タグ:ストーリー ( 4 ) タグの人気記事
2018.01.19

 ハワイでの「2018 ファウンダーズサークル」から帰国しました。寒い日本に戻っても、心はずっと熱いままです。2018年初めのこの国際イベントに日本から参加された51名のリーダーのみなさまも、わたしと同じお気持ちだと思います。今年のみなさまのご活躍、とても楽しみです。

 もうすでにお聞きのことと思いますが、「2018 ファウンダーズ サークル」で発表された今年のテーマは「タヒチアンノニ ストロング」です。日本語では「強いタヒチアンノニ」「タヒチアンノニは強い」「タヒチアンノニの強さ」など、いろいろに表現することができます。創業以来22年、伝統と科学の双方に力を入れることにより、ノニの研究とその結果得られる技術に関しては常にトップを走り続けるモリンダ、そして原材料供給国としてのタヒチとの関係をこれまで以上に深めていこうとするモリンダにふさわしいテーマではないでしょうか。

 このテーマが決まった時にいろいろな想いが心に浮かんできました。すべては、1998年秋にモリンダからかかってきた、プレオープン ミーティングでの通訳要請の電話から始まります。他社の通訳の仕事を通して抱いていたネットワークビジネス全体への不信感から一度は断ったものの、1回だけとの約束で11月のミーティングに出かけて行きました。この決断がその後のわたしの人生を決めることになるとは夢にも思いませんでした。

 驚いたのは、創設者一人ひとりの口を通して語られる、自分自身の、そして身近な人々のタヒチアンノニジュースにまつわるストーリーでした。わたしは「強い」モリンダに触れたのです。それまでに通訳をした他社の経営者の話とは異なり、自身による製品の体験談からはうわべだけのものではない「強い」想いが伝わってきました。製品やビジネスプランの優位性を声高に宣伝しながら「チャンスは今しかない」とビジネスへの参加をあおっていた他社とは明らかに違って、「わたしが体験した同じ幸せをみなさまも体験してください」というメッセージには、心に直接響く「強さ」がありました。

 その「強さ」は、奇跡の植物ノニが南太平洋の島々で数千年という時の流れを超えて現代まで受け継がれてきた事実からも裏付けられます。伝承の歴史はまさに愛の歴史でした。病気やけがで苦しむ人々が苦難を乗り越えて幸せな生活をしてほしいとの願いから、自分自身も親や祖父母からのすすめで体験したノニを、自分のストーリーも含めて伝え続けてきたのです。こうした、「人を思いやる心」以上に「強い」ものはあるでしょうか。

 「2018ファウンダーズ サークル」が終了した翌日の日曜日の午後、ハワイ在住の方々がホノルル中心地のアラモアナ・ホテルで「黄木 信 講演会」の場を設けてくださいました。ハワイでは初めての試みです。60名以上の方が参加してくださいましたが、ほとんどがわたしの話を初めて聞いてくださる方々でした。日本のアップライン リーダーの方々の協力もあって、とてもよく準備された会となりました。日本語と英語での変則的なプレゼンテーションでしたが、ここでもモリンダの「強さ」を感じることができました。一人の男性がわたしに語ってくださった言葉が印象に残っています。「これまで他のネットワークビジネスの話を幾度となく聞いてきました。でも、『心』を感じたのは初めてです」

 「タヒチアンノニ ストロング」。「強いモリンダ」の中心をなすのは「心」です。そして、その「心」を生み出すのは決してぶれることなく本物を求め続けるモリンダの姿勢であり、その姿勢に対するわたしたちの確信であり、誇りなのです。


by ohkimakoto | 2018-01-19 14:50 | 2018年分
2015.09.18
 相次ぐ台風による大雨の影響で河川が氾濫し、被害が広がっているようです。被災されたみなさまへは心よりお見舞いを申し上げるとともに、迅速な復旧を祈るばかりです。

 さて、今回のビジョンリトリートはわたしにとってたいへん感慨深いものでした。それは、本社社長のジョン・ワズワースと最高マーケティング責任者 ケリー・オルセン双方の話の中に、わたしが就任以来みなさまにお伝えしてきた他社にはないモリンダのユニークさが強力に盛り込まれていたからです。

 ジョンさんが強調したのは、モリンダの持つ類まれな「文化」についてでした。1993年のノニとの出逢いから始まったモリンダの事業は、紀元前から幾多の世代を越えて伝承されてきた奇跡の植物ノニとそのストーリーに支えられ、また、そのストーリーに自らのストーリーを重ねて伝えてくださる人々の協力のもと、タヒチをふるさととして全世界へと広がっていきました。今ではタヒチを含む世界70以上の国で、モリンダに関わることによって充実した人生を送っていらっしゃる方々が数多くおられます。ジョンさんの言葉を借りれば、それはあたかも「タヒチをふるさととする大きな家族」のようです。まさに「世界のために何か良いことをさせていただく(Do something good for the world)」というモリンダの志が、一つの文化となって広がっているのです。
 
