タグ:ビジョン ( 5 ) タグの人気記事
2017.12.01
 いよいよ12月ですね。2017年の締めくくりの月がやって来ました。強烈な寒波により北海道を始め北日本では悪天候が続いています。今年最後のこの月がみなさまにとって1年のまとめとして実りある月となり、新たな年をわくわくした気持ちでお迎えになられるように願っております。

 さて、わたしはこの10年間、モリンダのブランド価値についてのわたしの想いを、いろいろな場で繰り返しお伝えしてきました。それこそがわたしに期待されている最も大切な役割であると確信しているからです。

 わたしがモリンダ ジャパンの社長(当時はモリンダ インクの日本支社長)を拝命して間もなく、一つの運命的な出逢いがありました。当時アメリカ本社で副社長をしていたデヴィッド・ウォーレンです。ハーバードビジネススクールを出た優秀な人物で、モリンダのヨーロッパ市場を担当の後、本社に異動して副社長に昇格しました。互いに『7つの習慣』に傾倒していたことから急速に親しくなり、彼が日本を訪問する時には必ずスタッフへのビジネストレーニングを担当してもらうようになりました。日本でのビジネス経験があり、世界の中で日本が置かれている状況を熟知した彼の口から出る言葉は、すべて腑に落ちるものでした。

 彼はとりわけ、日本の経営責任者であるわたしの役割に大きな関心を寄せ、こう進言してくれました。「黄木さんは日本のトップとして、しなければならない大切なことがあります。それに専念してください。それ以外の、他の人でもできることは一つ残らず委任してください」

 彼のこの言葉があって今のわたしがあります。わたしは彼の進言に従い、一つのことに集中してきました。それは、「みなさまの心に、そしてみなさまの周りにおられるまだモリンダをご存じない無数の方々の心に、モリンダのミッション(モリンダの存在意義)とビジョン(モリンダが目指す姿)とパッション(情熱)をお届けすること」です。幸いにもモリンダ ジャパンには優秀なスタッフがいますので、残りの業務はすべて委任することができています。

 社長就任以来10年の歳月が流れ、今、まだ道半ばではありますが、この取り組みの結果が少しずつ出始めていると自負しています。巷では、「モリンダは違う」というコメントをよく聞くようになりましたし、他のネットワークビジネスの経験者の方々から、「望んでいたけれども無理だろうなと思っていた理想の姿がモリンダにはありました」というお褒めの言葉をいただいています。確かに「伝統と科学を重んじ、人を大切にする」という企業文化は、みなさまのご賛同とご協力があって、モリンダの真の価値を示す概念として広く浸透してきました。特に「人を大切にする」という部分はモリンダの真骨頂です。

 わたしたちはみな不完全ですが、それを謙虚に自覚しながらも高邁な志を持って互いに助け合う時に、大きな成果を期待することができます。作家の曽野 綾子さんは日本という国家の特質をこう書いています。「日本は多分、世界一の水準を保った日常性に恵まれるようになったのだ。……それを社会はここまでやってのけた。私たちの正直で勤勉な先輩と、賢い同世代人のおかげである。日本の最大の資産はこういう上質の同胞である。」(「小さな親切、大きなお世話」産経新聞2017年11月26日付 )

