タグ:心と想いと動機 ( 1 ) タグの人気記事
2018.03.02

 17日間にわたって熱戦が続いた平昌五輪も終わり、帰国したメダリストたちは取材に追われる毎日です。中にはすでに次の試合に向けて日本を後にした選手たちもいますね。わたしとしては、試合直後のコメントもいいのですが、「今だから語れる」という後日談に大変興味があります。選手本人が自身の試合でのパフォーマンスやそのパフォーマンスに至るまでのプロセスについて振り返りながら自己分析をし、これから先のレベルアップにどうつなげようとしているのか、聞いていて学ぶべき点が多々あるからです。やはり多いのは、周囲への感謝の言葉ですね。「自分独りの力ではなく、みんなの支えがあったからできた」という気づきです。

 さて、わたしも後日談を。225日(日)に開催された東京マラソン2018。おかげさまで今年も夫婦そろって42.195kmを無事完走しました! この年齢でこの距離を走れることをうれしく思います。わたしは4年連続、妻は5年連続のフルマラソン完走です。みなさまのご声援が後押ししてくれました。心より感謝いたします。曇り空で気温は8度までしか上がらず出発前はかなり寒かったのですが、風がないことが幸いしました。トップ選手たちにとっては記録を狙う好条件がそろっていたので、設楽悠太選手が久々に日本記録を塗り替え、1億円の報奨金を獲得しましたね。わたしたちも記念すべきその同じマラソンを走ることができて幸運でした。

 今年もモリンダ製品に助けられました。特に「トゥルーエイジプロテインプラス」と「タヒチアンノニ エッセンシャルオイル RVクリーム」、そしてスポーツトレーナーであるIPCの方からいただいたエッセンシャルオイル。わたしたちにとってはどれも必需品です。妻もわたしも翌々日から何の支障もなく通常の生活に戻ることができています。妻は家事や孫の世話、わたしは、火曜日はミーティングと社長面会、水曜日は佐賀、今日は鹿児島での「黄木信 講演会」、そして明日は東京の月例ミーティングです。

 それにしても、時間が過ぎるのは早いです。去年の今頃はこう決意していました。「体重をしっかりコントロールしてトレーニングを続け、来年はもっと楽に走れるようにする!」しかし、重要かつ緊急な事柄に時間を取られる日々の中で、また、「時間はまだ十分にある」との安心感から、ようやく長い距離を走り始めたのが昨年の暮れあたり。そして、不本意な状態での本番でした。1年はあっという間に来ます。来年に向けて同じ轍を踏むことがないように、しっかりとステップを踏んでいきたいと思っています。

 マラソンもそうですが、モリンダも息の長い活動ですね。先日、あるIPCの方が最近登録された方をご紹介くださったのですが、1年どころか何年も何年もかかって信頼関係を築き、ようやくビジネスパートナーとしての登録に至ったのだそうです。わたしはこれこそがモリンダの強さだと思います。「本物だからこそ、どんなに時間がかかってもいつかは分かっていただける」という強い想いが、「諦めないで続ける」との決意を支えているのです。

 モリンダ ジャパンをお預かりするようになって11年になりました。「黄木 信 講演会」でご紹介する氷山のモデル。覚えておられますか。「『スキルやテクニックや外見的なこと』は氷山の海面から上の部分で目に見えるが、影響力は20パーセント。それに対して『心と想いと動機』は海面より下にあって目には見えないが、影響力の80パーセントを占める」というものです。わたしはこれまでと同じようにこれからも、この80パーセントの部分に力を入れていきたいと思っています。なぜなら、「心と想いと動機」こそが継続する堅固な信頼関係の基盤であり、時間の経過と共にその人の人格としてにじみ出てくるものであると信じているからです。


e0258787_13252611.jpg

e0258787_13253310.jpg


by ohkimakoto | 2018-03-02 14:50 | 2018年分



モリンダ ジャパン社長 黄木信からのメッセージ
by ohkimakoto
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30