきました。1999年2月1日の日本での創業を前に1998年11月にプレオープンのミーティングを開いたモリンダも、同じ目で見られていたと思います。

 しかし、通訳としてその場にいたわたしは、モリンダの特異性を強烈に感じていました。あいさつのためにステージに立った創設者一人ひとりが、製品であるタヒチアンノニ ジュースの素晴らしさを、個人的な体験を交えながら熱く語ったのです。それまで関わってきた他のネットワークビジネスでは決して見られない光景でした。

 あれから19年の歳月が流れ、モリンダは今、別のレンズを通して見ていただけるようになりました。人々の見方はこうです。「モリンダさんはしっかりした会社ですから大丈夫ですよ」。昨年の8月には日本経済新聞の朝刊にモリンダの社名とタヒチアンノニ カフェの名前を含んだ記事が掲載されました。画期的なことです。

 今週の水曜日にはモリンダ史上初めて、東日本大震災に見舞われた福島で「黄木 信 講演会」を開催することができました。実現にご尽力いただいた地元のリーダーのみなさまには心より感謝いたします。会場となった福島駅前の「ザ・セレクトン福島」には100名を超える方々が集まってくださいました(写真参照)。半数がわたしの話を初めて聞いてくださる方々でしたが、みなさま、モリンダを見るレンズを替えてくださったのではないかと思っています。

 わたしの願いは、みなさまのお力添えを受けながら、少しでも多くのみなさまがモリンダを見るレンズを替え、モリンダの素晴らしさを実感していただきたいということです。
e0258787_14315078.jpg

# by ohkimakoto | 2017-11-17 14:50 | 2017年分
講演スケジュール 2017年12月~2018年1月
2017年12月~2018年1月(PDAファイル形式で表示されます)
# by ohkimakoto | 2017-11-10 17:33 | 【講演スケジュール】
2017.11.10
 このごあいさつでみなさまに週ごとのメッセージをお送りし始めてから、早いもので10年半の歳月が経とうとしています。最初は携帯電話への自動配信の容量の問題でメッセージも短めでしたが、やがてテクノロジーの進化により、ある程度の長さのものを配信できるようになりました。このようにしてわたしのモリンダへの想いを直接みなさまにお届けできることは大きな喜びです。

 さて、前回のメッセージでもお話ししましたが、10月のセールスイベント「フレンズ&ファミリー」をご活用いただいた結果、10月中に新規でご登録いただいた方の数は驚異的な伸びを見せました。みなさまのグループでも新しい方々が持ち込んでくださる新鮮な空気が活動を活性化しているのではないでしょうか。新しくモリンダにご加入いただいた方が定期購入製品に加えて毎月プレゼントされる数々のモリンダ製品を実際にお試しくださって、1年後にはモリンダ ファンになってくださることを願っています。と同時に、会社見学や「黄木 信 講演会」、モリンダやIPCのグループが開催する事業説明会や製品説明会、ディスカバリーパーティー、宿泊セミナーなどにも積極的にご招待ください。モリンダの全体像を早い段階で知っていただきたいからです。

 まずはコミュニケーションですね。モリンダに加わってくださったことの価値をみなさまから直接感じていただけるように、欠かさずお声かけをしましょう。新しいお仲間の一人として大切に思っていること、またモリンダのプログラムを活用しながら「健康」と「美(見た目の良さ)」と「経済的自由」を一緒に達成していきたいことをお伝えください。

 もうお分かりですね。10月に行われたセールスイベント「フレンズ&ファミリー」は10月1ヵ月だけの活動ではないのです。AD(エリア ディベロッパー)プログラムやLTO(期間・数量 限定販売)を始めとする2013年から始まったモリンダの新しい取り組みのどれを取っても、同じ仕組みになっています。すべてが一時的な収入のためではなく継続的な組織構築のために用意されていることを理解したうえで取り組んでいただければ、人々からの信頼を崩すことなく、モリンダが提供するプログラムから最大の価値を得ていただくことができるのです。年に2回開催されるモリンダ ユニバーシティーでモリンダの取り組みのすべてを残らず学んでいただきたいのは、そのためです。参加するために何を準備すればいいか、担当のセールススタッフにお尋ねいただければと思います。

 和歌山の宿泊セミナーで、神が舞い降りたと伝えられる大斎原(おおゆのはら)を訪れました。近年はパワースポットとして多くの人が訪れています。熊野川・音無川・岩田川の合流点にある中洲で、熊野本宮大社があったところです。かつては約1万1千坪の境内に5棟12社の社殿、楼門、神楽殿や能舞台などがあって、現在の数倍の規模だったそうです。しかし、明治22年(1889年)8月の大水害で社殿の多くが流出。水害を免れた4社を現在の熊野本宮大社がある場所に移したそうです。

 和歌山のIPCのみなさまのおかげで今回、この世界遺産を訪れる機会を得ました。大斎原で往時をしのびながら、世界平和へのモリンダの貢献とモリンダ ファミリーのみなさまの成功を祈念させていただきました。その様子を地元のIPCの方が写真に収めてくださいましたのでご覧ください。世界のためにお役に立ちたいとのみなさますべての想いが天にも届いていることがうかがえるスナップになりました。
e0258787_130213.jpg
e0258787_1301841.jpg

# by ohkimakoto | 2017-11-10 14:50 | 2017年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2018年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2017年分
2016年分
2014年分
2015年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
2018.02.23
at 2018-02-23 14:50
講演スケジュール 2018年..
at 2018-02-20 19:17
2018.02.16
at 2018-02-16 14:50
2018.02.09
at 2018-02-09 14:50
2018.02.02
at 2018-02-02 14:50
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