  不正や欺瞞が横行するネットワークビジネス業界にあって、わたしはモリンダの中に「上質の同胞」がますます増えて、共に「上質」な社会を築いていけることをうれしく思っています。「人を大切にする」とは人の可能性を最大化することであり、その可能性の中心には、能力のみならず人としての豊かな精神性や倫理観が存在すると信じているからです。
by ohkimakoto | 2017-12-01 14:50 | 2017年分
2016.01.22
 寒波が列島全体に大きな影響を及ぼしています。みなさまの地域ではいかがでしょうか。グローバル・リーダーシップ・サミットから帰国した日の朝が大雪で、関東では交通機関に大きな乱れが出ました。空港から出るとさすがに風が冷たく、ラグナビーチのあの柔らかな日差しが懐かしく思い出されました。
 参加された14組のみなさまは新たな決意を胸にもうすでに活動を開始していただいていることでしょう。機会を捉えてお一人おひとりからぜひお話を伺っていただければと思います。何を学び、何を感じ、何を決意されたのか。特に2016年のモリンダに何を期待しておられるのかです。
 3月には舞浜のアンフィシアターを会場にジャパン ビジネスサミットが開催されます。たくさんのみなさまとまたお会いできるのを楽しみにしております。今朝ほど素晴らしいニュースが飛び込んできました。このサミットへのケリー・オルセン最高マーケティング責任者、ショーン・ホイットニー グローバルセールス担当副社長の参加は決まっているのですが、新たにモリンダ ホールディングスCEO兼モリンダ インク社長のケアリー・エイシーが参加を検討しているということです。(今回から表記を「ケアリー」にしています。この方がより英語の“r”の発音に近いので、ケリー・オルセンの“l”の発音と区別することができます。印刷物なども順次「ケアリー」に変更していきますのでご理解をお願いいたします)
 日本訪問が実現すれば、ケアリーはサミットに参加された全員と握手をし、あいさつを交わし、感謝の気持ちを伝えることでしょう。そして、たくさんのみなさまと一緒に写真に収まることでしょう。また、製品やプログラムに関してはケリー・オルセンやショーン・ホイットニー、地元のスタッフに任せて、モリンダという企業が何を大切にしているかを、今後のビジョンとともに話すことでしょう。ケアリー・エイシーとはそういう人物です。
 ケアリーと初めて会った時のことを思い出します。わたしは通訳でした。事前に原稿が提供されることはありません。ステージに立って、初めて聞く話に耳を傾けながら頭の中で日本語に組み立てていくのです。しかし、不思議とうまくいきました。話の展開が予測できるだけでなく、それに伴って醸し出されていく想いが共感できるのです。これはモリンダのファウンダー全員に共通して言えることです。価値観が同じなのでしょう。ケアリーを始めとする5人のファウンダーとのそうしたかけがえのない心の交流があって、わたしはモリンダが特別な企業であることを体感するようになっていきました。
 あれから17年の歳月が流れ、その間、数々の人々、プログラム、製品、戦略、イベント、キャンペーンがわたしたちの人生を彩ってきました。特に、才能豊かな尊敬すべき人々との交流は、わたしの人生を豊かなものにしてくれました。
 そのような中で決して変わることのなかったもの、モリンダの根底を支え続けてきた基盤となるものを挙げるとすれば、それは「世界のために何かいいことをさせていただく(Do something good for the world)」という志です。2012年から展開されているTrūAge戦略も、この志の上に築かれているのです。
 ぜひ今回のジャパン ビジネスサミットで、モリンダへの想いとビジョンと志を、そしてその堅固な基盤の上に築かれた今後20年間のモリンダの戦略を聞いていただき、今後のご自身のモリンダ ライフへの指針としていただければと思います。
by ohkimakoto | 2016-01-22 10:19 | 2016年分
2013.09.27
 今、末娘たち家族の新居であるジョージア州アトランタに来ています。アトランタと言えば『風と共に去りぬ』の舞台になった町として有名です。南北戦争下、アイルランド系移民の父とアメリカ南部のフランス系名家出身の母を持つスカーレット・オハラの半生を描いた、マーガレット・ミッチェルの壮大な作品です。しかしこの作品は、 あくまで南部白人の視点からのみ描かれたものであり、「奴隷制度を正当化している」として根強い批判と抗議を受け続けていることも確かです。