 ジョンさんがよく使う言葉の中で、非常に重みがあるのですがなかなか日本語にしにくい表現があります。”I’m grateful for who you are”です。文字通りに訳すと”みなさまがどのような人物であるかに感謝します”ですが、要は、みなさまの日頃の想いと行動、つまり「生き方」そのものに感謝をするということになるでしょうか。ジョンさんにとっては、ヌクヒバでのノニとの出逢い以来、数々の困難を乗り越えて今があるわけで、そうしたモリンダの経緯を心から信じて世界中のノニを待つたくさんの人々の幸せのために行動してくださる方々に対しては、言い尽くせない感謝の想いがこみあげてくるのだろうと思います。そのジョンさんの熱い想いを何とか日本語で的確に表現したい。いつもそう願っています。

 第2セッションで登場したケリーさんのメッセージは圧巻でした。まず、ステージ上のホワイトボードに漢字で「美徳」と書きました。そして、モリンダが他のネットワークビジネス企業と最も異なる点は、常に「美徳」を追及してきたことだと語りました。「美徳」の元の英語は”virtue”で、”内面的な強さからもたらされる力”を表します。

 モリンダは伝統と科学を重んじるとともに、「人を大切にする」企業です。それは、人が可能性を持った偉大な存在であることを信じ、誰もがその可能性を解き放つことができるようにお手伝いをする企業という意味です。その点から言って、ケリーさんが取り上げた「美徳」ほど適切な言葉はないでしょう。

 氷山を思い出してください。海の上に出ていて目に見える部分は全体のわずか20パーセント。残りの80パーセントは海の中です。内面的な強さである「美徳」も氷山と同じように必ずしも人の目に触れることはありませんが、地道な積み重ねによって大きな力を生み出します。「信頼」という力です。

 「世界のために何か良いことをさせていただく」という共通の志を持った地球規模のモリンダ ファミリーと、その家族の一人ひとりが実践する「美徳」を土台としたモリンダライフ。もっともっとたくさんの方々に加わっていただきたいですね。
 
by ohkimakoto | 2015-09-18 13:22 | 2015年分
2015.03.20
 いつも通る川沿いの道を華やかに彩っていた早咲きの河津桜の並木も満開をとうに過ぎ、いよいよソメイヨシノの開花を待つばかりとなりました。物みな活動を開始する躍動の季節です。
 わたしが日本支社長として正式にみなさまと一緒に仕事をさせていただくようになってから、早いものでもう8年が過ぎました。と申しましても、わたしの場合は1998年のプレオープンの時から通訳・翻訳・コンサルティングの分野でモリンダと深く関わってきましたので、創設者やIPCのみなさまとの仕事上でのお付き合いはすでに16年を超えています。この間、いろいろなことがありました。社会情勢も変化し、家族を含むわたし個人の生活にも数々の変化がありました。
 しかし、そのような中にあってもわたしの中で決して変わらなかったこと、これからも変わらないと確信できることがいくつかあります。その中の1つが「自分が変わり、人が変わり、世界が変わる」という、『7つの習慣』のスティーブン・R・コヴィーが言うところの「インサイドアウト」の原則です。この原則はわたしだけでなく世界中の人々に、1人の人間の中に潜在する可能性の大きさを教えてくれるとともに、その可能性を信じてチャレンジする勇気をあたえてきました。
 モリンダにお世話になる前の12年間、わたしは人材育成のコンサルタントとして数多くの企業人とともに「何が真の継続的な生産性の向上をもたらすのか」を考えてきました。そこで得たわたしなりの結論は、最終的には「人」だということでした。従業員一人ひとりの可能性を最大化することに、その企業の命運がかかっていると言っても過言ではないのです。
 モリンダはそんなわたしの想いを共有できる理想的な企業の1つでした。「伝統と科学を重んじ、人を大切にする」姿勢を創設前から少しもぶれることなく貫いてきていたからです。5人の創設者の心にはいつも「人」が存在しました。モリンダ本社 初代社長のケリー・エイシーが日本のプレオープンの際に最初に語ったのは、近所に住む1人の年配の女性の、はたから見ればほんの小さな、しかし会場にいたわたしを含むすべての人々に忘れられない感動をもたらしたエピソードでした。健康を取り戻すことによりとうにあきらめていた「孫を抱き上げる」というごく当たり前のことができるようになった喜びのストーリーです。
 現社長のジョン・ワズワースと行動をともにしていると、彼の心のスクリーンには、これまでモリンダを支えてきてくださった数多くの人々の姿が映し出されているのではないかとさえ思えることがあります。今週、そのジョンが中国への訪問の途中で日本に立ち寄りました。たまたまその日にモリンダ ビルディングで開かれていたIPCのグループのみなさまのミーティングにお邪魔し、あいさつをする機会がありました。その時のジョンの言葉が心に残っています。「みなさまお一人おひとりのストーリーがモリンダです」。
 人を突き動かしてやまないモリンダのストーリーは、確信から生み出されます。確信は感動の体験から、感動の体験は実際に製品やプランを試していただくことから得られます。そうです。これまでのモリンダの偉大な歴史は、自ら勇気をもって一歩を踏み出したお一人おひとりのIPCのみなさまが紡いできてくださった、勇気と感動と涙のストーリーの集大成なのです。
 出発点は自分自身です。自分が変わることによってその影響が周囲にも及び、人々が変わっていきます。そしてそれが積み重なって、やがては世界をも変えることになるのです。確かに地道な取り組みです。しかし、その歩みは着実で、決して止まることはありません。
by ohkimakoto | 2015-03-20 14:25 | 2015年分
2012.10.26
 わたしのオフィスに小さな額に入った1枚の赤ちゃんの写真が飾ってあります。奈良県にお住まいのある女性のIPCの方が送ってくださいました。初めてのお孫さんの写真です。名前を楓果(ふうか)ちゃんといいます。