 面白いことに、そのミッチェルゆかりのアトランタに来る飛行機の中で、日本では11月1日から公開される予定の映画、『42~世界を変えた男~』を観ました。ご存じの方も多いと思いますが、世界で初めて黒人メジャーリーガーになったジャッキー・ロビンソンと球団のゼネラルマネジャー、ブランチ・リッキーとの物語です。リッキーは激しい非難を浴びながらも黒人であるロビンソンをメジャーリーグに迎え入れます。背番号「42」を付けて孤独な戦いに身を投じたロビンソンと彼を支え続けたリッキー。

 当時のメジャーリーグのオーナー会議では、ドジャースを除く全15球団が黒人であるロビンソンのメジャーでのプレーに反対します。しかしロビンソンは、そのような人種差別の逆境の中でも活躍を続けます。そして没後の1997年には、彼の背番号「42」が全球団で初の共通永久欠番となりました。また、彼がドジャースの選手として初出場した4月15日は「ジャッキー・ロビンソン・デー」として制定され、各球団の全選手が背番号「42」のユニフォームを身に着けてプレーをすることになっています。

 確かに、ミッチェルが描いた南北戦争の時代と第2次大戦後のロビンソンが活躍した時代には1世紀の開きがあります。また、国を分けた内乱とスポーツでは、話の重みも違うかもしれません。しかし、わずか1日の間にたまたまこの2人の人物について想いをはせる機会を得たわたしには、また1つの発見がありました。それは、人類の歴史が「人の可能性を解き放つ戦い」の連続だということです。

 先週も述べたように、人の「弱さ」は人の可能性の解放を阻みます。そしてわたしは、その「弱さ」を構成する最大の要素が「視野の狭さ」なのではないだろうかと思っています。

 ここで重要なのは、視野は謙虚にならないと広がらないということです。それまでの自分の物の見方や考え方が不完全であることを認めた時に初めて、わたしたちは枠を超えることができます。歴史はロビンソンやリッキーのように、時には痛みを伴うこの作業を果敢に実践した人々が永続する成功を収めることを教えてくれます。

 「視野」を英語では「ビジョン」と呼びます。「視野(ビジョン)」を広げて可能性を解き放つ時、わたしたちを待つのは「可能性の宇宙」です。
by ohkimakoto | 2013-09-27 11:20 | 2013年分
2013.6.21
 16日の日曜日は「父の日」でした。このメッセージを読んでくださっている父親のみなさまの中には、お子さまや奥さまからの感謝のメッセージやプレゼントに日頃の苦労が報われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。温かな心があるところには、いつも幸せが訪れます。

 わたしも妻と子どもたちからカードとプレゼントをもらいました。プレゼントはランニング用のサングラスです。わたしからリクエストしました。最近は割り切って、こちらから品目をリクエストするようにしています(笑)。

 サングラスは持っていたのですが、ランニング用ではありませんでした。早速そのサングラスをかけて走ってみました。軽くて何もかけていないような感覚です。レンズの面が湾曲していて顔の横まで覆うようになっていますから、視線を左右に移しても視界にずれが起こりません。

 気持ちよく走っていると、携帯電話が鳴りました。実は、わたしはいつも携帯電話持参で走っています。スタッフだけでなくジョン社長からも頻繁に電話やメールが入るからです。

 今回はメールでした。走るスピードを緩めながらメールを開きました。ところが、いつものサングラスでしたら外さないと読めないはずなのに、今回ははっきり読めるのです。理由はかんたんです。これまでのものとは違って新しいサングラスには度が入っていないので、裸眼で読んでいるのと同じなのです。

 眼鏡やコンタクトレンズは視力を改善するための有効な道具ですが、特に眼鏡では遠くを見る時と近くを見る時とでは別のレンズを使わないと、期待する効果は出ません。今は多重焦点レンズなるものが出ていて、同じ眼鏡で遠近両方の機能を果たすことができますが、それでも、遠くを見る時はレンズの上の方、新聞を読んだりする時は下の方を使うようにしなければなりません。わたしも使ったことがありますが、慣れないとなかなか面倒です。

 視力のことを英語で「ビジョン(vision)」と言います。わたしたちが掲げる理想や将来のありたい姿を示すビジョンも同じように、それにふさわしいレンズを通して眺めなければ、本質は見えてきません。

 ご存じのように、モリンダのビジョンは「Everyone, Everywhere, Every Day(だれでも、どこでも、いつでも)」です。つまり、世界中のすべての人にノニの恵みがもたらされ、誰もが人間が持つ本来の可能性を十分に発揮できるようになることです。壮大なビジョンです。

 昨日は東京で、AGE研究の第一人者である久留米大学医学部の山岸 昌一教授とローフードシェフの土門 大幸さんをお招きし、特別講演会が開催されました。雨天にもかかわらず1,000人の方が参加してくださり、講演会後のAGE測定も盛り上がりました。そして今日、6月21日が、「AGEを考える日」として日本記念日協会に正式に認定されました。

 「世代を超えた伝統と科学による裏付けにより人が持つ可能性を解き放つこと」、この壮大なビジョンに合ったレンズで、今、モリンダが取り組んでいることを眺めていければと思います。
by ohkimakoto | 2013-06-21 00:00 | 2013年分
2012.9.7
 今、イタリアのローマに来ています。そうです。年に一度のイベントであるビジョンリトリートに参加するためです。実は、航空会社のストライキのためにフライトがキャンセルになり、ローマまで36時間かかりました。今日の段階で預けたスーツケースがまだ届いていません。文字通り、着の身着のままの状態です。

 しかし、ジョンをはじめファウンダーやIPCの方々とお会いして、まずは心が軽くなりました。いつもと違う恰好をしているのはなぜかを説明していくうちに、何だか笑えてきました。人生、いろんなことがありますから。

 実際にセッションが始まって、32ヵ国から訪れた18の言語を話すIPCの方々へのジョン社長の力強い話を通訳しながら、ふつふつと力が湧いてくるのを覚えました。会場におられたみなさまも同じ思いだったのではないかと思います。

 ジョン社長は、モリンダの特長として3つのことを挙げました。「伝統」と「科学」と「ビジネスチャンス」です。本当にうれしかったです。日頃からわたしがみなさまに話してきたことと呼応していたからです。中でも、「伝統」についてのジョン社長の話には感動しました。

 まず、伝統にはわたしたちの故郷である「タヒチ」が挙げられます。タヒチがもたらす「自然」の恵み、ノニの採取に携わる「家族」。1つの国や文化に根差したこうした豊かな伝統を持つ企業が他にあるでしょうか。

 伝統はこれだけではありません。モリンダの「リーダー」としての存在はユニークです。モリンダはノニを初めて市場にもたらし、スーパーフルーツという産業を創設しました。そして現在は、イリドイドを初めとするバイオアクティブ製品を提供することにより、新たなステージを築きつつあります。

 「健康」も伝統の1つです。モリンダは、自然の製品を通して、若々しく、健康で、幸せな生活をもたらすことを使命としてきました。

 また、「ストーリーを語ること」も伝統です。数千年も前から、人々はノニの素晴らしさを自分の体験から語り継いできました。初めてタヒチを訪れたジョンは、多くの人が語るノニのストーリーに魅了されました。今は、そうしたストーリーにみなさまのストーリーが加わって、現代の多くの方々にこのメッセージが伝わっています。

 伝統の最後は「ビジョン」です。わたしたちはモリンダが世界の人々の健康についての考え方を変えることができると心から信じています。イリドイドは将来のビタミンになることでしょう。「ビタミンがなければ生命を維持することはできない。イリドイドがなければ健康な生活は送れない」のです。

 わたしはジョン社長の話を聞きながら、このような豊かな伝統に育まれた会社で働くことができることを心から感謝しました。ますます元気が出ました。
by ohkimakoto | 2012-09-07 00:00 | 2012年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30