 初孫はどの家庭にあっても喜びの源です。でも、このIPCの方にとっては特別な存在です。たとえ初孫が生まれてきても、自分には世話をすることは決してできないだろうと思っていました。それが今、産後の静養で実家に戻った娘さんと楓果ちゃんのために、お世話をすることができているのです。

 実は、このIPCの方は車椅子での生活を余儀なくされていました。少しずつ体の力が弱くなり、それまでできていたことができなくなっていったのです。自分で布団を掛けることもできないほどでした。このまま自分はご主人をはじめ人の世話になりながらの人生を歩んでいかなければならないのだと考えていました。

 そこにノニが伝わりました。半信半疑ながらもしばらく飲み続けると、次第に活力を感じているのがわかりました。生活が次第に変わっていきました。家族の介護がないとできなかったことが減り、ゆっくりであれば、ほとんど何でも自分でできるようになりました。

 彼女にとってその変化は大きな喜びでした。その喜びへの感謝を会社に伝えたいと思った彼女は、新潟に住むお姉さんに迎えに来てもらい、東京までわたしに会いに来てくださいました。そこに見たのは、ゆっくりとした足取りながらもご自身の足でしっかりと歩みを進める、快活な女性の姿でした。彼女が語るストーリーは実に驚くべきものでした。

 その後も、彼女ははつらつとしていきました。そして先日、待望の初孫、楓果ちゃんが誕生します。よほどうれしかったのでしょう。写真を何枚も送っていただきました。そして、その手紙にはさらに驚くべきことが書かれていました。今では自転車にも乗るし、車も運転できるようになったとおっしゃるのです。

 この方に起こった人生の変化は、ご家族はもちろんのこと、周囲の人々に大きな影響を及ぼしていることでしょう。みなさんが「どうされたのですか?」と尋ねてこられるのではないでしょうか。

 その時こそこの方は、どのようにしてノニが伝わり、ノニによって人生が変わったのかを真心を込めて話されるのだろうと思います。そしてその話は、相手の方の心に響き、相手の方も、ノニによって自分の人生も変わるかもしれないとの希望を抱かれることでしょう。すべてが伝統と科学に裏打ちされた本物の製品がもたらした真実のストーリーだからです。

 モリンダは自分を変え、人を変え、世界を変えます。
by ohkimakoto | 2012-10-26 00:00 | 2012年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
FBバナー


カテゴリ
全体
2018年分
【講演スケジュール】
【動画メッセージ】
2017年分
2016年分
2014年分
2015年分
2013年分
2012年分
生きるヒント
人格を高める
夢の実現
能力を高める
お大切の心
家庭を豊かにする
モリンダ社を知る
お知らせ
最新の記事
2018.09.21
at 2018-09-21 14:50
2018.09.14
at 2018-09-14 14:50
2018.09.07
at 2018-09-07 14:50
2018.08.31
at 2018-08-31 14:50
2018.08.24
at 2018-08-24 14:50
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